腹部臓器」カテゴリーアーカイブ

【CT、MRI画像あり】膵嚢胞とは?鑑別・症状・検査・治療まとめ!

無症状で受けた人間ドックなどの腹部超音波検査(腹部エコー)や、他の病気の検査で受けたCTやMRIの検査で

「膵嚢胞(すいのうほう)があります。」
「膵頭部に膵のう胞の疑いあり

などと指摘されることがあります。

膵嚢胞とは文字通りお腹の臓器である膵臓(すいぞう)にできる嚢胞(のうほう)のことです。

ただし、肝臓にできる良性の「肝のう胞」や腎臓にできる良性の「腎のう胞」ほど頻度は多くなく、「腫瘍性」の場合もあるので注意が必要です。

そこで今回は、膵嚢胞(pancreatic cyst)について図(イラスト)や実際のCT、MRI画像を用いてまとめました。

続きを読む

【CT画像あり】胆嚢の場所を図と共に解説!胆石などで痛みが出るのはどこ?

The location of the gall bladder Eye-catching image

 

胆嚢(たんのう)は、肝臓で産生された黄褐色の胆汁を貯留する場所であり、その胆汁を濃縮したり、食事を摂取しときに放出する器官です。

胆嚢の病気といえば、胆のうポリープ胆石症が有名ですね。

とくに、多くの人が激しい痛みに苦しむのが胆石発作です。

Biliary colic figure

「胆のう(たんのう)はどの場所にあるのか?」
「胆石発作など胆のうの病気になれば、どこが痛くなるのか?」
「自分のこの痛みは、もしかしたら胆のうが原因ではないのか?」

そのような疑問をお持ちの方のために、今回は

  • 胆のうの場所
  • 胆のうの病気があると、どの場所が痛むことがあるのか

について図やイラスト、さらには実際のCT画像を用いて解説しました。

続きを読む

【CT画像あり】腎臓の場所を図で解説!腎結石で痛みが出るのはどこ?

人間の体には、左右1つずつ、計2つの腎臓(じんぞう)があります。

この腎臓は、血液の中にある老廃物を除去し、尿を生成、体液を一定に保ち維持する泌尿器系の器官です。

腎臓は、左右に1つずつ(右腎・左腎)あり、成人のもので1つが長さ約10cm・幅約5cm・重さ約100gほどで、そら豆のような形をしています。

「腎臓に結石などの病変があった場合どこが痛くなるのだろうか?」

「そもそも腎臓ってどこにあるの?」

そんな悩みに解決するべく、今回は

  • 腎臓の場所や高さ
  • 腎臓の病気の場合に痛む場所

を、図と実際のCT画像などを用いて解説しました!

続きを読む

【CT画像あり】膵臓の場所を図で解説!痛みが出るのはココ!

腹痛や腰痛はさまざまな臓器の病気が原因となります。

その中には、膵臓(すいぞう)と言う臓器が原因で痛みを起こす場合があります。

「膵臓(すいぞう)はどの場所にあるのか?」

「膵臓の病気になれば、どこが痛くなるのか?」

「自分のこの痛みは、もしかしたら膵臓が原因ではないのか?」

そのような疑問をお持ちの方のために、今回は

  • 膵臓の場所
  • 膵臓の病気があると、どの場所が痛むことがあるのか

について図やイラスト、さらには実際のCT画像を用いて解説しました。

続きを読む

膵臓の働きをイラストとともにわかりやすく解説!

Work of the pancreas Eye-catching image

 

正面から見ると、胃の裏側あたりにある膵臓(すいぞう)は、

  • 「隠れた臓器」
  • 「沈黙の臓器」

ともいわれ、病気が見つかりにくく、気付いた時には進行していることの多い場所でもあります。

そんな膵臓はどのような働きをしているのでしょう?
医師
実は、膵臓には大きく2つの働きがあります。

一つは食べたものの消化・吸収を助ける働き、そしてもう一つは血糖値の調節をする働きです。

role of pancreas

今回は、これらの膵臓の働きについて、わかりやすくイラストとともに解説していきたいと思います。

ではいきますよ。

続きを読む

急性腎盂腎炎・AFBN・腎膿瘍のCT画像所見まとめ!

尿路感染症のうち、その感染が腎実質、腎盂・腎杯に及ぶ病気を腎盂腎炎と言います。

Pyelonephritis figure1

腎盂腎炎はときに敗血症から多臓器不全となり、命に関わることがある病気であり、早期診断し、早期治療が重要となります。

腎盂腎炎の診断には、

  • 症状:発熱、悪寒、腰背部痛、嘔気・嘔吐など
  • 身体診察:肋骨脊柱角(CVA)叩打痛
  • 採血結果:CRP、WBCの上昇など
  • 尿検査:膿尿、細菌尿

などからなされますが、CT画像検査が有用なことがあります。

そこで今回は、急性腎盂腎炎のCT画像検査でどのような所見を示すことがあるのかを中心に、急性巣状細菌性腎炎(AFBN)及び腎膿瘍の画像所見についてもまとめました。 続きを読む

【画像あり】S状結腸軸捻転とは?原因、症状、CT、治療まとめ!

腸管が捻れる(ねじれる)病気の一つに、S状結腸軸捻転(読み方は「エスじょうけっちょうじくねんてん」英語表記ではsigmoid volvulus)があります。

S状結腸軸捻転とはどういったことが原因で起こるのでしょうか?

またどのような症状が起こり、画像ではどのように見えるのか、治療はどうするのか。

今回は、S状結腸軸捻転について、図(イラスト)や実際のCT画像を用いて解説しました。 続きを読む

【CT,MRI画像あり】肝臓がんの症状や原因、検査や治療まとめ!

肝臓に生じる悪性の腫瘍には、原発性と転移性の2つに分けられます。

原発性肝臓がんは、さらに肝細胞がんと肝内胆管がんに分けられますが、一般的に肝臓がんといったら、この肝細胞がんのことをいいます。

今回はその原発性肝臓がんの約95%を占める肝臓がん(肝細胞癌)について

  • 症状
  • 原因
  • 検査(エコー、ダイナミックCT、ダイナミックMRI)
  • 治療

を図や実際の画像を用いて分かりやすく、ご説明したいと思います。

続きを読む

肝硬変の治療法は?腹水や黄疸など合併症によって異なる?

Treatment of cirrhosis of the liver Eye-catching image

 

慢性進行性肝疾患が進行した結果生じた肝疾患の終末像である肝硬変は、

  • 代償期(肝機能がある程度保たれた状態)
  • 非代償期(肝機能障害が進行し、肝機能を保てない状態)

によって治療法も異なります。

では、肝硬変はどのような治療方法があるのか?

また、肝硬変の治療費はいくらくらいかかるのか?

最新の肝硬変診療ガイドライン2015の情報を踏まえ、ご説明したいと思います。

続きを読む

肝硬変の食事療法のまとめ!レシピや看護についてもご説明

あらゆる慢性肝疾患の週末像である肝硬変は、治療だけでなく、日々の食事の見直しも大変重要になります。

ですが・・・

「好きなものを食べれない?」
「食事に制限がある?」

と考えると、それだけで気が重くなります。

では、肝硬変の場合、どのような食事に注意する必要があるのでしょうか?

今回は、肝硬変の食事について

  • 食事療法
  • 注意点
  • オススメレシピ
  • 看護

をご説明したいと思います。

参考にされてください。

続きを読む