脳出血の中で被殻出血に次いで多いと言われる視床出血。脳の中心に位置するため、被殻出血よりも治療が困難となります。

今回は、そんな視床出血(ししょうしゅっけつ)について・・・

  • 現れる症状は?
  • 原因は?
  • 実際のCT画像は?
  • 治療方法は?
  • 後遺症やその後の管理は?

ということを詳しくお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

視床出血の症状とは?

現れる症状は以下のようなものがあります。
  • 脱力感
  • めまい
  • 吐き気や嘔吐
  • 感覚障害
  • 意識障害
  • 片側が麻痺
  • 目の異変

 

などです。これらの症状が全て出るわけではありませんが、突然に起こるもので、脳内で出血が起こりすぐに症状が出るものから、時間の経過につれ出るものなど、その人によっても異なります。

hito

中には失語症となることもありますが、特徴として多いのは瞳孔が小さくなったり、反射が悪くなったりといった目の異変である神経症状です。

視床出血の原因は?

原因は、被殻出血と同様のことが言えます。

1番の原因は高血圧です。なので、血圧が1日のうちで最も高くなる日中に起こりやすいとも言われています。

hp doc2

その高血圧とは一時的にグイっと上がるようなものではなく、慢性的な高血圧症状から動脈硬化が起こり、それによって出血を起こしてしまうというものです。

また、他にも考えられる原因はいくつかあります。脳に強い衝撃が加わったことによる外傷や脳動脈瘤、脳腫内出血や血液疾患などもあります。

Sponsored Link

ところで視床はCTやMRIの画像でどこ?

こちらはMRIの画像ですが、視床の位置は次のようになります。

Thalamus

被殻や内包などと同じスライスに存在し、脳室に接していることから視床出血が脳室へ穿破しやすいことも納得できますね。

視床出血のCT画像は?

医師
では実際のCT画像を見てみましょう。
症例 70歳代女性

halamic_hemorrhage

右視床出血あり。脳室への穿破は認めていません。保存的に加療されました。

この症例を動画で見てみる。

この視床出血の実際のCT画像はこちら

視床出血の治療方法は?

視床出血の場合、被殻出血とはまた訳が違ってきます。

位置が脳の中心なだけに治療として手術がかなり困難となってきます。なぜならば、手術をすることによって逆に脳の他の部位を傷つけてしまうということになりかねないからです。

基本的な治療法として・・・

  • 呼吸を整える治療と管理
  • 高血圧を抑える治療と管理
  • 脳浮腫対策
  • 止血

 

これらのことが大切になってきます。まずは意識障害を起こしている場合、そのまま放置すると症状が進行し、自力呼吸できずに死に至ってしまうことも・・・なので、呼吸を整える必要があるんです。

高血圧が原因でなるわけですから、この血圧管理も大切なんですが、一気に下げるのではなく、血流を確保しつつ血圧をコントロールすることが重要となってきます。

また、脳浮腫が進むと脳ヘルニアを起こしてしまうことも、脳内圧を下げつつ、止血などの処置も必要になってきます。

Sponsored Link

視床出血の後遺症は?その後はどう管理していく必要がある?

手術が出来ないとなると、その後がまた怖いですよね。

後遺症として、最初に挙げた症状がそのまま残る場合も多くあります。それらの後遺症は、リハビリを続けることで、最初のようにとまで戻るかどうかは本人の頑張りしだいでもありますが、やるとやらないとでは全然違うというほど効果はあります。

また、怖いのは合併症です。

考えられる合併症として以下のようなものがあります。

合併症

  • 肺炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 血栓症

嘔吐してしまったものが気管に入り込んでしまい起こる誤嚥性肺炎や、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの合併症は高齢者であればなおのこと発症する例が多いものです。

また動けなくなり、血流が悪くなることで起こる血栓症も怖いもので、これらが起こらないように予防をすることも大切です。

これらのことがあるため、視床出血が起こる前と同じ生活を送れるというわけではありません。また起こらないように予防をすることが大切なんです。

再発予防

  • 血圧管理
  • リハビリ
  • 食生活の見直し

高血圧にならないよう血圧管理はもちろんのことながら、リハビリを続け、更には食生活の見直しとして、緑黄色野菜や果物を多く取り、バランスの良い食事に気をつけながら、過度な飲酒を避け、血圧上昇を防ぐことも大切です。

最後に

  • 嘔吐や感覚障害、意識障害、片麻痺や目の異常が出る
  • 高血圧が1番の原因
  • 手術が困難
  • 再び出血が起きないような治療や合併症予防が大切
  • 後遺症が残りリハビリが必要となることも

 

このリハビリもバカにはできません。なぜならば、感覚が失われた筋力でも、リハビリを続け徐々に筋肉を戻し、筋力を回復することもできるからです。

このような脳出血が起こると、後遺症が残ることによって落ち込み、鬱病になることも多くあります。なので、少しでもリハビリを続け回復し、希望を見いだすことが重要でもあるんです。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら