投稿者「medicalcheckup」のアーカイブ

【動画解説】脳血管(動脈)の解剖を図と画像でわかりやすく!

Cerebral blood vessel Eye-catching image

 

脳の血管(動脈)の解剖は一見複雑です。

また日本語だけでなく英語やその略語で表記されることもあるのもややこしいですね。

しかしコツを掴めば理解するのはそれほど難しくありません。

今回は、そんな脳の血管(動脈)の解剖を図と実際のMRAの画像を用いてわかりやすく解説します。

脳血管の解剖を動画で解説

まず脳血管の解剖を動画にまとめましたので、チェックして見てください。

記事で出てくる図(イラスト)やMRAの画像も出て来ます。

動画を見られた上で記事を読んでいただくことで理解が深まります。

 

脳血管(動脈)の解剖

脳血管(動脈)の全体像をまず見てみると次のようになります。

anatomy of cerebral artery1

右側は実際の脳のMRAの画像を前から見たものです。

左側はそれを図にしたものです。

これだとごちゃごちゃして分かりにくいですね。

まず脳血管は、

  • 前方循環系
  • 後方循環系

の2つに分けられます。

anatomy of cerebral artery2

その名の通り、前の方を循環するのが前方循環系、後ろの方を循環するのが後方循環系です。

前方循環系は、大脳半球の大部分に血流を送り、栄養します。

一方、後方循環系は、大脳半球の後ろの方の一部と、小脳半球、脳幹部に血流を送り、栄養します。

前方循環系の解剖

前方循環系の脳血管のみに赤色を塗ったMRAの画像が次のようになります。

anatomy of cerebral artery3

これを図で示すと次のようになります。

anatomy of cerebral artery5

内頚動脈

このうち内頚動脈(読み方は「ないけいどうみゃく」)の位置は以下のようになります。

anatomy of cerebral artery6

内頚動脈は英語ではInternal Carotid Arteryであり、頭文字をとって略語でICA(読み方はそのまま「アイシーエー」)と呼ばれます。

内頚動脈からは、前脈絡動脈(Acho:Anterior Choroidal Artery)が分岐します。(読み方は「ぜんみゃくらくどうみゃく」)

anatomy of cerebral artery7

前大脳動脈

前大脳動脈(読み方は「ぜんだいのうどうみゃく」)の位置は以下のようになります。

anatomy of cerebral artery8

前大脳動脈は英語ではAnterior Cerebral Arteryであり、頭文字をとって略語でACA(読み方はそのまま「エーシーエー」)と呼ばれます。

前大脳動脈は左右で交通を認めており、この交通する血管を前交通動脈(Anterior Communicating Artery)と言います。(読み方は「ぜんこうつうどうみゃく」)

前交通動脈は略語でA-comと略され、読み方は「エーコム」です。

anatomy of cerebral artery10

前大脳動脈は、この前交通動脈までの部分をA1、その先をA2と分けられます。

anatomy of cerebral artery9

 

中大脳動脈

中大脳動脈(読み方は「ちゅうだいのうどうみゃく」)の位置は以下のようになります。

anatomy of cerebral artery11

中大脳動脈は英語ではMiddle Cerebral Arteryであり、頭文字をとって略語でMCA(読み方はそのまま「エムシーエー」)と呼ばれます。

中大脳動脈は、この分岐部までの部分をM1、その先をM2(さらにM3と続く)と分けられます。

anatomy of cerebral artery12

前方循環系の脳血管の解剖をまとめると以下のようになります。

anatomy of cerebral artery13

続いて後方循環系の脳血管を見ていきましょう。

後方循環系の解剖

anatomy of cerebral artery4

後方循環系の脳血管のみにピンク色を塗ったMRAの画像が次のようになります。

これを図で示すと次のようになります。

anatomy of cerebral artery14

椎骨動脈

椎骨動脈(読み方は「ついこつどうみゃく」)の位置は以下のようになります。

anatomy of cerebral artery15

椎骨動脈は英語ではVertebral Arteryであり、頭文字をとってVA(読み方はそのまま「ヴイエー」)と呼ばれます。

椎骨動脈からは、後下小脳動脈という血管が分岐します。(読み方は「こうかしょうのうどうみゃく」)

後下小脳動脈は英語では、Posterior Inferior Cerebellar Arteryであり、頭文字をとって略語でPICA(読み方は「パイカ」)と呼ばれます。

anatomy of cerebral artery18

脳底動脈

脳底動脈(読み方は「のうていどうみゃく」)の位置は以下のようになります。

椎骨動脈が合流したところから、次の後大脳動脈の分岐部までです。

anatomy of cerebral artery16

脳底動脈は英語ではBasilar Arteryであり、頭文字をとってBA(読み方はそのまま「ビーエー」)と呼ばれます。

脳底動脈からは、上小脳動脈、前下小脳動脈という2つの血管が分岐します。(読み方はそれぞれ「じょうしょうのうどうみゃく」「ぜんかしょうのうどうみゃく」)

上小脳動脈は英語では、Superior Cerebellar Arteryであり、頭文字をとって略語でSCA(読み方はそのまま「エスシーエー」)と呼ばれます。

前下小脳動脈は英語では、Anterior Inferior Cerebellar Arteryであり、頭文字をとって略語でAICA(読み方は「アイカ」)と呼ばれます。

anatomy of cerebral artery19

後大脳動脈

後大脳動脈(読み方は「こうだいのうどうみゃく」)の位置は以下のようになります。

anatomy of cerebral artery17

後大脳動脈は英語ではPosterior Cerebral Arteryであり、頭文字をとって略語でPCA(読み方はそのまま「ピーシーエー」)と呼ばれます。

後方循環系の脳血管の解剖をまとめると以下のようになります。

anatomy of cerebral artery20

後交通動脈

ここまで、前方循環系と後方循環系の脳血管の解剖について見てきました。

この前方循環系と後方循環系には交通があります。

anatomy of cerebral artery26

上のMRAの画像に色を塗った図の紫色の部分で繋がっています。

これを図で表すと次のようになります。

anatomy of cerebral artery21

前方循環系の内頚動脈と後方循環系の脳底動脈及び後大脳動脈を取り出すとこのようになります。

anatomy of cerebral artery22

前方循環系と後方循環系を結ぶ動脈を後交通動脈(読み方は「こうこうつうどうみゃく」)と言います。

anatomy of cerebral artery27

後交通動脈は英語ではPosterior Communicating Artery略語で、P-comと略され、読み方は「ピーコム」です。

また内頚動脈にも場所により名前が付いていて、この側面から見た図で考えるのが分かりやすいので、ついでに見てみましょう。

anatomy of cerebral artery24

  • C1:後交通動脈を分岐する手前から中大脳動脈・前大脳動脈に変わるまで。
  • C2:眼動脈を分岐する部分から後交通動脈直前まで。
  • C3:C2とC3の間。
  • C4:海綿静脈洞の内側部を走行する部分。
  • C5:頸動脈管から上の部分。

と分けることができます。

最後に

脳の血管の解剖について、前方循環系と後方循環系に分けてまとめて見ました。

anatomy of cerebral artery1

パッとこの図を見せられても難しいかもしれませんが、分けて考えていくと、理解しやすいですね。

また今回動画でも解説しましたので、そちらも参考にしていただけるとより理解が深まる思います。

参考になれば幸いです( ^ω^ )

錐体尖部骨髄の左右差とは?脳のMRIで頭蓋底に認める正常変異!

Leave me alone Eye-catching image

 

脳ドックなど脳のMRI検査で見つかる正常変異の一つに錐体骨尖部の骨髄の左右差があります。

左右差が強い場合は、MRI画像で見ると腫瘤のように見えてしまい、びっくりしてしまいがちです。

もちろんこの部位に腫瘍ができることはあるのですが、放っておいて良い正常変異を腫瘍として手術されたら大変です。

そこで今回は、錐体骨尖部の骨髄の左右差について実際のCT画像、MRI画像を用いながら解説しました。
続きを読む

【保存版】心膜の構造の解剖は?心膜腔とは?イラストでわかりやすく!

