対策」タグアーカイブ

カテーテル関連血流感染とは?対策は?

カテーテル関連血流感染とは、静脈に入ったカテーテルを経由して、血液が感染してしまう感染症です。院内で起こる感染症であり、医療関連感染症の一つとして重要で、カテ感染と略されて言われることもあります。

時として重症化し命に関わることがありますので、このカテーテル関連血流感染を早期に発見して、早期に治療することが重要です。

そこで今回は、カテーテル関連血流感染についてまとめました。 続きを読む

下の血圧(最低血圧)が高い場合に注意したい病気は?

Minimal blood pressure Eye-catching image

 

下の血圧が高めなんですが…何かの病気の前触れでしょうか?

上の血圧はそれほどでもないのに、下の血圧だけが高めの場合があります。

上の血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、あるいは下の血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上であれば高血圧である、とされていますが、下だけが90mmHgであっても高血圧には違いありません。

では下の血圧が高い場合、注意しなければいけない病気はあるのでしょうか?

またなぜ下だけ血圧が上がってしまうのでしょう。

今回は下の血圧が高い場合は、何か病気のサインなのか?
をわかりやすくまとめています。

下の血圧が高めで心配、という方の参考となりますように!

続きを読む

MRIでの閉所恐怖症の対策は?オープン型とは?

閉ざされた狭い場所などにいることに過剰な恐怖心を感じる閉所恐怖症

そんな症状をお持ちの方が、一種の密室であるMRIに入り検査を受けることは精神的にも大きな負担となってしまいます。

特に脳ドックで行われる脳のMRI検査では、狭い空間に頭から入らなくていけません。

その様な閉所恐怖症の方へのMRI検査での対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

また、オープン型MRIとはどのようなものでしょうか?

そこで今回は、

  • MRIでの閉所恐怖症の対策は?
  • オープン型MRIとは?
  • MRIでの閉所恐怖症の対策に睡眠薬や麻酔は使用できるの?
  • 閉所恐怖症は克服できるの?

以上についてまとめました。

続きを読む