尿」タグアーカイブ

ベンス・ジョーンズ蛋白とは?検査方法や考えられる疾患を解説

尿検査は様々な項目を調べますが、その一つに蛋白があります。

蛋白が混じる尿を蛋白尿と呼びます。

この蛋白尿の原因は様々ありますが、その中で腎前性蛋白尿(尿を生成する過程で腎臓より前の段階に原因があるタンパク尿)となるものの1つに、ベンス・ジョーンズ蛋白というものがあります。

今回は、ベンス・ジョーンズ蛋白(英語表記で「Bence Jones protein」)について

  • 検査方法
  • 正常値
  • 異常な場合の疾患

などを解説したいと思います。

続きを読む

尿ビリルビンが陽性の場合考えられる病気は?基準値は?

Urine bilirubin Eye-catching image

 

尿検査をして、分かる項目の一つに尿ビリルビンがあります。

ビリルビンというと、新生児期(生まれてすぐ)に調べる黄疸の検査を思い浮かべる方も多いと思います。

新生児黄疸の場合は、血液中に含まれるビリルビンを調べて診断しますが、実はある病気が原因で、尿にビリルビンが含まれることもあるのです。

そこで今回は、尿ビリルビンについて、どんなものなのかを説明しつつ

  • 基準値
  • 病気
  • 注意点

をお話ししたいと思います。

続きを読む

尿ケトン体とは?基準値や陽性の場合考えられる原因は?

尿には様々な成分が含まれ排出されますが、手軽に体への負担もなくできる尿検査は、様々な検査としてよく行われます。

その尿検査でわかる項目の1つに、尿ケトン体というのがあります。

では尿ケトン体から、何が分かるのでしょう?

今回は、この尿ケトン体について

  • 基準値
  • 陽性の場合の原因
  • 改善方法
  • 注意点

などをご説明したいと思います。

続きを読む

尿アルブミンの基準値はコレ!検査方法と共に解説

赤ちゃんから高齢者まで行える、体に負担のない検査として、尿検査があります。

この尿検査で分かる項目はたくさんありますが、その中でも尿アルブミン(尿Alb)をご存知でしょうか?

今回は、この尿アルブミン(英語表記で「urine albumin」)について

  • 基準値
  • 検査方法
  • 異常な場合

などを説明したいと思います。

続きを読む