家庭用血圧計にはどんな種類があるのか、また、選ぶときのポイントは何かを知っていると助かりますよね。
血圧は1日ずっと同じではなく変動するもので、病院内外での数値も変わりやすいものなのです。ですから、普段から家庭でも血圧測定をする習慣を身につけたいものです。
そのため、家庭用血圧計について、どれだけ正確な数値が出るのか、耐用年数はどれくらいなのか把握したいですね。
そこで今回は、家庭用血圧計についてご説明しましょう。

Sponsored Link

家庭用血圧計にはどんな種類があるの?

home-ketsuatsukei-01
家庭用血圧計には、大きく分けて3タイプあります。

  • 上腕部を使うアームイン型と呼ばれ、病院等の待合室にも設置されているのと同タイプの血圧計
  • 上腕部を使い、腕にカフを巻き付けて自動測定する腕帯巻き付け型の血圧計
  • 手首を使い、手首にカフを巻き付けて自動測定する手首式血圧計

これらの中で、医師がよく進めるタイプの家庭用血圧計は、上腕部を使うタイプの血圧計ですね。
その中でも、アームイン型は購入金額が高めですが、測定する際の手間がかかりません。

家庭用血圧計を選ぶときのポイントとは?

大きく分けて3タイプある家庭用血圧計を選ぶ際には、以下のポイントに注目すると良いですね。

  • 片付けや保管に手間がかからない
  • 測定の手順が難しくない
  • 表示される文字・数値が大きくて見やすい
  • 価格がお手頃である

家庭用血圧計の場合、毎日の測定習慣を考えると片付けや保管のしやすいものを選びたいですね。
また、毎日測定するとなれば、準備ややり方等の手順ができるだけ簡単なものが良いです。
それに、表示される数値や文字は、小さめなコンパクトサイズよりも、見やすい大きめサイズが助かります。

home-ketsuatsukei-02

尚、自分の予算と比較して、お手頃な価格のものを選びたいですね。
ですから、上記の各ポイントと共に、最終的には価格の面も考慮して選ぶ良いのではないでしょうか。

Sponsored Link

家庭用血圧計、正確な数値って出るの?

home-ketsuatsu01
家庭用血圧計で測定される数値は、はたして正確なものなのでしょうか。
病院で測定するときよりもリラックスして測定しやすいのが家庭での血圧測定ですが、正確な数値が出てくるかどうか気になります。

このことについて把握するためには、家庭用血圧計の種類に注目することです。
何故なら、手首式血圧計よりも上腕部で測定する数値の方が正確な数値を出しやすいからですね。
ですから、できるだけ血圧の正確な数値を知りたいのならば、上腕部で測定するタイプの家庭用血圧計を選びたいものです。

これは、心臓からの距離に関係しています。
心臓からの距離が遠い手首よりは、心臓からの距離が近い上腕部で測定する方が誤差が小さく済むからですね。
尚、家庭で正しく血圧を測る方法については、『家庭での正しい血圧の測り方は?左右どちらの腕でもいい?』をご参照下さい。

家庭用血圧計の耐用年数ってどれくらい?

home-ketsuatsukei-04
せっかく購入する家庭用血圧計ですから、できるだけ長く使用したいですよね。
それでは、家庭用血圧計の耐用年数はどれくらいあるのか、チェックしておきませんか。

まず、使っていくにつれて劣化していくのは、カフやゴムチューブの部分です。
これらの部分の耐用年数は、毎日測定していたとすれば、3~4年くらいで使えなくなる可能性が高いです。
そのため、3~4年過ぎたら、家庭用血圧計のメーカー元にカフやゴムチューブ等のみの買い換えができるかどうか問い合わせてみましょう。

メーカーによっては、使用している家庭用血圧計の消耗品を取り扱っており、注文を受け付けてくれます。
また、3~4年過ぎたら、思いきって新しい血圧計に買い換えるという選択肢もありますね。
いずれにしても、自分の使い勝手の良さと耐用年数を考慮しながら、家庭で血圧測定をする習慣を続けたいものです。

最後に

家庭用血圧計はカフやゴムチューブ等の部品の耐用年数が3~4年なので、それを目処にうまく利用したいですね。

そんな家庭用血圧計には、主に3つのタイプがあります。
上腕部を使うアームイン型上腕部にカフを巻き付け型手首式となっていますが、おすすめするのは上腕部で測定するタイプなのです。
できるだけ心臓に近い方の部位で測定すると、正確な数値を把握しやすいのですね。

毎日測定したい血圧ですから、家庭用血圧計は片付けや保管がしやすく、お手頃な価格のものを選ぶのも良いですね。
また、表示される文字や数値が大きめで見やすく測定手順が簡単なものを選ぶことが大切です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら