がん検診」タグアーカイブ

父の日に健康のプレゼントを♪人間ドックギフト券って?

皆さんは毎年やってくる父の日のプレゼントはどうしていますか?父の日のプレゼントの定番といえばお酒、サイフ、・・・とかですかね。お父さんへのプレゼントって意外と思いつかないものですよね。そこで今回は新しいプレゼント、「人間ドックギフト券」のご紹介です!

初めて聞くわね
医師
まだ一般的に知られていませんが、今後広まっていくでしょう。

父の日プレゼントに新提案!人間ドックギフト券はいかが?

お父さんぐらいの年齢になると体にも若いころとは違い、いろいろ問題が出てくるものです。そこで今回はお父さんに感謝を込めて人間ドックをプレゼント!なんていうのも粋ですよね!

3a604779519c78e3a129a2b44bf17337_s

医師
ではこれから人間ドックギフト券についてお話しします。

人間ドックギフト券とは?

人間ドックギフト券とは文字通り、人間ドックをプレゼントするための券です。人間ドックを受ける日はもらった人が自分の都合に合わせて決めることができます。

現在人間ドックギフト券を扱うサイトとしては「マーソ」というサイトが最も有名です。こちらのサイトを例にして人間ドックギフト券の申し込みや手続きの流れをご説明します

ギフト券の種類

ギフト券の種類は以下の通りです。

  • 脳ドックパック 35,000円
  • 人間ドックパック 65,000円
  • 人間ドック&脳ドックパック 100,000円
  • 全身ガン検査パック(PET) 120,000円
  • 全身ガン検査&脳ドックパック 155,000円

全国700の提携施設で使用することが出来、上記で上げた検査以外にもちょっと気になる症状の検査を含めて3,500プランから選ぶことが出来ます。(マーソに掲載された施設のみで使用可)

メッセージカードの種類も20種類以上あり、差し上げる人に合わせたデザインを選ぶことが出来ます。

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s

なおギフト券の価格や種類は変更されている場合もあるので、公式サイトなどで最新情報をチェックして下さいね。

ギフト券の使い方

医師
ギフト券を使う手順をお話しします。

・人間ドック予約サイト「マーソ」から検査プランと医療施設を選ぶ

・施設とプランが決まったら希望の日にちを予約する

・予約時にギフト券に記されたシリアルコードを入力

・予約した日に人間ドックを受診

 

医師
このような流れになります。

 

その他注意事項

ギフト券ではおつりは出ません。決済方法は「ギフト券のみ」の決済と「ギフト券&オンラインカード」決済があります。もし差額で出てしまった場合でも差額はクレジットで払うことが出来ます。

マーソの有効期限は180日です。期限を過ぎると使用できなくなります。またギフト券の送料は全国一律380円です。有効期限や送料などは変更されている場合もあるので、公式サイトなどで最新情報をチェックして下さいね。

検査当日にギフト券を持っていく必要はありません。

医師
人間ドックギフト券のお話しは以上です。

人間ドックプラスαのサービスも人気!

最近の人間ドックは進化しており、サービスも充実してきています。次はそんなサービスをご紹介します。

人間ドック+食事セット

病院によっては検査だけではなく、お食事がセットになっているところがあります。東京都にある佼成病院では、麻布十番にあるBistro釜津田さんのフレンチをセットにしたプランがあります。

料理は健康を考え、無農薬の野菜が使われ、肉か魚は自分で選ぶことが出来ます。

人間ドック+リラクゼーションのセット

他にも人間ドックにマッサージなどのリラクゼーションがセットになったプランがあります。埼玉県のうぃず総合健診センターでは、マッサージとボディートリートメントのコースがあります。

人間ドック宿泊プラン

最近、ホテルや温泉に宿泊しながら検査を受けるというサービスが増えています。一般的には普通のお客様よりも早くチェックインでき、ゆったりとした気持ちの中で検査を受け、終わった後はゆっくりと温泉やホテルのおいしいお食事を頂きながら自分の体を見つめなおすというプランです。

人間ドックギフト券の口コミは?

人間ドックギフト券が欲しいという人から実際に贈ったという方、もらったという方までの口コミを集めてみました!

人間ドックギフト券を望む方は多いようです。
病院嫌いでもプレゼントにすると行ってくれるというのはプレゼントのしがいがありますね^^

敬老の日のプレゼントにもよさそうですね。

母の日にもいいですね~。

会社からプレゼントだなんて素敵ですね^^

お誕生日プレゼントにもらったという人も!

