日本人の死因の原因でも上位を占める胃がんですが、そのがん検診の方法は主に、

・胃カメラ(上部消化管内視鏡)
・バリウムを飲む胃透視

の2種類があります。

胃カメラは苦しいと、知り合いが言っていたので、バリウムを選択しました。」

バリウム検査の結果、異常なしと言われたので大丈夫ですね!」

つい何となく、バリウムを選んでしまうこともあると思います。この2つの検査に違いはあるのでしょうか?今回はこの胃カメラとバリウムの検査の違いについてまとめたいと思います。

胃カメラとバリウム検査の違いは?

胃カメラとは、上部消化管内視鏡、胃部内視鏡検査などとも呼ばれる検査で、先端にカメラのついたスコープを口から飲み込んで、喉頭→食道→胃→十二指腸へと進めていき、テレビに映し出される実際の胃の内部の状態を見ながら、病変がないかをチェックする検査です。

一方、バリウム検査とは、胃部レントゲン検査、胃透視などとも呼ばれる検査で、レントゲンを出す装置の前に立ってもらい、バリウムを飲んで、レントゲン透視下でバリウムの流れや、胃への付着を見て、胃壁の凹凸を見ながら、病変がないかをチェックする検査です。

Esophagogastroduodenoscope

中から見に行くか、外から映し出すか、という違いがありますね。

 

両者のメリット、デメリットは以下のようになります。

 

胃カメラとバリウムの違いとメリット、デメリット

胃カメラ バリウム検査
メリット
  • 小さな病変でも指摘できる。
  • 組織を取って、良悪性の検査をすることができる。
  • 被曝はない。
  • 胃の全体の形を見ることができる。
  • 食道、胃の動きをリアルタイムで見ることができる。
デメリット
  • 反射が強く飲み込むのが苦手な人がいる。
  • 咽頭の麻酔などでアレルギーを起こす人がいる。
  • 術者の腕にもよる。
  • 異常が見つかった場合、良悪性はわからないため、後日胃カメラを受けなければならない
  • 小さな病変は指摘できないことがある。
  • バリウムを飲むため便秘を起こすことがある。
  • 放射線を浴びるので被曝の問題がある。
一般女性 Aさん
小さな病変でも発見しやすいのは胃カメラなんですね。
男性医師
その通りです。検査の精密さでは、明らかに胃カメラが上です。

逆に言えば、がんがあるのにわからないということは、バリウムでより起こりやすいということです。

もちろんいかなる検査も100%ではなく、胃カメラもその例外ではありません。たとえば、胃カメラで見えない粘膜の下を広がる癌もあるからです。

バリウム検査には被ばくもある。

男性医師
さらに加えると、バリウム検査はX線を浴びますから被ばくをします。

しかもその被ばく量は術者にもよりますが、実はCTよりも多い被曝量なのです。

胸部のCTを撮影を撮影すると胸部のレントゲンを撮影するよりも100倍の被ばくをします。
そのCTよりも胃透視の被ばくは多いということです。

一般女性 Aさん
バリウム検査は被曝もするんですね。そんなこと全然知りませんでした・・・。じゃあなんで、バリウム検査はなくならないのですか?

なぜバリウム検査はなくならない?

男性医師
バリウム検査がなくならない理由としては、以下が考えられます。
  • 胃カメラは時間がかかる。
  • 胃カメラは医師でないとできないが、バリウム検査は放射線技師でも施行できる。

 

胃カメラは時間がかかる。

胃カメラはバリウム検査に比べて時間がかかるということが挙げられます。

一つは、検査そのものに時間がかかります。怪しい病変があれば、生検をすることもありますが、これにも時間がかかります。胃の状態によって検査時間は大きく変わってしまうのが胃カメラです。

また、胃カメラに使うスコープは、当たり前ですが1人に使ったあときちんと消毒をして、次の人に使わなくてはなりません。この消毒・洗浄にも7-20分程度の時間がかかってしまいます。逆に言えば、検査後、この時間は次の検査をはじめることができないということです。

胃カメラのスコープがたくさんある病院ならば話は別ですが、仮にそうであっても、ほぼ同じ時間で施行できるバリウム検査に比べると時間がかかってしまうのです。

胃カメラは医師でないとできない。

また胃カメラは、医師が施行します。逆に言えば医師でなければ施行することができません。生検というのは胃粘膜の組織を取ってくるという侵襲的な行為であり、そこから出血が起こることもあります。迅速に対応するには、医師でないといけません。

となると、胃カメラをしてくれる医師を確保する必要があります。ただでさせ医師不足が嘆かれている状態ですので、この医師の確保が難しいという点があります。コストもかかります。

一方で、バリウム検査は医師でなくても、放射線技師であれば施行することができます。バリウムを飲んでもらい、基本的にはルーチンの撮像方法で撮影するだけですので、技術的にも胃カメラよりはるかに簡単なのです。
(ちなみに、これを書いている私は、医師であり、胃カメラもバリウム検査も施行しています。)

コスト的にも技師でよいので削減することができ、なおかつ、同じ時間でたくさんの検査をできるバリウム検査は、医療施設側からするとなくなってはいけない(すべて胃カメラにすると回らない)検査だということがわかります。

一般女性 Aさん
なるほど、そんな事情があったんですね・・・。
男性医師
そうなんです。すべての人に胃カメラを施行するのは、現実的ではないということです。

doctor-soudan

最後に

どんな検査にも100%はありません。ただし、同じ胃がん検診であっても、胃カメラとバリウム検査には病気の発見しやすさには、違いがあるということです。マンパワーなどの問題でも、バリウムによる胃がん検診は今後もなくなることはないでしょう。バリウム検査であっても胃がんを見つける上で、受けないよりは、受けた方が遥かによいことには違いありません。

ただし、胃がん家系であるとか、ピロリ菌が陽性で胃炎を指摘されているなどの状態であれば、積極的に胃カメラによる胃がん検診を受けられることをオススメします。

関連記事)
胃カメラの麻酔の種類は?鎮静剤とは?
胃バリウム検査とは?わかりやすく解説してみた!
胃カメラ検査とは?経鼻法のメリットは?