胆嚢ポリープの検査方法は

胆嚢といえば、胆石を連想する人が多いと思いますが、胆嚢にもポリープができます。

胆嚢ポリープは成人の5〜10%が発症しているといわれますが、その胆嚢ポリープは種類があり、悪性だと胆嚢癌なこともあるため正確な検査が必要となります。

そこで今回は胆嚢ポリープについて

  • 検査
  • 治療の必要性
  • 経過観察の目安
  • 経過観察の意味
など、胆嚢ポリープの検査や治療についてご説明します。

Sponsored Link

胆嚢ポリープの検査方法は?

胆嚢ポリープの発見は、人間ドックや健康診断の検査を通してということが多い傾向にあります。

検査方法としては、腹部エコーが一般的です。

この検査は腹部に超音波をあて、体内の臓器等の様子を描出する検査方法です。

レントゲンのような放射線をあてるものではなく、妊婦健診にも用いられる方法で、人体へ及ぼすマイナス的な影響はほぼないので安心な検査方法です。

このエコー検査によって描出される中で、胆嚢内壁に隆起した病変があれば胆嚢ポリープである可能性が出てきます。

医師
下のエコーの画像は胆嚢ポリープです。
症例 40歳代 男性

GB polyp echo2 doc2

医師
黒い袋(胆嚢)の中に見える白い丸がポリープです。

典型的なコレステロールポリープです。

  • 病変が約10mm以下
  • 桑の実状もしくは金平糖のような形
  • 限局性隆起病変
  • 有茎性病変(茎が細い)

という特徴があれば、胆嚢ポリープを疑います。

数が多めであれば、40~50歳代の人に多く見られるコレステロールポリープが大半を占めます。

しかし、胆嚢ポリープには種類があり、中には悪性のこともあるため、上記のポイントに当てはまらないポリープに対しては

  • 超音波内視鏡(EUS)
  • ダイナミックCT(MDCT)
  • MR胆管造影(MRCP)

などが癌との鑑別に有用で、疑わしい場合はこれらの検査を必要とします。

症例 40歳代女性

gallbladder polyp mri findings

MRIのT2強調像で胆のう底部に小ポリープを認めています。

胆嚢ポリープに治療は必要?

自覚症状のないものがほとんどで、10mm以内であれば、経過観察となることがほとんどです。

医師
経過観察として以下の目安があります。

胆嚢ポリープの経過観察の目安

  • 5mm以下の場合=1年ごとにエコー検査
  • 6~10mm程度の場合=半年ごとにエコー検査

このように経過観察をすることで、胆嚢ポリープのサイズ変化を把握できます。

また、本来は良性とされる胆嚢ポリープに、胆嚢ガンの兆しが出ていないかどうかも定期的に確認することが重要です。

ただし、胆嚢ポリープが癌となることは数%程度であり、サイズの小さなものはほとんど良性の胆嚢ポリープです。

ですので、

10mm以下のものは最初は3〜6か月ごとにエコー検査でフォロー→1〜2年間変化がなければ、その後のフォローは不要

とする考えがあり、それが広く受け入れられています(Am J Surg 188:186-190,2004)

Sponsored Link

胆嚢ポリープで手術が必要な場合は?

胆嚢ポリープ治療の一環として手術を行う場合もあります。

  • ポリープのサイズが10mm程度、あるいは10mm以上のもの
  • ポリープが拡大傾向にある場合
  • 広基性の形態
  • 胆石を合併
  • 孤立性
  • 症状がある
  • 超音波検査でポリープが肝臓と等エコー輝度

(Am J Surg 188:186-190,2004)

このような状況であれば、胆嚢の摘出手術を行う判断が下りることがあります。

これは摘出することによって、ポリープが癌化していないかどうかを直接調べることもできます。

胆嚢ポリープって消えることもある?

胆嚢ポリープが見つかった後、経過観察を行うことが多いのは、ポリープのサイズ変化を把握するためでもあります。

つまり、大きくなる可能性もあれば、小さくなっていく可能性もあるということですね。

特に小さくなっていくタイプのものであれば、消えてしまうこともあります。

この消えたり小さくなる胆嚢ポリープは、良性のコレステロールポリープと呼ばれる種類のものになります。

コレステロールポリープは、コレステロールが結石化して胆嚢内壁に付着している状態でもあります。

このような状況ならば、

  • 食生活を見直し
  • 高カロリーを控える
  • 高脂肪の食事を控る
  • 軽い運動を取り入れる

等の改善を行うことで、なくなることがあるのです。

関連記事)

参考文献:病気がみえる vol.1:消化器 P393〜398
参考文献:消化器疾患ビジュアルブック P230・231
参考文献:新 病態生理できった内科学 8 消化器疾患 P264
参考文献:パッと引けてしっかり使える 消化器看護ポケット事典[第2版]  P154・155

最後に

  • 胆嚢ポリープは、人間ドックや健康診断のエコー検査によって発見されることが多い
  • エコー検査が一般的
  • 発見時に、10mm以下・無症状・桑の実状もしくは金平糖様病変・有茎性である場合は、コレステロールポリープの可能性が高い
  • 上記に当てはまらない場合は、さらなる詳しい検査が必要
  • 良性の胆嚢ポリープのほとんどは、経過観察となる
  • 10mmを超える場合や大きくなっている場合は、手術で摘出し、悪性のものかどうか検査する場合がある
  • コレステロールポリープの場合は小さくなったり消えることもある

 

胆嚢ポリープの経過観察中では、定期的な検査は必要ですが、ポリープを縮小・消失させるためにも、今までの生活習慣を見直すことも重要です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら