乳がん検診」カテゴリーアーカイブ

授乳中にレントゲンを受ける影響ってある?徹底解説!

授乳中にレントゲンを受ける

授乳中の方にとって、レントゲンを受けることで授乳に影響がないか不安になる事もあると思います。

また、人間ドックにおいては、胃カメラ検査バリウム検査など、検査を受ける事で赤ちゃんへの授乳に影響がないかと考えるのは自然なことですね。

そこで今回は、

  • 授乳中にレントゲンを受けたら母乳に影響があるのか。
  • 授乳中の人間ドックの各検査は受けられるのか。

について徹底的にまとめました。

続きを読む

CA15-3・BCA225の基準値は?乳がんの腫瘍マーカーとして有用?

Tumor marker for breast cancer Eye-catching image

腫瘍マーカーの中で、乳がんのために行うものとして、CA15-3やBCA225があります。

このCA15-3BCA225とはどのようなものか、

  • 基準値
  • 異常な場合
  • 注意点

について解説しました。

参考にされてください。

続きを読む

乳がんの遺伝子検査とは?気になる内容や費用について

Genetic testing for breast cancer Eye-catching image

 

乳がんの病名は広く知られており、早期発見の為に定期的に検診を受ける事は大変重要とされています。

そんな乳がんに関して、『遺伝子検査』が出来る事を知っている方も増えてきているのではないでしょうか?
乳がん患者の中には、遺伝的な要素がある方もいるのは分かっています。

乳がん遺伝子検査を受ける事で自分が遺伝性乳がんかどうか調べる事が可能となるのですが、実際どの様な検査になるのでしょうか?

今回は、そんな『乳がんの遺伝子検査』について

  • 検査内容
  • 乳がんと遺伝の関係
  • 検査費用

など、気になる内容についてご説明したいと思います。

続きを読む

【画像あり】センチネルリンパ節シンチグラフィとは?

乳がんと診断された場合に、転移先としてまず検索に行くのがリンパ節です。

乳がんからリンパに乗ってリンパ節へとがん細胞が転移します。

2010年にセンチネルリンパ節生検が保険適応となり、普及しています。

今回はこのセンチネルリンパ節生検を行う前に施行される、センチネルリンパ節シンチグラフィーについてお話ししたいと思います。

続きを読む

乳腺エコーとは?わかることは?マンモグラフィとの違いは?

Mammary gland Echo Eye-catching image

 

乳がん早期発見への呼びかけ活動などの効果もあり、定期的に乳がん検診を受けている方も多いと思います。

その乳がん検診で用いられる検査方法の一つに乳腺エコーがあります。

では、乳腺エコーとはどんな検査なのでしょうか?

また、マンモグラフィとの違いは?

そこで今回は、

  • 乳腺エコーとは・わかることは
  • 乳腺エコーとマンモグラフィとの違い
  • 乳腺エコーのカテゴリー分類とは
  • 乳腺エコーの料金

以上についてまとめました。

続きを読む

【まとめ】乳腺MRI検査とは?造影剤は必要?料金は?

乳がんの検診を定期的に受ける事で早期発見にもつながり、それにより治癒率も上がります。

その乳がん診断の方法の一つとして、乳腺MRI検査があります。

しかし、乳腺MRI検査とはどのような検査なのでしょうか?

また、検査の際に造影剤は必要なのでしょうか?

そこで今回は、

  • 乳腺MRI検査とは
  • 乳腺MRI検査に造影剤は必要なのか
  • 乳腺MRI検査の料金
  • 乳腺MRI検査と他の検査との違い
  • 乳腺MRI検査はどんな人が受けるべきなのか

以上についてまとめました。

続きを読む

マンモグラフィは痛いって本当?検査方法や料金について解説

女性特有の病気、乳がんの早期発見の大切さはご存知だと思いますが、その早期発見に大きく貢献しているのがマンモグラフィなどの画像検査です。

しかし、実際受けたことのない方にとって、「マンモグラフィ=痛い」というイメージもつきもので、その恐怖から検査を躊躇している人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、マンモグラフィ(英語表記で「Mammography」)について

  • 痛い?
  • 検査方法
  • わかること
  • 料金

などを解説したいと思います。

続きを読む

乳がん検診とは?何歳から?

女性がかかるがんで最も多いのが乳がんです。そして、女性でがんが死因となる原因で5位もその乳がんです。

特に若くして亡くなることが多いのも乳がんです。早期発見すれば、切除しきることも可能です。とにかく早期発見が大事です。

にもかかわらず乳がん検診の受診率は、日本でわずか24%です。つまり4人に1人しか乳がん検診を受けていません。

なんだ、みんな受けてないんじゃん!自分も受けなくても大丈夫。

なんてことはありませんよ。アメリカでは80%、イギリスでは70%、韓国でも45%の人が乳がん検診を受けています。北斗さんの影響で、今後受診率は増えると思われますが、日本のこれまでの受診率は非常に低いのです。

今回は乳がんのがん検診についてまとめてみました。

続きを読む