乳癌といえば、40歳から受けられる、市町村の乳癌検診等もありますが、自分で検査に行く、症状を何かしら感じて受診したい場合何科を受診すればいいのか?って悩みますよね。

私も、定期検診では、視触診のみだったので、きちんとした検査を受けたいと考えたものの、まず何科に行けばいいのか?分からず、なかなか聞ける人もおらず悩みました。

今回は乳癌の検査について

  • 何科に行けばいい?
  • どのような検査をするの?
  • 乳癌の診断まで
  • よく聞く、遺伝するってホント?

以上のことについてご説明したいと思います。

Sponsored Link

何科に行けばいいの?女性の病気は産婦人科?

乳癌を疑った場合、何科を受診すればいいのでしょうか?
医師
受診する科をご説明します。

乳癌といえば、女性の病気だからと産婦人科を受診する人が多いんですが、専門は外科になります。産婦人科の先生でも診れないことはありませんが、詳しい検査ができる外科を紹介されることになります。

nyugan

どのような検査をするの?

どのような検査をするのでしょうか?
医師
よく乳癌検診といえば、マンモと聞くことも多いと思いますが、それ以外の検査もありますので、ご説明します。
  • マンモグラフィ
  • 超音波検査
  • 穿刺吸引細胞診

nyugan

関連記事)乳がん検診とは?マンモグラフィとは?受けたら絶対安心?

マンモグラフィは胸を挟み、乳房を圧迫して影を撮影するものです。また、超音波検査ではエコーによる画像診断で、しこりの形などを確認することができます。それから、針をしこりに刺し、組織を採取し、良性か悪性か判断する検査を行います。

Sponsored Link

乳癌の診断がつくまで

これらの検査を1つすれば診断がつくのでしょうか?
医師
乳癌の診断は、1つだけで判断することは難しく、検査のステップを踏むことで診断を確定します。
視触診・マンモグラフィ・超音波検査

細胞・組織検査

  • 穿刺吸引細胞診
  • 組織診(針生検・マンモトーム・摘出生検)

乳癌の診断

  • 精密検査
  • CTスキャン
  • MRI
医師
また、乳癌の場合よく聞く、遺伝によるもの。この乳癌の遺伝、家族性乳癌の定義についてもご説明したいと思います。

乳癌って遺伝するってホント?家族性乳癌の定義とは

TVでアンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝による乳癌になる確率から乳房摘出手術をしたと知りましたが、本当に遺伝するのでしょうか?
医師
乳癌の場合、遺伝するというのは本当です。特に関係性が近いほど遺伝する確率も上がるといいますが、家族性乳癌の定義についてご説明したいと思います。
  • 第1近親者に発端者を含め、3人以上乳癌患者がいる場合
  • 第1近親者に発端者を含め、2人以上の乳癌患者がいて、いずれかの乳癌が次のいずれかを満たす場合
  1. 40歳未満の若年性乳癌
  2. 同時性、あるいは異時性両側乳癌
  3. 同時性、あるいは異時性多臓器重複癌

また、これらの遺伝の有無を知るには、親類に聞いてみるのもいいですが、アンジェリーナ・ジョリーさんが行ったような遺伝子検査を行って、今後乳癌になる確率、可能性が分かります。しかし、遺伝子検査を行っても発症前に彼女のように乳房摘出手術を行う勇気はなかなか出ないのが現実です。

annjyeri-najyori-

ありがとうございました。実は近親者に乳癌患者がいるため、気になって一度検診を受けたいと思っていましたが、定期的に検査を受けた方が良さそうですね。大変参考になりました。

関連記事)

最後に

  • 乳癌検査は外科を受診
  • マンモグラフィやエコーなどで検査を行う
  • 怪しいしこりがある場合は、組織検査を行う
  • 乳癌の診断は色々な検査を段階を踏んで行い、診断を確定する
  • 乳癌は遺伝する

いかがでしたでしょうか?産婦人科の先生でも知識が豊富な先生もおり、これは乳癌の可能性もあるなどと診ることができますが、詳しい検査は外科でしっかり行うことが大切です。まずは、2年に1回、乳癌検診を受け、早期発見、早期治療することが大事になります。

また、近親者に乳癌患者がいる場合は、それ以上の間隔で検診を受けることをおすすめします。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら