脳梗塞」タグアーカイブ

脳MRIの慢性虚血性変化とは?イラストと画像でわかりやすく解説!

脳ドックなどで脳のMRI検査を受けると、

  • 「大脳に慢性虚血性変化があります。」
  • 「大脳に大脳白質病変があります。」
  • 「大脳にleukoaraiosisがあります。」
  • 「大脳に加齢性変化があります。」

などと記載されることがあります。少しずつニュアンスは異なりますが、概ね表現しようとしていることは基本的に同じなのです。

最もよく使われるこの慢性虚血性変化というのはどういったものなのか、正常なのか、それとも病的な意味がある異常なものなのか?脳ドックガイドライン2014も参照にしながら、オリジナルイラストを用いてまとめてみました。

続きを読む

無症候性脳梗塞の症状や治療は?気づかないこともある?

Asymptomatic cerebral infarction Eye-catching image

 

脳梗塞とは脳の血管が詰まる病気ですから、血管が詰まるとその血管が支配している領域は虚血から壊死に陥ります。

その場所が、運動など重要な役割を果たす部位ならば、「麻痺」という形で症状が出てきます。

ところが、脳梗塞があるのに症状がない・無症状であるってことがあるんです!

「症状がないのにどうやって脳梗塞だってわかるの?」

という疑問が聞こえてきそうですが、それはMRIの画像検査をすればわかります。

  • MRIで、古い梗塞の後が、残っている
  • しかし症状がない

このような脳梗塞を無症候性脳梗塞(むしょうこうせいのうこうそく)と言います。

今回は、脳ドックでも見つかることが多い、この無症候性脳梗塞について

  • 症状
  • 原因
  • 診断
  • 治療

など、気になることについて説明します。

続きを読む

脳梗塞の検査は何科で受ければいい?MRI検査はするの?

 

 

Inspection of cerebral infarction Eye-catching image

 

脳梗塞とは、脳へ血液を送る動脈血管が詰まってしまうため脳に酸素などが送られなくり、脳細胞が障害を受ける病気です。

この脳梗塞の前兆として、ろれつが回らなくなりうまく喋れない、めまいや立ちくらみが起こる、目の焦点が合わないなどが起こることがあります。

もしこの様な症状が見られた際は速やかに病院に行く事が大切です。

しかし、病院は何科に行けばいいのでしょうか?

また、検査法はどの様なものでしょうか?

そこで今回は、

  • 脳梗塞の検査は何科で受ければいいのか
  • 脳梗塞の検査方法、MRI検査はするのか
  • 脳梗塞の種類
  • 脳梗塞の治療に掛かる費用

以上についてまとめました。

続きを読む

CTとMRIの違いを徹底的に大特集!使い分けが大事

 

MRI and CT Eye-catching image2

 

CT検査とMRI検査。

この2つの検査は、なんとなく似たイメージがあるものの、その違いについてご存知でない方も多いのではないでしょうか?

どちらもトンネル型の機械の中に入って身体の断層を見る検査技術ではありますが、その原理はまったく異なるのです。

医師
なんとなく「MRIの方が精密検査ですごい」なんてイメージを持たれているかもしれません。
  • MRIを撮影すればすべて分かる?!
  • MRIに勝る検査はない?!

は、そうでもないんです。

確かに子宮・卵巣のようにMRIがCTよりも強い領域・部位もありますが、空間分解能、つまり、画像の解像度、細かいところの解剖の様子はCTの方が基本的に上です。

またCTは全身を短時間で撮影することもでき、交通事故で運ばれてきた患者さんに全身スクリーニングをする際には必ずCTがまず撮影されます。

医師
MRIを全身撮影していたら日が暮れます。

CTが強いところ、MRIが強いところ、またそれぞれ弱いところというのがあります。

ここを誤って何でもMRIを撮影しようとすると診断できるものもできなくなったり、検査を受ける負担が増すばかりです。

そこで、このMRIとCTの違いを色々な角度から解説しましたので、参考にされて下さい。

続きを読む

睡眠時無呼吸症候群の検査方法は?治療は?

睡眠時無呼吸症候群かもしれない場合、まず、何科を受診すれば良いのか知りたいですよね。そのうえで、どのような検査方法があり、どんな治療を行うことになるのか、あらかじめ理解しておきたいものです。
また、それだけではなく、睡眠時無呼吸症候群を患うことによって起こりやすい合併症も気になりますね。
そこで今回は、睡眠時無呼吸症候群の検査方法や治療などについてご説明します。
続きを読む

夜間高血圧とは?原因・症状・治療まとめ

Nighttime high blood pressure Eye-catching image

 

朝起きると頭が重かったり、痛いことが多くて心配なんです・・・。
医師
それ、もしかすると、眠っている間も血圧が上がった状態の夜間高血圧かもしれないですよ!

普通はリラックスした状態である夜間の睡眠時。
そんな時に血圧が上がっているなんて、自分ではなかなか気付けないんじゃないかと怖くなりますね。

また気付かずに放っておいた場合に、どんなリスクがあるのかも知っておきたいところです。

今回は、

  • 夜間高血圧とは?
  • 原因
  • 症状
  • 治療

についてまとめてみました。
続きを読む

早朝高血圧とは?朝の血圧が高い原因と予防!

Morning hypertension Eye-catching image

 

病院や昼間は正常値なのに、朝だけ血圧が高くなる早朝高血圧

実はとっても見つかりにくい高血圧なんです。

病院で測ると正常値をしめすので、発見が遅れることもありますが、これも治療が必要な立派な高血圧。

では朝の血圧だけが高い早朝高血圧は、どうすれば見つけることができるのでしょうか?

今回は、

  • 早朝高血圧とは何か?
  • 原因
  • 予防

などについて、まとめました。
続きを読む

小さい脳梗塞ではどんな症状がある?診断や治療はどうする?

Small cerebral infarction Eye-catching image

 

脳のCTやMRI検査を行うと小さな脳梗塞が見つかることがあります。

小さな梗塞は通常ラクナ梗塞と呼ばれ、脳の血管の中でも細い動脈である穿通動脈(せんつうどうみゃく)が詰まることによって起こる脳梗塞です。

lacunar-infarction4

小さな梗塞は症状を起こす場合と、起こさない場合があります。

症状を起こさない脳梗塞を無症候性脳梗塞と言います。

今回はこの小さな脳梗塞について、

  • どのような症状を起こすことがあるのか
  • 原因は何なのか
  • 診断はどのようにするのか
  • 治療は必要なのか、その場合どのような治療を行うのか

について、解説しました。

続きを読む

症状が出ない小さな脳出血はどうやって診断するの?

脳出血が脳に起こっても、サイズが小さかったり、出血の場所によっては症状として表に出ません。しかし、小さな出血が起こるということは、やがて大きな出血が起こる危険因子となります。

自分が過去に小さな出血が起こっているということを知る方法はないのでしょうか?

続きを読む

一過性脳虚血発作(TIA)は脳梗塞になりやすいの?

脳梗塞とは脳の血管が詰まってしまい、その動脈が栄養している脳に壊死を起こし、その箇所の脳の機能が失われます。

一方、一過性脳虚血発作(TIA)は、脳の血管が詰まりかけたけど、再開通して、脳梗塞を免れた!という状態です。

自宅で麻痺などの症状が出たけど、病院に行ったら治ったというのは一過性脳虚血発作の可能性があります。

この一過性脳虚血発作(TIA)は脳梗塞に進展することはあるのでしょうか?

続きを読む