大腸内視鏡の下剤が効かない
「大腸内視鏡の下剤が効かない・・・どうすればいいの!」
と焦る事も。実際私がそうでした。

私の場合は効き目が出るまでに時間を要しただけでしたが、中には全く効果がなく不安な状況におかれる方もいるようです。

大腸内視鏡の準備として腸内をキレイにしておくのは重要ですが、もし下剤が効かない場合はどうすればよいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 大腸内視鏡の下剤が効かない場合
  • 大腸内視鏡の下剤が効くまでの時間
  • 大腸内視鏡の下剤での副作用
  • 大腸内視鏡の下剤を授乳中に使用する場合

について解説していきます。

医師
これを知っていれば安心!是非参考にして下さいね。

Sponsored Link

大腸内視鏡の下剤が効かない場合は?

hito

大腸検査前日の下剤が効かなくて不安です。
医師
心配する事はないですよ。

例え検査前日に飲む下剤が効かなくても、当日の洗腸剤でたいていの場合はきれいになります

下剤を事前に飲むのは、検査当日の洗腸剤を飲むのを楽にする効果が大きいからです。

 

下剤が効きやすくなるポイント!
  • 下剤を飲む2日前から消化の悪い食べ物は避けて医師の指示通りに下剤を飲む。
  • 下剤は水分を多くとった方が良く効きくので、薬を飲む際は少し多めに水分を摂る。

 

体質によっては洗浄剤でも通常3時間程度で完了するところ5時間~6時間ほどかかる場合もあります。

とにかく洗浄ができないと検査に進めませんので、 自力での排泄がどうしても困難な場合や、洗浄の効果が低い場合は、浣腸を行う事もあります。

普段から便秘気味な方は、2~3日前より食事制限と下剤を使用する事もありますので、事前に医師に相談するようにして下さいね。

関連記事)大腸内視鏡検査の前処置!マグコロールってどんな薬?

大腸内視鏡検査の下剤が効くまでの時間は?

大腸内視鏡検査の下剤が効くまでの時間はどれくらいですか?
医師
下剤が効くまでの時間は個人差がありますが、早い人だと30分ほどで効果が出ます。

また、回数も人それぞれで、普段から腸の動きが悪い人だと5回ほどで追加で浣腸しないといけなかったり、当日検査できるような便の状態にならない人もいます。

逆に動きが活発な人だと飲みきる前にキレイになって、20回近くトイレに駆け込む人もいます。

時間も回数もあくまで個人差がある事を頭に入れ、人と比べて焦らない事も大切ですよ。

関連記事)大腸内視鏡手術の前日の食事は?食べてはいけないものはコレ!

point5 hito

大腸内視鏡の下剤での副作用は?

大腸内視鏡の下剤の副作用で血便になることはあるのでしょうか?
医師
大量の下剤で下痢をしたことで、粘膜に軽い傷がついた可能性はあります。

基本的にはすぐにおさまってきますので、繰り返し起こる可能性は低いので心配はいりません。

doc1

主な副作用

  • 腹部膨満感
  • 吐き気、嘔吐
  • 腹痛

症状によって下剤の量を加減することもありますし、腹痛が出現した場合は飲用を中止し、病院へ行くようにして下さい

また、以前に下剤で気分不良や腹痛をおこしたことのある方、高度の腎障害や人工透析中の方は事前にその旨を伝えるようにして下さい。

関連記事)大腸内視鏡検査での麻酔の副作用は大丈夫?症状について調べました!

大腸内視鏡の下剤を授乳中に使用する場合は?

授乳中でも下剤を使用して大丈夫でしょうか?また子供に影響はないでしょうか?
医師
授乳中でも大丈夫ですよ。

お子さんに影響は無いと思いますが、心配なら2日間ほど授乳を控えれば大丈夫です。

当日の下剤は授乳中であれば控えられることが望ましいとされておりますが、通常用いられるものですし非吸収性の下剤なので問題となることは通常ありません。

前日の下剤は使用しないで検査をする場合もありますので、事前に医師に相談して下さい。

child

まとめ

医師
今回のポイントのまとめ!
  • 検査前日に飲む下剤が効かなくても、当日の洗腸剤でたいていの場合はきれいになるので大丈夫。
  • 自力での排泄がどうしても困難な場合や洗浄の効果が低い場合は、浣腸を行う。
  • 大腸内視鏡検査の下剤が効くまでの時間や回数には個人差があるので焦らない事が大切。
  • 下剤での主な副作用は、腹部膨満感や吐き気、嘔吐、腹痛がある。
  • 授乳中でも下剤を使用しても大丈夫。

大腸内視鏡の下剤の効果には個人差があります。

繰り返しますが、検査前日に効果が出なくても、洗浄剤、そして浣腸と他の方法もありますので、最終的に腸内がキレイになる事を考えて最初から心配しなくても大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら