肺癌というと、タバコを吸う人がなる病気だと思われていましたが、最近では、タバコを吸わない人にも増えてきています。また癌にかかる人の中でも、肺癌は

  • 男性の場合第3位
  • 女性の場合第5位

と多く、その肺癌による死亡率は、他の癌に比べても高く、

  • 男性の場合は第1位
  • 女性の場合は第2位

と言われています。

そんな他の癌に比べ治りにくいとされる肺癌について、今回は、症状をご説明し、肺癌の種類や、ステージによって治療法が違うの?といったことをお話したいと思います。

Sponsored Link

肺癌の症状とは?原因はタバコだけじゃないってホント?

肺癌になった際の自覚症状を教えて下さい。タバコを吸わない人でもなるんでしょうか?
医師
昔は、タバコを吸う人がなる病気と言われてきましたが、最近ではそれ以外の原因も分かっています。症状や原因についてご説明します。

tabako

症状

  • 風邪でもないのに咳や痰が出る
  • 原因不明の発熱
  • 息苦しさ・めまい
  • 胸の痛み
  • 声が出にくい・枯れる
  • 物が飲み込みにくい
  • 痰に血が混じる
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • 血圧低下・体重低下

ざっと挙げただけでも、これだけの症状があり、進行度合いによってもその症状は違ってきますし、症状の出にくい場所に出来る肺癌もあります。

原因は?

  • タバコの喫煙
  • 排気ガス
  • 光化学スモック
  • アスベストやコータール
  • 遺伝子異常
  • 遺伝

タバコが原因となるのは事実ですが、最近ではそれ以外の原因でかかる患者さんも増えています。また、70歳以上の方に多いのが特徴です。

Sponsored Link

肺癌には種類があるの?

肺癌って原因によって種類も違うんですか?
医師
肺癌は、大きく分けて2つの種類があります。その2つに分けてご説明します。

小細胞癌

まず、1つ目の種類が小細胞癌といい、昔はこの患者数が多く、タバコの喫煙が原因と言われていましたが、最近ではタバコの喫煙者数も減り、また、タバコのフィルターの進化などにより、患者数は減っています。しかし、この癌の場合、転移しやすいのが特徴です。

非小細胞癌

非小細胞癌は、その中でも、腺癌扁平上皮癌大細胞癌などに分けられます。

  • 腺癌→肺の奥の方に位置するため、症状が出にくいのが特徴で、最近特に患者数が増え、中でも特に女性の患者数が多く、肺癌の中でも8割がこの腺癌と言われています。
  • 扁平上皮癌→小細胞癌同様、タバコが原因の扁平上皮癌が昔は上位でしたが、最近は減って来ています。
  • 大細胞癌→肺の奥の方に位置し、増殖が速いことが多く、進行の早い癌です。

hai

関連記事)肺がんの検診の方法は?何歳から?

ステージによって治療方法が違うの?

肺癌はどのような治療方法があるのでしょうか?
医師
肺癌には3つの治療方法がありますが、ステージ(進行度合い)によって治療方法が異なりますのでご説明します。

肺癌の治療方法

  • 手術
  • 化学療法(抗がん剤)
  • 放射線療法

syujyutu

肺癌のステージと治療方法

治療を進める前に、進行度合いを決めるのが大事になってきます。進行度合いは、癌の大きさ、リンパ節転移、遠隔転移(頭・骨・肝臓など)によって判断されます。

ステージ 非小細胞癌 小細胞癌
ⅠA 手術 手術(+化学療法)
ⅠB 手術(+化学療法) 手術+化学療法(+放射線療法)
ⅡA 手術+化学療法
ⅡB 手術+化学療法
ⅢA 手術+化学療法・化学療法+放射線療法 化学療法+放射線療法
ⅢB 化学療法(+放射線療法)
ⅠV 化学療法 化学療法
ありがとうございました。大変参考になりました。

関連記事)CTによる肺がん検診有効性は?

 

最後に

  • 肺癌は、咳や痰、胸の痛みや苦しさなどが特徴だが、中には症状の出にくい場合もある
  • タバコの喫煙や、環境、遺伝子異常が原因
  • 肺癌には小細胞癌と、非小細胞癌という2種類があり、更に非小細胞癌は細かく種類が分かれる
  • 手術や化学療法、放射線療法といった治療法があるが、ステージによって治療法が異なるため、進行度合いを見極めるのが大事

日本の癌患者数はまだまだ多いものの、癌による死亡数は減って来て、癌は不治の病ではなく、治せる病気になってきた・・・と言われていますが、その中でも肺癌は、まだまだ難しい病気とされ、死亡率も高くなっています。

大切なことは、早期に発見する検診やタバコの禁煙で、未然に防げたり、早期治療も出来る物ですので、まずは自分の身体の事をもう少し大事にするようにしましょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら