人間ドック(脳ドック)やスクリーニングの頭部CTやMRIでたまたま発見される病気の一つに「くも膜嚢胞」があります。なかなか聞きなれないこの「くも膜嚢胞」という病気がどんなものかご存知ですか?英語表記でarachnoid cystと言います。頻度としては1000人に1-2人程度見られます。

基本的には放置で良い疾患なのですが、場合によっては治療が必要になることもあるんです。

そこで、今回はそんなくも膜嚢胞について・・・

  • 症状
  • 原因
  • 実際の画像を見ながら画像のポイント
  • 治療法

をお話ししたいと思います。

Sponsored Link

くも膜嚢胞の症状とは?

くも膜嚢胞にはどんな症状があるのか教えてください。
くも膜嚢胞の症状についてご説明します。

基本的にはほとんどの場合は症状がありません。

ただし、くも膜嚢胞ができた場所や大きさによっては、以下のような症状が出る場合もあります。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 痙攣発作
  • 対麻痺
  • 感覚障害
  • 膀胱直腸障害

 

脊髄圧迫症状から起こる障害が怖いです。また、上記以外にも、脳の色々な場所にできる可能性があるため、その場所から色々な局部的症状が出る場合もあります。

doc1 hito

くも膜嚢胞の原因は何?

どうしてくも膜嚢胞のようなものができるのでしょうか?
原因についてお話しいたします。

原因は

  • 先天性
  • 二次性

に大きく分かれます。先天性は生まれつきであり、生まれつきくも膜嚢胞を持っていることが原因と言われています。

  • 常染色体優性多嚢胞腎

の患者では、この先天性くも膜嚢胞の合併頻度が高いと言われています。

一方で二次性というのは、生まれつきはくも膜嚢胞はないけれども、外傷や炎症によってくも膜嚢胞ができるというものです。

くも膜嚢胞は、脳の色々な場所にできる可能性があると言いましたが、くも膜が髄液で満たされた状態で膨らんでいき、脳を圧迫するものをくも膜嚢胞と言います。

くも膜嚢胞の好発部位は?

くも膜嚢胞ができやすい部位があり、

  • 側頭葉先端部(側頭極)近傍の中頭蓋窩が約半数
  • 鞍上槽
  • 小脳橋角部
  • 後頭蓋窩
  • 円蓋部

などで見られます。

Sponsored Link

くも膜嚢胞のCT,MRI画像所見は?

くも膜嚢胞は画像検査ではどのように見えるのでしょうか?
医師
以下のように脳実質外の嚢胞性病変として見られます。

脳脊髄液とほぼ同じ信号強度(等吸収)を示す嚢胞性病変として見られます。

すなわちCTでは周りの脳脊髄液と同じように低吸収(黒く)として見られますし、MRIでも周りの脊髄液と同じようにT1強調像では低信号、T2強調像では高信号の嚢胞性病変として認められます。

ただし、T2強調像では周りの脳脊髄液と比較して若干高信号に見られることがあり、これはこの嚢胞内だけ脳脊髄液の流れによる信号(flow void)が消失しているためと言われています。

では実際の画像をいくつか見ていきましょう。

医師
まずは典型的な側頭葉先端部(側頭極)近傍の中頭蓋窩のくも膜嚢胞2症例です。

【症例】10歳代男性 CT

arachnoidcyst004

 

【CT所見】右中頭蓋窩(側頭葉先端部)にくも膜嚢胞あり。

このCT画像を実際見てみる→くも膜嚢胞のCT画像

 

【症例】70歳代女性

arachnoidcyst003

 

【MRI画像所見】左中頭蓋窩(側頭葉先端部)にくも膜嚢胞あり。

このMRI画像を実際に見てみる→くも膜嚢胞のMRI画像

 

医師
続いて側頭葉先端部以外に生じたくも膜嚢胞の画像です。

【症例】40歳代女性

arachnoidcyst002

 

【MRI画像所見】左前頭部にくも膜嚢胞あり。

このMRI画像を実際に見てみる→くも膜嚢胞のMRI画像

 

【症例】70歳代男性

arachnoidcyst001

 

【MRI画像所見】左前頭側頭部に髄液と同じ信号強度を示す嚢胞性病変あり。くも膜嚢胞が疑われる。

このMRI画像を実際に見てみる→くも膜嚢胞のMRI画像

治療が必要になるのはどんな時?

生まれてくる時、エコー等では分からないものなのでしょうか?
中には胎児の時に発見され、生まれてから詳しい検査をすることもあります。

ですが、大きさが小さいと、気づかれずに成長してから、怪我等でたまたまCTやMRIを撮って発見されたりすることも多いんです。

場所が脳だけになんだか怖いですよね・・・。

そして、大きさや場所によって及ぼす合併症が怖いんです。中でも子供の脳の病気としてよく耳にする水頭症は色々な症状も出るため、治療が必要となります。

てんかんの原因がこのくも膜嚢胞があるからという場合もあるようです。

その他、硬膜下血腫嚢胞内に出血を起こすことがあります。特にくも膜嚢胞は若年者の硬膜下血腫のリスクとして知られており、スポーツなどで頭を打った時に発症することがあります。

くも膜嚢胞の治療法は?

どういった治療法があるのでしょうか?
治療法についてお話ししますね。

基本的に治療が必要な場合と、治療は必要のない経過観察となる場合があります。

大人の場合は、それまで生きてきて支障がなければ治療の必要はないとされます。ですが、子供の場合は治療が必要な場合もあります。

治療が必要な場合ってどんな時ですか?
子供の場合で、何らかの症状が出てると治療が必要になります。

症状や支障がないとされる場合は、経過観察となります。無理に手術をするよりも、今後縮小していく可能性を考えて、というのが理由です。

くも膜嚢胞の治療としましては、手術という方法があります。手術にもいくつかの方法があります。

hp

手術方法

  • 窓開術
  • 皮膜切除術
  • 髄液シャント術
窓開術

嚢胞の膜にメスを入れ、髄液が溜まってる場所に交通をつける方法ですが、頭蓋骨の一部を取り除いて行う開頭術と、頭蓋骨に小さな穴を開けて行う内視鏡術とがあります。

皮膜切除術

嚢胞の皮膜を大きく切除して取り除く手術方法です。

髄液シャント術

シャントカテーテルという名の管を埋め込み、嚢胞内の髄液を抜く方法です。この方法は、水頭症があるかないか、脳槽や脳室との交通があるかどうか、嚢胞がある部位によって考慮されます。

最後に

  • ほとんどの場合は無症状
  • 中には大きさや場所によって症状が出ることも
  • 生まれつきくも膜嚢胞を持ってることが原因
  • 合併症も怖い
  • 大人で見つかった場合は治療は必要ない
  • 子供の場合では、経過観察と手術が必要な場合とがある
  • 手術は窓開術、皮膜切除術、髄液シャント術という方法がある

 

くも膜嚢胞はほとんどはフォローの必要もないと言われていますが、中には、手術は必要ないものの、頭を使う激しい運動、サッカーやボクシング等が制限される場合もありますので注意が必要です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら