感染症を判断する採血データの一つに、

  • 白血球数
  • CRP(読み方はそのままシーアールピー)

があります。特にCRPは炎症マーカーの代表として知られており、細菌感染症を始めとする炎症性疾患を中心に高値となり、採血項目の中でも日常的に検査されるものです。

ただし、CRPが高い=感染というわけではありません。また、CRPが低い=感染ではないというわけでもありません。

これらはあくまで参考であり、この2点のみを見て感染の有無を判断するのは良くないと言われます。特に、CRPだけを見ていると全体像が見えなくなります。つまり、他のデータや体の状態などと総合的に判断する必要があります。

今回はそんなCRPが高いときにはどのような原因が考えられるのか?どのような病気の可能性があるのか?についてまとめました。

Sponsored Link

CRPが高い原因は?

Laboratory (3)

CRPが高くなる原因って何でしょうか?
医師
まず、大きく3つに分けられます。

まず、CRP値が上昇するのは、

  • 感染がある時
  • 炎症がある時
  • 組織が障害された時

です。

感染がある時

最も代表的なのが細菌感染症であり、その程度を反映します。

一方で、同じ感染でも、ウイルスや真菌への感染の場合は、軽度上昇にとどまります。もしこれらの感染で高度上昇を認めた場合は細菌感染の合併を考えます。

逆に言えば、ウイルスや真菌では必ずしもCRPは陰性(基準値以下)というわけではなく、軽度上昇することがあるということも覚えておきましょう。

では細菌感染する病気といえばどのようなものがあるでしょうか?上から見ていくと代表的なものとしては

  • 髄膜炎
  • 脳炎
  • 咽頭炎、扁桃腺炎
  • 副鼻腔炎
  • 肺炎
  • 胸膜炎
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • 膵炎
  • 腎盂腎炎
  • 膀胱炎
  • 腸炎
  • 憩室炎
  • 虫垂炎
  • 前立腺炎
  • 卵管炎
  • 蜂窩織炎
  • 膿瘍

などなどです。これでは、CRPが高くても原因はすぐにはわかりません。あくまで他の検査結果や症状などが重要であることがわかりますね。

医師
ちなみに私も以前、扁桃腺炎でCRPが13まで上昇しました。良くある病気でもここまで上がることもあるんです。

Sponsored Link

炎症がある時

CRPといえば感染と考えがちですが、感染以外の炎症がある時にもこの値は増加します。代表は

  • 膠原病

です。膠原病とは自己免疫疾患という病気であり、中でも

  • 関節リウマチ(RA)
  • 血管炎

で上昇します。同じ膠原病であっても、全身性エリテマトーデス(SLE)、多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)、強皮症(SSc)、シェーグレン症候群では、このCRPは陰性か軽度上昇にとどまることが多いと言われます。

大事なのはこれら関節リウマチや血管炎が背景にある人の場合は、感染がなくてもCRPが上昇することがあるということです。

血圧や呼吸状態、意識状態は良いのに、いつまでもCRPが高い場合、これらの基礎疾患があり、もともとのCRPが高いケースがあるということで注意が必要です。

医師
感染の原因(focus)が見つからない時、これらの膠原病が隠れている可能性を覚えておきましょう。

組織が障害された時

1da63c339f30df64aad9c75f46c63f17_s

組織が破壊された場合、壊死に陥った場合もこのCRPが上昇することがあります。

具体的には、

  • 心筋梗塞
  • 悪性腫瘍
  • 手術や分娩
  • 外傷

などが挙げられます。

壊死に陥った状態のことを梗塞と言います。心筋梗塞の他には、肺梗塞、脳梗塞などが有名ですが、心筋梗塞や肺梗塞ではこのCRPは上昇しますが、脳梗塞の場合は、この上昇が軽度です。

また、いわゆる「がん(癌)」である悪性腫瘍でもこの値が高くなります。特に悪性リンパ腫で広範に転移が見られる場合に上昇すると言われています。一方で白血病では軽度上昇〜陰性のことが多いです。

Sponsored Link

そもそもCRPとは?基準値は?

そもそもCRPって何ですか?
医師
C反応性蛋白と言われ以下の蛋白です。
  • CRPは、肺炎双球菌のC多糖体と反応する蛋白のこと。

肝臓で作っているタンパク質の一つです。英語では、C-reactive proteinでこの頭文字をとって、CRPとなります。

CRPの基準値は?

定量法で、

  • 0.3mg/dl以下

が正常値です。

CRPが高ければ細菌感染なのか?

CRPが高くても感染以外の炎症などの可能性があるのはすでに述べた通りです。

では感染があるとわかっている場合、細菌なのか細菌以外なのかの鑑別にCRPはどの程度使えるのでしょうか?

  • 感度81%、特異度67%  (Clin Infect Dis(2004)vol.39(2)pp.206-17)

と報告されています。ここで報告されているカットオフ値つまり、細菌感染か非細菌感染かを分ける値は0.6~10mg/dlと様々でした。

このデータからわかることは、CRPだけを見ていては不十分であり、2-3割は見落としてしまうということです。

あくまで補助的に使うということですね?
医師
その通りです。特に予想外にCRPが高かった時などは、何か隠れている可能性があると考えることができます。

CRPが下がったのに熱が下がらないのはどんな時?

もともと高かったCRPが下がったので、採血データ上は良くなったけども熱が下がらないということがあります、その場合には、

  • 薬剤熱
  • 深部静脈血栓症

などが原因で熱が下がらないことがあります。

また、CRPが下がっているときに、肝機能や腎機能が落ちている場合は、一概に感染症が良くなっているということはできません。というのは、CRPというのは肝臓で作っているタンパク質であり、臓器障害が起こっている結果、CRPが下がっている可能性があるからです。

医師
つまりこの状態はCRPを上げることもできないくらい重症だということです。

関連記事)赤血球沈降速度(ESR)の基準値は?異常ならどんな病気? 

最後に

e233fe3c3e536416799be83af4055c7e_s

CRPは代表的な炎症マーカーであり、炎症があることが示唆されますが、必ず感染があると早とちりしてはいけません。症状や他のデータなどを参考にしながら、その原因を突き止めていく必要があります。

ちなみに他の炎症マーカーにはどのようなものがありますか?

以下のものがあります。

CRP以外の代表的な炎症マーカー

 

参考になれば幸いです。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら