Arachnoid granulation Eye-catching image

 

くも膜顆粒(読み方は「くもまくかりゅう」)という名前をご存知でしょうか?

「くも膜下出血なら聞いたことあるけど・・・」という方も多いと思います。

このくも膜顆粒は人間ドック(脳ドック)や健康診断のMRIやCTで、偶然見つかり、一見病変のように見えることがあります。

そのため、画像の説明で「これはくも膜顆粒ですね」という説明を受けると、怖く感じられる方も多いと思います。

今回は別名パキオニ小体ともいわれる、くも膜顆粒(英語でいうとarachnoid granulation)、について、画像や役割を含めご説明したいと思います。

スポンサーリンク

くも膜顆粒とは?

まず、くも膜についてご説明します。

脳や脊髄は3層の膜に覆われて守られているんですが、その膜を髄膜で、外側から2層目のものをくも膜といいます。

また、外側の膜とこのくも膜の間には隙間があり、この隙間をくも膜下腔といいます。

くも膜下腔は脊髄液で満たされてる状態で、このくも膜下腔の血管が切れたりして出血を起こしてしまい、脳の脊髄液に血液が入り込むことを、よく耳にする「くも膜下出血」といいます。

doc1 nou

くも膜顆粒についてご説明します。

arachnoid granulation figure

静脈洞と言われる静脈が集まる太い静脈があります。

脈絡叢(読み方は「みゃくらくそう」左右の側脳室・第三脳室・第四脳室にそれぞれある、血管に富んだ組織のこと)で作られた髄液は、くも膜下腔からこの静脈洞へと流れます。

この髄液と静脈の間を取り持つのがくも膜顆粒です。

つまり、くも膜顆粒は頭蓋内静脈洞へのくも膜下腔の突出のことです。

doc1 kumomakukaryu

「この丸は何?」
「悪いもの?」
「何かの病気?骨の腫瘍?」

などと感じてしまいがちな、この丸い部分がくも膜顆粒なんです。

スポンサーリンク

くも膜顆粒のCT.MRI画像はコレ!

更に詳しくくも膜顆粒の画像についてご説明いたします。

くも膜顆粒はくも膜下腔と連続するためCT及びMRIにおいて脳脊髄液と同じ信号を示します。

つまり、

  • CTでは髄液と同じ程度の低吸収
  • MRIでは髄液と同じ程度にT2強調像では高信号

を示す分葉状の構造物として存在します。

特にCTでは骨に溶骨性病変のように見えるのが特徴です。

ただし、硬膜やその近くに生理的石灰化として認める場合、くも膜顆粒が原因と言われており、この場合は骨硬化像として認めることになります。

ちょっと一言
MRIの少し細かい話になりますが、T1強調像やFLAIR像では静脈洞のflow void内に低信号として存在するためこのくも膜顆粒は同定しにくいとされます。
一方でT2強調像ではflow void内に高信号の脳脊髄液貯留として描出されるため異常な結節様構造として同定することができます。

 

症例 70歳代 女性 T2強調像

doc1 kumomakukaryu

医師
この丸の部分、これがくも膜顆粒です。

写真はMRIのT2強調像です。

中には静脈洞内の血栓(詰まり)や骨腫瘍と間違われることもありますが、画像を撮影した際の13%に見られ、病気ではありません。

このくも膜顆粒の実際のCTとMRI画像を見てみる→くも膜顆粒のCT,MRI画像

症例 70歳代 女性  CISS

doc1 kumomakukaryu

別の画像で見てみると、白く見えるこれもくも膜顆粒です。

このくも膜顆粒の実際のCTとMRI画像を見てみる→くも膜顆粒のMRI画像

症例 6 歳の男児。頭痛を主訴に来院し精査となった。

granulationes arachnoideales

2016年放射線科診断専門医12より引用。

上矢状静脈洞に低吸収のdefectあり。

くも膜顆粒を疑う所見。

関連記事)【保存版】頭部CTの見方まとめ!実際の画像を見ながら。

くも膜顆粒の好発部位は?

このくも膜顆粒ですが、横静脈洞からS状洞にかけてしばしば見られます。

また、造影MRIの3次元gradient echo法では上矢状洞内に局所的な造影欠損としても高頻度に見られます。

スポンサーリンク

くも膜顆粒の役割とは?

 

くも膜顆粒は静脈洞にできると申しましたが、突起する部分は静脈洞なものの、そもそもどこから突起するかといえば、最初にご説明したくも膜下腔の中から突起するため、くも膜顆粒の中身は脊髄液なのです。

では、くも膜顆粒はどういう役目があるかというと・・・吸収、排出の役目があります。

doc1 kumomakukaryu

脳の脊髄液はとても重要で、あらゆる神経の栄養機能も兼ね備えているため、くも膜顆粒から吸収排出されることによって栄養も行き渡るというわけです。

くも膜顆粒の大きさとしては、だいたい1cm未満のものがほとんどですが、稀に巨大化してしまい頭痛症状を伴うものもあります。

また幼少期にはなく、比較的高齢になり現れるもので、これがあるからどうするといった処置はありません。

動画で画像をご説明したものもありますので、合わせてご覧ください。

参考文献:病気がみえる vol.1:消化器 P7・154
参考文献:全部見える 脳・神経疾患―スーパービジュアル 徹底図解でまるごとわかる! P37

最後に

  • 脳や脊髄を守る3層の膜のうち、外側から2番目のものをくも膜と言う
  • 外側の膜とくも膜の間には、くも膜下腔がある
  • くも膜顆粒は画像で撮ると血栓のようにも見えるが、病気ではない
  • くも膜下腔から脊髄液を吸収し、静脈へ排出するのがくも膜顆粒
  • CTでは骨融解像として認めることが多いが、くも膜やその近くの生理的石灰化として認めることもある。
  • 1cm未満のももがほとんどで、比較的高齢になって現れる

 

1日に3回も入れ替わるという脳の脊髄液は、末端神経まで栄養を行き渡るとても重要な栄養液なんです。

脳という大切な部分、画像等を見て、ちょっと心配がある場合、

「何かの病気?」

とつなげてしまいがちですが、分からないことは質問し、不安材料をなくすに限りますね。

スポンサーリンク  

関連記事はこちら