デメリット」タグアーカイブ

頸動脈プラークの治療法は?メリットやデメリットは?

プラークとは頚動脈内に限局的に突出した病変のことで、高血圧症や高脂血症、糖尿病、喫煙、加齢などのリスク要因が増えることで生じます。

このプラークが増加してくると、血液が流れる部分が狭くなっていき、また脳への血流が途絶えてしまうと脳梗塞を引き起こします。

それではこのプラーク、どのように治療するのでしょうか?また、治療に際してのメリットやデメリットは?

そこで今回は、

  • 頸動脈プラークの治療法は?メリットやデメリットは?
  • 狭窄率はどれくらいで治療の対象になるの?
  • 何科を受診するの?
  • 頸動脈のプラークの種類は?
  • エコーの輝度によってプラークを診断できるの?

以上について解説していきます。

医師
これを読めば頚動脈プラークの治療法などが詳しく分かります!

続きを読む

大腸内視鏡検査は麻酔を使って痛みを軽減?!メリット・デメリットは?

大腸内視鏡検査は痛みや苦痛を伴うとよく聞きますよね。麻酔や鎮静剤を使用して検査をしてくれる病院があると聞きました。

本当に麻酔を使って痛みがない無痛の検査ができるのでしょうか?

また、麻酔を使うことのメリットやデメリットなどはあるのでしょうか?

そこで今回は大腸内視鏡検査で麻酔を使うことに焦点を置いて、紹介していきたいと思います。

  • 麻酔が使えるってホント?
  • メリットやデメリットは?
  • 麻酔を使った人の口コミは?

など実際に使用して検査をうけた人の口コミも探してみたいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

人間ドックの再検査!どこでする?費用についても徹底解説!

Re-examination of the medical checkup Eye-catching image

 

「人間ドックの再検査はどこでしたらいいの?」

「別の病院でもいいの?」

人間ドックを受けたら、検査結果の案内が来ますよね。

何も問題がなかった場合はいいんですが、再検査となるとドキっとします。

そんな時に一番気になるのが、どこで再検査をしたらいいのかということですよね。

ただでさえ不安なのに、再検査の費用健康保険が適用になるのか医療費控除ができるのかなどについても気になることが盛りだくさん。

そこで、今回は人間ドックの再検査について、知っていたら慌てない

  • 再検査はどこでする?同じ病院でした方がいい?
  • 別の病院で再検査をするメリット・デメリット
  • 再検査の費用について
  • 再検査と要精密検査ってどう違う?
  • 再検査は受けなくてもいいのか

以上のことについて説明したいと思います。

続きを読む

脳血管内治療とは?適応は?デメリットは?

くも膜下出血(動脈瘤が破裂することによる)、脳梗塞、脳出血を合わせて脳卒中と言いますが、前者2つの治療に血管内治療が行われることがあります。従来の手術療法と異なり、低侵襲である点が最大のメリットですが、デメリットはないのでしょうか?

また血管内治療はどのような病気に用いられ、具体的にどのように治療されるのでしょうか?

今回は脳血管内治療についてまとめました。 続きを読む

【まとめ】FDG-PET検査の原理は?SUVとは?生理的集積は?

一度に全身を見られる検査として、がん検診として注目を集めるFDG-PET検査ですが、決して万能ではありません。PETでも見つけにくいがん、弱いがんが存在するのです。

つまりそれらの部位やがんについては別の検査を行う必要があるということです。

PET検査だけ受けておけばがん健診は大丈夫というわけではないということです。

そこで今回は、

  • PET検査の基礎
  • PET検査が弱い、見つけにくいがんの種類と具体例、SUVとは!

についてまとめました。 続きを読む

心臓MRI検査とは?適応は?メリットは?

心臓の画像検査には、超音波検査を始め、心臓血管造影(いわゆる心カテ)、核医学検査などがあります。

近年注目されているのが、今回お話しする心臓MRI検査です。

今回はどんなときに心臓MRIが撮像されるのかという適応についてと、心臓MRIのメリットおよびデメリットについてお話しします。 続きを読む