投稿者「あゆ2」のアーカイブ

甲状腺機能低下症の症状は?セルフチェックしよう。

甲状腺機能低下症にはどのような症状があるのか、ご存じですか?

知っていれば、セルフチェックがしやすくなりますよね。

また、甲状腺機能低下症における採血時のTSHの数値や、治療・食事について知っておくことで、焦ったり慌てたりせずに対応できます。

そこで今回は、甲状腺機能低下症についてご説明しましょう。
続きを読む

甲状腺の病気にはどんな種類がある?

甲状腺の病気にはどんな種類があるのか、ご存じですか。
あらかじめ甲状腺の病気や特徴について理解しておくと、早期発見に役立ちますよね。
また、早期発見できれば、早めに治療開始できるのです。
そこで今回は、甲状腺が関わる病気の種類や特徴についてご説明します。
続きを読む

甲状腺の腫れの原因は?セルフチェックできる?

Swelling of the thyroid gland Eye-catching image

甲状腺の腫れの原因はどこにあるのか、気になりませんか。
あらかじめセルフチェックの方法を知っていたり、どんな症状が出てくるのか覚えておくと、気になる点があれば早めに病院へ行きやすいですよね。
でも、甲状腺の腫れを見てくれる診療科は何科なのかも把握する必要があります。
そこで今回は、甲状腺の腫れについてご説明します。
続きを読む

睡眠時無呼吸症候群の検査方法は?治療は?

睡眠時無呼吸症候群かもしれない場合、まず、何科を受診すれば良いのか知りたいですよね。そのうえで、どのような検査方法があり、どんな治療を行うことになるのか、あらかじめ理解しておきたいものです。
また、それだけではなく、睡眠時無呼吸症候群を患うことによって起こりやすい合併症も気になりますね。
そこで今回は、睡眠時無呼吸症候群の検査方法や治療などについてご説明します。
続きを読む

睡眠時無呼吸症候群の症状とは?原因は?

睡眠時無呼吸症候群の症状には、どのようなものがあるのかご存じですか。睡眠時と起きている時では、その症状に違いがあるのか気になりますよね。いずれの場合でも、早期発見のためにも症状を知りたいものです。
また、そのような症状を持つ睡眠時無呼吸症候群を患う原因は何なのでしょうか。
そこで今回は、睡眠時無呼吸症候群の症状と原因についてご説明します。
続きを読む

家庭用血圧計の選び方のポイント!上腕式と手首式どちらがいい?

Home for a blood pressure monitor Eye-catching image

 

血圧が高めなので、自宅でも毎日測ってくださいといわれました!
どんなものを選べばいいでしょうか…。

血圧は1日ずっと同じではなく変動するので、病院内外での数値も変わりやすいものなのです。

ですから、普段から家庭でも血圧測定をする習慣を身につけたいものです。
普段から高め、または病院で毎日測るように指示されているのならなおさらですね。

でも!
いざ家庭用血圧計を購入
しようとしても、種類もあるので迷ってしまいますよね。

今回は、

  • 家庭用血圧計の選び方
  • 種類
  • 精度
  • 寿命

などについてまとめてみました。

これから血圧計を買おうと思っている方や、買い替えの方の参考になれば嬉しいです。
続きを読む

家庭血圧の正しい測り方は?左右差や手首・上腕タイプ別でも解説!

 

 

家庭での正しい血圧の測り方をご存じですか?

自分の健康状態を知るための方法として毎日測っている方もおられれば、病院から朝晩測定して記録をつけてください、といわれるケースもあると思いますが、家庭用の血圧計もタイプがさまざまです。

きちんと測るとなると、気になることも出てきますね。

  • 左右どちらの腕でもいいのか
  • 寝ながらの測定は正確なのか
  • 測る位置は手首か上腕か

などなど。

今回はそれらの疑問にも答えながら、家庭での正しい血圧の測り方についてまとめてみました。

続きを読む

血圧の下が高い場合に出る症状とは?薬は必要?

血圧にはいわゆる上の血圧、下の血圧の2種類があります。

  • 上の血圧=収縮期血圧(最高血圧)
  • 下の血圧=拡張期血圧(最低血圧)

とも呼ばれます。

上の血圧は高くないのに、下の血圧だけが高いというケースがあります。

血圧の下が高い場合、どんな症状が出るのでしょうか。

また、血圧の下が高い場合に処方される薬はあるのか、日頃の食事について、血圧の下が高い時に摂った方がいいものも確認しておきたいものです。

そこで今回は、血圧の下が高い場合についてご説明します。
続きを読む

下の血圧(拡張期血圧)が高い場合の原因は?徹底解説しました!

上の血圧はそんなに高いわけではないのに、下の血圧が90近くあるんだけど…。

高血圧治療ガイドラインでの高血圧の基準は、上の血圧(収縮期)が140mmHg以上、あるいは下の血圧(拡張期)が90mmHg以上とされています。

上の血圧は正常値におさまっているのに、下の血圧だけが90以上の方もいます。
これも立派な高血圧になります。

では、なぜ血圧の下が高くなってしまうのでしょう。

  • 考えられる原因は?
  • 対処法や治療方法は?

など、今回は下の血圧が高い場合の原因についてまとめました。
続きを読む

低血圧と貧血の関係性は?違いってあるの?

低血圧貧血の症状は似ていますが、違いはあるのでしょうか。
また、低血圧と貧血には何らかの関係性があって併発する可能性もあるのか気になりますよね。
似たような症状ですから、治療方法が似ているのが違いがあるのかも知りたいものです。
そこで今回は、低血圧と貧血の関係性についてご説明します。
続きを読む