心臓の解剖、特に心膜(Pericardium)の構造って複雑ですよね・・・。苦手な人も多いと思います。

心内膜、心外膜があり、心膜腔もあります。

さらに周りには脂肪組織もあり、位置関係が非常に複雑です。

  • 心膜の構造や解剖がわからない・・・。
  • 心内膜、心外膜はどこかかわからない・・・。
  • 心膜穿刺って結局どこを刺すのかわからない・・・。

そこで、今回心臓の解剖、特に心臓の外側の心膜の解剖についてイラストを用いてまとめてみました。

これを読めば、心臓周囲の心膜の解剖がスッキリするはずです。 続きを読む

サーデンペプチドが高血圧に効果的とされる作用機序は?

sardine peptide Eye-catching image

 

高血圧に効果的とされ、特定保健用食品としても注目されている成分にサーデンペプチドがあります。

サーデンとは「新鮮なイワシ」という意味です。

イワシに含まれるこのサーデンペプチドという成分がなぜ高血圧に効果的とされるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 血圧が上昇するメカニズム
  • 血管を収縮させる物質

について説明した上で、

サーデンペプチドがどのように血圧に働きかけるのかを図を用いて解説しました。 続きを読む

造影CTは腎機能低下の人には要注意!予防策は?

腎機能の悪い人にはヨード造影剤を用いた造影CTを行うことができません。

特に重度腎機能障害の人には禁忌(行ってはならない)となります。

では、

  • なぜ腎機能の悪い人に造影CTを行うといけないのか?
  • 重度腎機能障害とは具体的にどの程度の人なのか?
  • 重度じゃないけれども腎機能の悪い人は通常通り行ってもいいのか?

などと様々な疑問が生じてきます。

そこで今回は、「腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012」に基づき、造影CTと腎機能の関係についてまとめました。

続きを読む

造影CTの目的は?単純CTとの違いは?部位別に徹底解説!

CTスキャンの検査には、

  • 造影剤を用いない単純CT検査
  • 造影剤を用いる造影CT検査

の2つがあります。

この造影剤は、ヨード造影剤といい、静脈注射されます。

当然メリットがあるから造影剤を用いるのですが、そもそもこの造影剤を用いる目的とは何でしょうか?

そこで今回は、CT造影剤を用いる目的・単純CTとの違いを部位別に解説しました。

続きを読む

【保存版】肝臓の病気や症状を徹底まとめ!

Disease of the liver Eye-catching image

 

肝臓という人体最大の臓器は、症状が出にくい場所でもあり、疾患が隠れていても発見が遅れることのある沈黙の臓器といわれています。

では、そんな肝臓に起こる病気はどのようなものがあるのでしょう?

今回は、肝臓の病気を症状を含め徹底的にまとめました。

参考にされてください。
続きを読む

スキルス性胃がんとは?症状や原因、検査や治療について

Scirrhous gastric Eye-catching image

 

多くの芸能人が患ったことでも、よく耳にすることの多いスキルス性胃がん。

他のがんに比べ、膵臓がんと同様に発見が遅れがちで、気づいた時には進行してしまっていることも多い怖いがんです。

今回は、このスキルス性胃がん(英語表記で「Scirrhous gastric cancer」)について

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • ステージ
  • 治療
  • 予後

など、気になることをまとめてみました。

参考にされてください。

続きを読む

食道癌の症状や検査、ステージや手術のまとめ

Esophageal cancer Eye-catching image

 

様々な癌の中でも食道にできる癌といえば食道癌で、初期でなかなか気づくことができず、気づいた時には進行していて、普段の食事さえにも差し支えが出る大変厄介な癌です。

そんな食道癌(英語表記で「Esophageal cancer」)について

  • 症状
  • 好発部位
  • 検査
  • ステージ
  • 手術
  • 合併症
  • 看護

など、1つ1つを詳しくご説明したいと思います。

続きを読む

ベルガ腔(Verga腔)とは?透明中隔腔、脳室間腔とは?症状は?

人間ドックなどの主に脳MRIや頭部CTで主に指摘される正常変異に、

  • ベルガ腔(Verga腔)
  • 透明中隔腔
  • 脳室間腔(中間帆腔)

があります。

これらはいずれも脳の正中部分(真ん中の部分)に認める脳脊髄液腔の嚢胞状拡張で、合わせて正中過剰症とも呼ばれます。

いずれも乳児期に多く認めますが、加齢とともに退縮してなくなります。

ただし、正常変異として遺残することがあり、その場合は成人の頭部の画像でたまたま発見されるということです。

これらは、通常無症状で治療の対象にもなりません。

とはいうものの、人間ドックなどで

「ベルガ腔を認めます。」
「透明中隔腔あり。」

などと記載されるとどんなものなのか気になるものです。

そこで今回は、このベルガ腔、透明中隔腔、脳室間腔(中間帆腔)についてイラストや実際のMRI画像を交えてまとめました。 続きを読む