目次

腹部CTは造影剤を用いた方がよい?

まず腹部CTで何がわかるのかということを述べる前に、「造影剤」について見てみましょう。

CTの造影剤は「ヨード造影剤」と呼ばれ、CT画像を撮影する前に静脈から注射をします。

結論を申し上げると、腹部のCTにおいては、造影剤を用いた方が病変部と正常部のコントラストがつきやすいため、「造影剤を用いた場合、得られる情報が多い。」と言えます。

つまり、

ということです。

ただし、造影剤を用いる場合は、腎機能の問題、アレルギーの問題などがあります。

また、必ずしも造影CTの方が優れているわけではない場合もあるので注意が必要です。

関連記事)造影CTの目的は?単純CTとの違いは?部位別に徹底解説!

造影CTが逆に仇になることもある。

とくに

といった単純CTで高吸収(白く)になるものは、造影剤を用いることにより相対的に目立たなくなり、わかりにくくなってしまうことがあるからです。

またイレウスを疑う場合にも、絞扼性イレウスがあり、壁内に出血をきたしている状態は造影CTだけではわかりません。

造影剤を用いていない単純CTなのに高吸収(白い!)であるというのが有用な所見であるからです。

ですので、こういった疾患が前もって疑われる場合には、

まずは単純CTを撮影する。
→必要に応じて造影剤を用いた造影CTを撮影する

のが得策といえます。

医師
これらを踏まえた上で腹部CTでわかることをみていきましょう。

腹部CTでわかること

腹部CTを撮影して、観察できる臓器は以下の通りです。

ざっとこのような臓器を観察することができます。

ただし、観察できることと、そこに病気があればそれを所見として拾えるか(異常として認識できるか)はまた別問題です。

全ての検査には、強いところと弱いところがあります。

とそれぞれ強い部位・弱い部位(得意分野・不得意分野)があるからです。

医師
では、腹部CTを撮影して各臓器でわかることを見ていきましょう。

肝臓でわかること

CT findings of liver

肝臓でわかることの代表としては、

といったことが挙げられます。

見ていただけるとわかるように、肝臓の形、脂肪肝、肝嚢胞くらいは造影剤を用いない単純CTでも診断することができます。

しかし、それ以外のものは、単純CTだけではわからず造影剤を用いてかつダイナミック撮影という3相に分けて撮影して造影されるパターンから病気を推測していかないと診断は難しいのが現実です。

ダイナミックCTについてはこちらにまとめました。→【画像あり】ダイナミックCT検査とは?造影CTとの違いは?

さらに、ダイナミックCTでも判断に悩ましい場合には、より精密検査と言えるEOBプリモビスト造影剤を用いた造影(ダイナミック)MRIを行うことがあります。

肝腫瘍の診断の流れ

ですので、肝腫瘍の診断の流れとしては、

という流れです。

下へ行くほど、より精密検査ということになります。

それでも鑑別を絞りきれない場合は、最終的に肝臓の腫瘤を生検することで確定診断をします。

胆嚢・胆管でわかること

CT findings of GB

胆嚢はCTが弱い臓器の一つと言えます。

というのは、胆嚢ポリープや胆石があっても小さなものや、構成する成分によっては、CTで映らないことがしばしばあるためです。

一方で、腹部エコー検査や腹部MRI検査(中でもMRCP)は胆嚢の病変の描出に優れています

逆に言えば、腹部CTで胆嚢に異常所見を認めないから、胆嚢には何も病変はないとは言えないわけです。

このような前提ありきになりますが、

といった病気を指摘できることがあります

この中でも急性胆嚢炎は、胆嚢が腫大したり、壁が厚くなったり、周囲に脂肪織濃度上昇を伴うことがあり、CTでも診断可能な病態です。

膵臓でわかること

CT findings of pancreas

膵臓でわかることの代表としては、

が挙げられます。

急激な腹痛で発症する、急性膵炎は単純CTであっても多くの場合、炎症所見を拾うことはできる病態です。
(ただし造影CTでより明瞭になる=わかりやすくなるのも事実。)

急性膵炎にはCT grade分類があり、

の2点を評価しますが膵の壊死の有無については、造影剤を用いた検査でないとわからないのが一般的です。

膵嚢胞性病変も膵癌も小さなものは造影剤を用いたCTであっても指摘が困難なことがあります。
単純CTでの指摘はさらに困難です。

膵癌を疑う腫瘍マーカーが上がっているのに、CTでは膵癌を認めない場合などには、造影剤を用いたダイナミックMRIがより精密検査として撮影されることがあります。

脾臓でわかること

CT findings of spleen

脾臓に病変があるのは、稀ですが、その中でも頻度が高いものとしては

といった良性病変が挙げられます。

これらは単純CTであっても指摘できることが多いです。

脾臓の病気についてはこちらにまとめました。→エコーやCTで脾臓の腫瘍を指摘された!鑑別は?症状は?

