Carpal-tunnel syndrome Eye-catching image

 

指がしびれるということありませんか?

指がしびれる疾患の1つに手根管症候群があります。

その症状いくらたっても改善されず、しびれが痛みに変わっていき、眠れないほどの激しい痛みに変わることも・・・。

今回は、この手根管症候群(読み方は「しゅこんかんしょうこうぐん」英語表記で「Carpal-tunnel syndrome」)について

  • 症状
  • セルフチェック
  • 原因
  • 検査方法

以上の事をイラストや実際のMRI画像を見ながらわかりやすく解説しました。

Sponsored Link

手根管症候群とは?

ずっと手がしびれてて痛みも出てきたんですが、職場で「手根管症候群」じゃない?と言われました。

それってどんな病気なんですか?

手根管症候群についてご説明します。

手首の内側、手の平側にある手根管。

手根管はトンネルのようになっていて、神経や腱が通っているんですが、その神経や腱が何らかの原因で圧迫された状態で、しびれや痛みが出るものです。

hand-1

  • 長く正座した時の足のようなしびれが手に
  • しびれが取れない
  • しびれが広がっていく
  • 痛みが出てくる

初めは朝起きた時に「あれ?しびれてるな?」って感じですが、それが徐々に人差し指・中指・親指・・・などに広がっていき、しびれから痛みへと変わっていきます。

悪化するとこんな症状に・・・

特に朝痛くて目が覚めるんです。

朝起きた時に強く出るのも特徴で、ひどくなると夜痛くて眠れないということもあります。

この時、少し手を振ったり指を動かすと楽になりますよ

症状が進行すると、親指の下の母指球筋部分、(よくここが厚い人はお金がたまると言われる部分)が痩せてきて、手首から痛くなり、細かい作業ができなくなります

特に親指と小指をくっつけるという動作が出来なくなるため、病院で指と指を合わせる動作で確認されます。

Sponsored Link

自分でチェックする方法もあります。

こんな場合は手根管症候群?!セルフチェックしてみよう!

以下は手根管症候群の代表的な症状です。
  • 朝、手がしびれる
  • 寝てても痛みやしびれで目が覚める
  • 小指以外の指がしびれてる
  • 手の平がしびれる
  • 肘までしびれる
  • 肩から腕全体がしびれる
  • しびれが止まらない
  • 指先の感覚がない
  • 物がうまくつまめない
  • 親指の付け根が痩せてきた

 

この手根管症候群は時間がたっても治らない、それどころかどんどんしびれや痛みが増すというのが特徴でもあります。

ですが、これはあくまでも例であるため、しびれの原因として他の疾患が関係することもあります。

そのため、自己診断するのではなく、詳しい検査をするようにしましょう。

関連記事)指がしびれる16の原因を症状別にご説明!何科に行ったらいい?

手根管症候群の原因は?

どうして手根管症候群になるのでしょう?
原因はいくつか考えられますので、ご説明しますね。

kossetu

  • 手首を骨折したり脱臼
  • 手の使いすぎ
  • 腱鞘炎や関節リウマチ、痛風など炎症性疾患
  • 正中神経の腫瘤
  • ガングリオンや血管腫、脂肪腫など
  • 糖尿病などの代謝性疾患
  • 筋肉奇形
  • 妊娠や更年期などのホルモンの影響
  • 甲状腺機能の低下

以上のようなことが原因でなることがありますが、原因不明な突発性なケースも多くあります。

手根管が狭窄することで、正中神経が圧迫・牽引(けんいん)されて起こります。

Sponsored Link

何科を受診すればいい?検査方法は?

これって何科に行けばいいのでしょうか?

また、どんな検査をしたら手根管症候群って分かるんですか?

神経内科整形外科を受診しましょう。

医師
検査方法についてご説明します。
  • 問診
  • 視触診
  • 誘発テスト
  • 筋電図検査
  • エコー
  • MRI

まず、どんな症状があるのか問診をします。

医師
それから、以下のような検査をします。

手首を打腱器で叩き、その痛みが指先にまで響くかどうか診ます。

hand-3

手の甲と甲を合わせ痛みが悪化するかどうかの誘発テストを行います。

これをファーレンテストといいます。

hand-2

またこれの逆で、手の平を合わせ、両手関節を曲げた状態を1分間保つ検査(逆ファーレンテスト)を行うこともあります。

手根管を挟んだ正中神経の伝導速度をみるために、節電検査を行う場合もあります。

また、腫瘤が疑われる場合や、程度をチェックする目的で、エコーやMRIなどで検査を行います。

症例 70歳代男性 MRI STIR 横断像

carpal-tunnel-syndrome-mri-findings1

MRIのSTIRにおいて、有鈎骨レベル〜遠位にかけては、横手根靭帯で圧排されているところで、正中神経の扁平化と信号低下を認めます。
一方でより近位にかけては、正中神経の腫大および信号上昇を認めています。

このMRI画像の解説はこちら

(右)手根管症候群が疑われて手術となりました。

【手術記録の一部】

横手根靭帯部を展開して、近位から切離を行った。
靭帯の直下から正中神経を認め、丁寧に剥離を行った。
神経は靭帯中央部で強い圧迫があり圧痕を認めた。

横手根靭帯が真ん中の部分で、正中神経を強く圧迫しており、これを剥離して圧迫を解除したということです。

手根管症候群の治療法については、こちらをご覧ください。→手根管症候群の治療は?手術しないといけない?

最後に

  • 朝起きた時に痛みやしびれが強く出る
  • しびれや痛みが治らず徐々にひどくなる
  • うまくものをつまめなくなる
  • 外傷、炎症疾患、神経疾患、代謝疾患、ホルモンの影響などが原因
  • 神経内科か整形外科を受診

 

このしびれ症状というのは怖く、他の病気が原因ということも考えられます。

特に、脳梗塞などでこのような手に出るしびれもあるため、症状を放置せず早目に病院を受診し、原因を突き止めることが大切です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら