低い」タグアーカイブ

血液検査でLAPの基準値は?高い・低いと異常?

血液検査の項目のひとつに、LAPというものがあります。

この検査で何がわかるの?
医師
あまり聞きなれないため、このLAPがどういうもので、どんなことがわかるかなど、ピンと来ないことも多いですよね?

そこで今回は、このLAP(英語表記で「leucine aminopeptidase」読み方は「ロイシンアミノペプチターゼ」その略語でLAP(読み方はそのまま「エルエーピー」))について

  • どんな検査なのか
  • 基準値
  • わかる病気
  • 注意点

などについてまとめました。

続きを読む

ALP(アルカリフォスファターゼ)が高値だと問題?基準値は?

 

ALP(アルカリフォスファターゼ)は、肝臓・腎臓・小腸・骨など多くの臓器に含まれているリン酸化合物を分解する分解酵素のひとつです。

このような臓器に異常が発生すると、アルカリホスファターゼが血液中に流出しやすくなりますので、血液検査などの臨床検査において、肝臓機能の状態を調べる指標として検査されます。

ALPが高値だったり、低い場合はどのような問題があるのでしょう?

今回は、ALP(アルカリフォスファターゼ)(読み方はそのままエーエルピーと読むことの方が多いです)について

  • 検査をする意味
  • 基準値
  • 異常な場合に考えられる病気
  • 注意点

などをまとめました。

参考にされてください。

続きを読む

総ビリルビンが高い・低い場合の原因は?正常値は?

血液検査の項目に、ビリルビンがありますが、肝臓の機能に異常がないかどうかを調べる検査のひとつです。

ビリルビンは、直接ビリルビンと間接ビリルビンがあり、それらを合わせたものが総ビリルビンです。

総ビリルビンは、英語でTotal bilirubin略してTB検査ともいいます。

では・・・高い場合、低い場合にはどのような病気などの可能性があるのでしょうか?

今回は、総ビリルビンについて

  • 基準値
  • 異常時に考えられる病気
  • 注意点

などをまとめました。

続きを読む

中性脂肪(TG)とは?基準値は高い・低いと問題?

Neutral fat Eye-catching image

 

中性脂肪というと、高いと肥満という問題で、低いのは正常というイメージがありませんか?

実は、中性脂肪は、低すぎても高すぎても問題となり、ある病気の可能性があります。

では、異常値の場合、一体どういう病気があるのでしょう?

今回は、その中性脂肪(TG)について

  • 中性脂肪とは何なのか?
  • 基準値
  • 考えられる病気
  • 注意点

などをご説明したいと思います。

続きを読む

プロトロンビン時間とは?延長、短縮した場合の原因は?

プロトロンビン時間(PT:prothrombin timeとは、血液中にあって止血作用を担う凝固因子の働きを調べる検査の一つで、出血してから肝臓でプロトロンビン(止血作用において中核的な役割を果たしている)と呼ばれる因子が作られるまでの時間を測定する検査のことです。

検査をするために採血をして測定します。

今回はこのプロトロンビン時間(PT)について

  • プロトロンビン時間(PT)を測定することでわかること。
  • プロトロンビン時間(PT)が高い(延長)場合、低い(短縮)している場合に考えられること。

を中心にまとめました。

続きを読む

γ-GTPとは?基準値や低い・高い場合について

健康診断でγ-GTPの数値が高いとされる中高年の方が増えて来ています。

原因は色々ありますが、アルコールとの関わりが深いことは良く知られています。

では、どのような病気だと異常値となるのでしょう?

そこで、今回はγ-GTPについて

  • 基準値
  • 高い場合の病気
  • 注意点

などをご説明したいと思います。

続きを読む