MRI検査を受けるときの注意事項は?

MRI検査を受けるときの注意事項を教えて下さい。
男性医師
それでは、注意事項を検査の流れに沿ってご説明します。

検査前の注意事項

 

pre mri

検査前には、

について注意点があります。

一つ一つ見ていきましょう。

食事

検査する部位や造影剤の使用の有無により食事や水分の摂取制限の指示が出る場合があります。

服装

検査の際は検査着に着替えるのが一般的です。

金属のついた下着(ブラジャーやボディースーツなど)は検査の妨げになる可能性があるため検査の前には外してください。

しかし、金属のついていない下着を着用することは可能です。

排尿

骨盤部(子宮・卵巣・膀胱・前立腺)の検査を受ける際は、検査の予定時間の30分前から排尿しないで下さい。

メイク

化粧品には金属成分などが含まれていることもありますので、マスカラアイシャドーなどは避けてください。

検査室に持ち込めないものや検査時にはずす必要があるもの

また、検査室に持ち込めないものや、検査前には外す必要のあるものは以下の通りです。

mri1

検査中の注意事項

検査後の生活に制限はありません。

造影剤を使用する際の注意事項

関連記事)

また、以下に該当する方は注意が必要です。

 

MRI検査を受けられない人は?

MRI検査を受けられない人もいるのでしょうか?
男性医師
受けられない人もいらっしゃいます。

MRI検査を受けることができない人

mri dont

MRI検査が受けられない可能性のある人

上記に該当する方は、検査前に必ず医師と相談し検査が可能かどうか確認して下さい。

関連記事)刺青やタトゥーをしていたらMRIはできないの?レントゲンは?

MRI検査の前の食事は?

MRI検査の前の食事はどうなりますか?
医師
検査の種類や検査部位によって絶食などの規制が強いられる場合もあります。

それでは、以下に詳しくご説明します。

単純MRI検査

造影MRI検査

MRCP検査

また、腹部、骨盤MRI検査を受診される方は、検査当日に鉄サプリメント及び鉄剤を服用しないようにして下さい。

参考文献:乳がん発症ハイリスクグループに対する乳房MRIスクリーニングに関するガイドライン ver.1.0 P10
参考文献:造影剤要覧 第28版、2011 P86

まとめ

医師
今回のポイントのまとめ!

 

MRI検査の際に注意する事は結構ありますが、事前にその点を知っている事で精神的にも落ち着いて当日の検査に臨むことが出来ると思います。

また、自分は検査を受ける事が出来ないと自己判断することなく、必ずご利用になる医療機関で確認するようにして下さい。

 

関連記事はこちら


タグ

“MRI検査を受けるときの注意事項!受けられない人もいる?食事は?” への1件のフィードバック

  1. 明日頸椎ヘルニアの検査でMRIを受診します。
    事前に情報を調べることが出来て参考になりました。

松田一良 へ返信する コメントをキャンセル