副腎でわかること

副腎でわかることの代表としては、

が挙げられます。

中でも副腎腺腫はしばしば他の病気と鑑別が問題となり、頻度が高いものです。

結節内に脂肪を含有することを証明することが診断に有用であり、単純CTのみであっても診断可能なことがあります。

詳しくはこちらにまとめました。→副腎に腫瘍を指摘された!鑑別は?症状は?

腎臓でわかること

CT findings of kidney

腎臓でわかることの代表としては、

が挙げられます。

頻度の高い、腎嚢胞や腎結石、さらには水腎症については単純CTでも指摘することが可能です。

腎盂腎炎については、造影CTであっても異常所見を認めないことがあります。
(ただし、炎症所見が強い場合は単純CTであっても指摘可能なことあり)

尿管・膀胱でわかること

CT findings of bladder

尿管でわかることの代表は

となります。

尿管結石が疑われるときは、造影CTは撮影せずに単純CTを撮影することが重要です。

尿管結石以外に、上部尿管や水腎症を認めているときには、尿路腫瘍の可能性もあります。

また膀胱では、

といったことがわかります。

膀胱腫瘍の場合は、造影CTの方が腫瘍が造影され明瞭になる一方で、膀胱内血腫の場合は、単純CTで水濃度でない(ときに高吸収)となっている点がポイントです。

消化管でわかること

CT findings of colon

消化管といえば、胃がんや大腸がんが思い浮かびますが、基本的に消化管の腫瘍はかなり進行しないとCTではわからないことが多いです。

CTでわかるケースで多いのは、リンパ節転移や肝転移、肺転移などがCTであり、そこから原発を探して内視鏡などで胃がんや大腸がんがわかるケースです。

また腹痛の原因となる腸炎、虫垂炎、憩室炎なども炎症所見が軽い場合は、CTでわからないこともあります。

これらを踏まえて上で、消化管でわかることの代表としては、

が挙げられます。

男性生殖器でわかること

CT findings of prostate

男性生殖器もCT検査の弱い分野です。

前立腺、精嚢、精巣といった生殖器をCTで同定することは容易なケースが多いのですが、男性生殖器の病気がCTでわかるケースは少ないといえます。

ならば単純CTでも診断可能です。

他には、

ならばわかることがあり、その場合も単純CTよりも造影CTが描出に優れています。

精巣も前立腺もCTよりもMRI検査の方が病変の描出に優れています

女性生殖器でわかること

女性生殖器もCT検査の弱い分野です。

子宮、卵巣など付属器のといった生殖器をCTで同定することは容易なケースが多いのですが、女性生殖器の病気がCTでわかるケースは少ないといえます。

は単純CTでもわかりますが、

ならばわかることがあります。

男性も女性も生殖器に関しては、CTよりもMRI検査の方が病変の描出に優れているのが特徴です。

腹部の筋肉・骨でわかること

CT findings of muscle and bone

撮影範囲に入っている腹部〜臀部の筋肉や骨の状態がわかり、

といったことがわかることがあります。

腸間膜・大網でわかること

腸間膜や大網でわかることとしては、

といったことがわかることがあります。

また、おへそのラインで横断像を撮影することにより、内臓脂肪を測定することができ、メタボリックシンドロームの診断に有用です。

リンパ節でわかること

リンパ節でわかることとしては、

の有無をCTで確認することができますが、血管とのコントラストを明瞭にするためにも、単純CTよりも造影CTの方がその描出に優れています。

またリンパ節内部に壊死などを伴う場合も造影CTの方が優れているのです。

腹膜腔でわかること

ここまで挙げた以外の腹膜腔でわかることとしては、

がわかります。

とくに頻度が高いのは、腹水であり、最も溜まりやすい部位が、腹膜腔の最低位であるダグラス窩です。

膿瘍形成の有無については、造影CTで周囲にリング状の造影効果を認めることでより指摘が可能となるため、造影CTが優れています。

血性の腹水や出血については、単純CTで指摘可能です。

腹膜ネズミとは、結腸ひも沿ってある腹膜垂が遊離して石灰化したものです。

腹腔内をネズミ(鼠)のように動くためこのように呼ばれます。

今回用いた画像は腹部CTの正常解剖を見ることができるツールを用いました。
腹部CTで何が見えるのかを学べますので、ぜひご活用ください。

最後に

腹部CTでわかることを徹底的にまとめてみました。

たくさんの臓器があり、たくさんのことがわかりますが、単純CTと造影CTさらには造影MRIと合わせて鑑別診断できる病気もありましたね。

あくまで代表的なものを列挙したまでであり、これ以上にたくさんのことがわかります。

エコー検査やMRI検査と異なり被曝の問題がありますので、とくに若い人が症状もないのに毎年受けるのはどうかと思いますが、人間ドックのオプションなどで腹部CTを選ぶ際に参考にしていただければ幸いです。

ちなみにPET-CT検査においてもCT検査を行いますので、CTの読影もしてもらえます。

 

関連記事はこちら


コメントを残す