クリニックからランチがプレゼントというのも嬉しいですね。

 

まとめ

医師
今回のお話のまとめです。
  • 人間ドックギフト券がある
  • 人間ドックギフト券は提携施設のみ使うことが出来る
  • 人間ドックギフト券はおつりが出ないが差額を支払うこともできる
  • 人間ドックギフト券には有効期限がある
  • 最近の人間ドックには様々なサービスがある

 

いかがでしたか?人間ドックギフト券というものを初めて知った、という方もいらっしゃったのではないでしょうか?

今後このギフト券はもっと広がっていくことでしょう。あなたも大切な人に人間ドックギフト券を贈ってみてはいかがですか?

大阪市のがん検診の費用は?クーポンは?

がん検診と聞いても、「自分には関係ない」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

しかし、絶対にがんにはならないという保障はありませんし、また、がんは初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。

そこで、がん検診を定期的に受け、早期発見を重要視することで、早い段階で適切な治療を受けることが可能になり、がんによる死亡を減少させることができます。

今回は、そんながん検診について大阪市の情報をお届けしたいと思います。

続きを読む

腫瘍マーカー検査とは?見方は?主要なもの10選!

腫瘍(しゅよう)マーカーにはいくつか種類がありますが、総じて言えることは、がんがあれば必ず腫瘍マーカーが上昇するわけではないということです。今回は、腫瘍マーカーとはどういうものなのか、がんの診断にどの程度関与するのか、腫瘍マーカーの見方、考え方を中心に解説します。 続きを読む

【画像・動画あり】PET検査の生理的集積の3つのポイント!

PETで光ったら=がんだと思い込んでいる人がいますが、決してそんなことはありません。

まず忘れてはいけないのがこの生理的集積です。

つまり、正常だけど集積をすることがあるのです。

また炎症などにも集積します。

今回はFDG PET検査における生理的集積にはどのようなものがあるのかについてまとめてみました。

続きを読む

【まとめ】腫瘍マーカーのCEAが高値!どんな癌?正常値は?

人間ドックなどでも検査されることが多い、非常にメジャーな腫瘍マーカーの一つであるのが、このCEA(読み方はそのままシーイーエー)です。

「CEAの数値が高値を示した場合、どのような可能性がある?」

結論から申し上げると、CEA高値=がん、ではありません。

CEAが高値と言われて、いろいろ調べたけども結局何も悪いものは見つからなかったということも多々あります。

ただし基準値よりも大幅に高値の場合は、がんの可能性がより高くなります。

また、前回と比べてCEAの数値が上昇傾向の場合も注意が必要です。

今回は、

  • CEAの基準値(正常値)
  • CEAが高値を示す病気・原因
  • そもそもCEAとは?

と言ったことを中心に、CEAについてまとめました。
続きを読む

マイクロRNAで発がんがわかる?価格は?

たった1滴の血液を採取するだけで、そこのマイクロRNA(miRNA)の発現異常をみることで、心疾患やアルツハイマー型認知症だけでなく、がんの有無をチェックしようというがん検診があります。

まだ実現には至っていませんが、今回はそんなマイクロRNAでどんながんがわかるのか?価格はいくらくらいなのかについてまとめてみました。 続きを読む

CTによる肺がん検診の有効性は?

CTが出来てから人の体の中は、明瞭に見えるようになりました。
レントゲンなら肺は1枚の写真で、がんを見つけにいかなくてはなりませんが、胸部のCTを撮影すれば、胸部のCT解剖にもあるように、非常に明瞭に肺の中をみることができるのです。

ならば肺がん検診では、誰でもかれでも、レントゲンよりもCTを受けた方が間違いない!と思いますよね?

実はそこに落とし穴があります。今回は、CTによる肺がん検診の有効性についてみていきましょう。 続きを読む

がんは早期発見で生存率は大きく上がる!

日本人の2人に1人はがんにかかりますが、がんの種類によっても悪性度が高い、低いがあると同時に、同じがんでも早期発見されて、取り除くことができれば、完治もしくはそれに近い状態に持っていけます。

それだけ早期発見が大事だということです。

ここでは、早期発見できたがんと進行したがんの生存率の違いについてまとめました。

続きを読む

【最新版】PET-CT検査の保険適用まとめ!

もともとPET検査は2002年に12疾患を対象として保険適用されました。

そして、その後がん検診の中心的存在として、広く普及してきました。
しかしすべてのがんで保険適応になっているわけではありません。

2002年から10年以上経った最新のPETの保険適応はどうなっているのでしょうか?

続きを読む