細菌+3」タグアーカイブ

病院

尿沈渣で細菌が・・・基準値や原因まとめ!考えられる疾患は?

尿検査で細菌が見つかることがあります。

尿検査で最も一般的な検査は試験紙法と呼ばれる検査です。

この試験紙法で尿路感染を疑う結果が出た場合や、腎・泌尿器疾患が疑われる場合、尿沈渣という検査が行われます。

尿沈渣とは尿を遠心分離させ顕微鏡で観察する検査です。

今回はこの尿沈渣で細菌が陽性となった場合について

  • 尿沈渣での細菌の基準値は?
  • 尿沈渣で陽性になった場合はどうなるのか
  • 尿沈渣で細菌が出る原因や疾患は?

これらについてわかりやすくまとめてみました。

続きを読む