腎臓の病気」カテゴリーアーカイブ

【CT画像あり】腎臓の場所を図で解説!腎結石で痛みが出るのはどこ?

人間の体には、左右1つずつ、計2つの腎臓(じんぞう)があります。

この腎臓は、血液の中にある老廃物を除去し、尿を生成、体液を一定に保ち維持する泌尿器系の器官です。

腎臓は、左右に1つずつ(右腎・左腎)あり、成人のもので1つが長さ約10cm・幅約5cm・重さ約100gほどで、そら豆のような形をしています。

「腎臓に結石などの病変があった場合どこが痛くなるのだろうか?」

「そもそも腎臓ってどこにあるの?」

そんな悩みに解決するべく、今回は

  • 腎臓の場所や高さ
  • 腎臓の病気の場合に痛む場所

を、図と実際のCT画像などを用いて解説しました!

続きを読む

急性腎盂腎炎・AFBN・腎膿瘍のCT画像所見まとめ!

尿路感染症のうち、その感染が腎実質、腎盂・腎杯に及ぶ病気を腎盂腎炎と言います。

Pyelonephritis figure1

腎盂腎炎はときに敗血症から多臓器不全となり、命に関わることがある病気であり、早期診断し、早期治療が重要となります。

腎盂腎炎の診断には、

  • 症状:発熱、悪寒、腰背部痛、嘔気・嘔吐など
  • 身体診察:肋骨脊柱角(CVA)叩打痛
  • 採血結果:CRP、WBCの上昇など
  • 尿検査:膿尿、細菌尿

などからなされますが、CT画像検査が有用なことがあります。

そこで今回は、急性腎盂腎炎のCT画像検査でどのような所見を示すことがあるのかを中心に、急性巣状細菌性腎炎(AFBN)及び腎膿瘍の画像所見についてもまとめました。 続きを読む

透析のシャント不全の原因と治療は?

高齢化にも伴い透析患者は年々増加しています。中でも糖尿病患者の割合が増加しており、患者さんも高齢化が進んでいます。腎移植は供給が全く追いつかない状態であり、腎不全の方にとって、透析のみしか選択的ないということが多いのが現状です。

今回はそんな透析のシャント不全の原因と診断から治療についてまとめました。 続きを読む