PTCD(PTBD)とは消化器の処置には略語が多くて、ごちゃごちゃになりますよね。

今回は、PTCD(PTBD)、PTGBDについて図を交えてわかりやすく解説します。

ポイントは両方とも、

  • 皮膚から肝臓を串刺しにして、胆汁を外に出す!

ということです。シェーマを見ながら一つ一つ理解していきましょう。

では、行きますよ!

Sponsored Link

PTCD(PTBD)とは?

PTCDとは何でしょうか?

まず、PTCDとPTBDは同じことを意味します。英語圏の人は、PTBDの方が使われていますし、教科書などでもPTBDの方が使われています。

PTBDとは、

Percutaneous Transhepatic Biliary Drainageの略で、日本語で言うと、「経皮」「経肝」「胆道」「ドレナージ」のことです。

つまり、皮膚を刺して、肝臓を刺して、胆道に到達して胆汁をドレナージをするということです。

なぜこのような処置を行うのでしょうか?
医師
以下に説明します。

通常、胆汁は下のような流れで、肝臓から、胆管を経て、十二指腸へと排泄されます。

PTBD1

ところが、この流れの途中で石や腫瘍などができてしまうと、流れがうまくいかずに胆汁が鬱滞してしまいます。この状態を閉塞性黄疸と言います。

PTBD2

閉塞性黄疸になると、胆汁が腸管に移行しないため、ウロビリノゲンの生成量が減り、また脂肪吸収が障害されます。その他、この鬱滞した胆汁に細菌感染が起こると、命にかかかる急性閉塞性化膿性胆管炎などに移行することがあるので注意が必要です。

胆管炎はなぜ怖いのかはこちら→急性胆管炎の症状は?治療は?なぜ怖い?

 

そこで、この胆汁を排泄する必要があります。ところが上の図のように胆管が詰まっている。そこで、行われるのが、PTBD、つまり、皮膚を刺して、肝臓を刺して、胆道に到達して胆汁をドレナージをするのです。

PTBD3

なるほど!これがPTBDなんですね。

Sponsored Link

PTGBDとは?

では、PTGBDはどのような手技なのでしょうか?

PTGBDとは、

Percutaneous Transhepatic GallBladder Drainageの略で、日本語で言うと、「経皮」「経肝」「胆嚢」「ドレナージ」のことです。

PTGBDは、PTBDと比べると、Bの代わりにGBが入っています。「胆道:B」が「胆嚢:GB」に変わっただけです。つまり、つまり、皮膚を刺して、肝臓を刺して、胆嚢に到達して胆汁をドレナージをするということです。

ただし、胆嚢だけを刺すということは胆嚢に胆汁が溜まる状態つまり、胆石による胆嚢炎に行われるのが一般的です。

PTGBD

なるほど!よくわかりました。

ちなみにPTGBAとは?

ちなみに似たようなものに、PTGBAがあります。

PTGBAとは、

Percutaneous Transhepatic GallBladder Aspirationの略で、「経皮」「経肝」「胆のう」「吸引穿刺法」のことです。Aprirationとは、吸引のことです。

これは、基本的に上で説明した、PTGBDとほとんど同じです。PTGBDはドレナージチューブを留置してくるのに対して、PTGBAは吸引しておしまい!で、ドレナージチューブを置いてきません。その差です。

ちなみに同じ胆汁排泄でも内視鏡を用いて行う場合はこちらです。あわせてどうぞ。

ENBDとERBDの違いは?目的は?

 

最後に

今回は、急性胆管炎や、急性胆嚢炎などで胆汁が鬱滞してしまったときに、

「胆汁を皮膚から外に出してやろう」

という目的で行われる手技である、PTBD、PTGBDに加えて、PTGBAについて説明しました。アルファベットの頭文字見ていても頭に入ってきませんが、このように一つ一つ意味を考えながら、シェーマを見ながらだと理解しやすいと思います。

是非明日からの医療に役立てていただければ幸いです。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら