Gallbladder polyp Eye-catching image

胆嚢ポリープは胆嚢にできるポリープで、基本的に良性です。人間ドックや健康診断のエコー検査(超音波検査)で指摘されることが多いものです。

原因は食事にあるとも言われていますが、予防したりすることはできるのでしょうか?

そこで今回は、胆嚢ポリープの原因、症状、予防を中心にまとめてみました。

Sponsored Link

胆嚢ポリープの原因は?食事?

胆のうポリープの原因ってあるんですか?

医師
胆嚢ポリープの原因は、食事の仕方に問題がある場合が多いのです。

これは、胆嚢ポリープが胆汁の中にあるコレステロールによるものである場合が少なくないからですね。
つまり、普段から脂肪分の多いものを食べていると、胆嚢ポリープができる可能性が高くなるのです。

  • 脂身の多い肉やベーコン・ハム等の肉の加工食品
  • バターやチーズ
  • 油で揚げたスナック類
  • チョコレートやクッキー等

 

普段の食事を振り返った時に、このような食品を摂る機会が多いという自覚はありませんか。食生活の改善をはかり、できるだけこれらの食品の摂取を控えるようにしましょう。

Sponsored Link

胆嚢ポリープはどんな人に多いの?

胆のうポリープってどんな人に多いんですか?

医師
胆嚢ポリープができる人は、働き盛りと言われる世代でもある40~50歳台くらいの人が多いです。男女合わせて、この年代の5%前後~10%くらいの人に胆嚢ポリープが見つかっています。

これはなぜでしょうか。

40-50-people

考えられる要因としては、40~50歳台になると基礎代謝が落ちてしまうことですね。
20~30歳代と比べても、格段に基礎代謝量が減少してしまう場合が多いのです。

そのため、食事の内容や量が変わらなくても、脂肪がつきやすくなったり太りやすくなったりします。

ですから、結果として、コレステロール値も高くなりがちで胆嚢ポリープの原因となるのです。

胆嚢ポリープに症状はあるの?

胆のうポリープって症状がでるんですか?

胆嚢ポリープの発見は、ほとんどが人間ドックや健康診断を受診することによるものです。

医師
つまり、胆嚢ポリープができていたとしても、自覚できるような症状はほぼありません

胆嚢ポリープの予防は?

fish

予防ってできますか?

医師
胆嚢ポリープを予防するには、さきほど挙げた原因に注目しましょう。

つまり、食事の仕方や食生活の見直しをすることです。
これは、体内に余分な脂肪を溜めないような生活スタイルにすることにも繋がります。

肉よりも魚介類を食べるようにする

魚に含まれるEPADHAコレステロール値を下げる効果があります。

油料理等には、えごま油や亜麻仁油を使う

これらの油に含まれるαリノレン酸コレステロール値を下げる効果があります。

糖分の摂取量を控える

糖分の摂取が多くなると中性脂肪の値が増え、結果として善玉コレステロールの減少を引き起こします。そのため、悪玉コレステロールが優勢となってしまうのです。

日々の食生活の中で、魚介類を食べる機会を増やし、えごま油亜麻仁油を上手に活用したいですね。
また、糖分が多めの菓子類の摂取が過剰にならないよう、程度を考えて食するようにしましょう。

医師
これらは何も胆嚢ポリープに限ったことではありません。生活習慣病の予防全体に言える食事ですね。

関連記事)胆嚢ポリープの検査は?治療は?手術?

まとめ

胆嚢ポリープができる原因として、食事に注目する必要があります。

悪玉コレステロール値が上昇する原因になる脂肪分の多い食品や糖分の多い食品は、過剰に摂らず控えめな摂取にとどめておきたいものです。

EPAやDHAを多く含む魚介類や、αリノレン酸が含まれるえごま油や亜麻仁油を上手に取り入れていきましょう。

一般女性
なるほど、よくわかりました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら