メタボリックシンドローム診断基準何cmなのか、ご存じでしょうか。
腹囲を測ることによって診断されるため、きちんと計測するためにも注意点を把握しておく必要がありますよね。

そんなメタボリックシンドロームの予防・早期発見については、今や日本だけではなく世界中で意識が高まりつつあるのです。
しかし、メタボリックシンドロームの基準は、日本と他国で違いがあるものなのでしょうか。

そこで今回は、メタボリックシンドローム診断基準についてまとめてみました。

Sponsored Link

メタボリックシンドロームの診断基準は?

メタボリックシンドローム診断基準については、まず、おへその高さでの腹囲の数値によって、内臓脂肪型肥満かどうかが判断されます。

肥満

・ 男性は85cm以上
・ 女性は90cm以上

上記の数値に該当した場合、さらに下記の診断状況が2つ以上該当すると、メタボリックシンドロームと診断されるのです。

・ 高血圧(最高血圧130mmHg以上、最低血圧85mmHg以上の両方か片方か)
・ 高血糖(空腹時の血糖値110mg/dL以上)
・ 脂質異常症(中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満)

尚、『メタボリックシンドロームとは何?』も参考にしてみて下さいね。
日頃から、職場や地域の特定健康診査健康診断人間ドック等を受けておくようにしたいですものです。

Sponsored Link

メタボリックシンドロームの診断基準って日本と他の国で違うの?

world
さて、メタボリックシンドローム診断基準は、日本と他国で違いがあります

特に注目すべき点は、WHOの基準ではないでしょうか。
WHOでは、男性は84cm以上、女性は80cm以上の基準値になっています。
このように、他国では女性の方が基準値が小さくなっているのですね。

これは日本の診断方法が、CTによって判断できる内臓脂肪から腹囲の数値を算出しているからです。
例えば、アメリカ合衆国ではBMI30に相当する数値ヨーロッパではウエストとヒップの比に基づいた数値を使っています。
そのため、これらの国々では内臓脂肪が関与していないのですね。

メタボリックシンドロームを診断するための腹囲の測り方の注意点は?

腹囲
では、メタボリックシンドロームの診断で必要な腹囲の測り方について、確認してみましょう。
正しい診断をするためにも、きちんと測る必要があるのです。

・ 飲食した直後は測らない
・ 立って測る
・ おへその高さで測る
・ 衣服を身につけていない状態で測る
・ 息を吐き出した状態で測る

以上、5つの注意点を頭に入れて測るようにすることが大切になってきます。

まとめ

メタボリックシンドローム診断基準についてまとめてみましたが、いかがですか。
日本では、まず内臓脂肪に注目して腹囲を測るところから、メタボリックシンドロームの早期発見・予防を目指しています。
そのためにも、正しい姿勢で腹囲を計測するようにしましょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら