肺炎の中には、細菌による肺炎のほか、非定型肺炎に分類されるウイルス性肺炎があります。一番有名なウイルス性肺炎はインフルエンザウイルスですね。

インフルエンザといえば、高熱、関節痛などの症状が有名ですが、肺炎を引き起こすことがあるんです。また小児の肺炎ではこのウイルス性肺炎(中でもRSウイルス)が多いのです。

そこで今回は、ウイルス性肺炎について、どのような種類があるのか症状、診断、治療までまとめました。

Sponsored Link

ウイルス性肺炎の種類は?

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

ウイルス性肺炎を引き起こす原因ウイルスにはどのようなものがありますか?
医師
以下のウイルスが有名です。
  • インフルエンザウイルス
  • パラインフルエンザウイルス
  • メタニューモウイルス
  • アデノウイルス
  • RSウイルス
  • エンテロウイルス
  • コロナウイルス
  • 麻疹水痘ウイルス
  • サイトメガロウイルス など

最も多いのはやはりインフルエンザウイルスです。

麻疹水痘ウイルス、サイトメガロウイルスは、免疫状態が低下した人が日和見感染として罹りやすいとされており、重症化することがあり特に注意が必要です。

また、コロナウイルス肺炎はいわゆるSARS(サーズ、severe acute respiratory sydrome)を引き起こし、重症化してARDSに陥ることがあり、こちらも注意が必要です。

Sponsored Link

ウイルス性肺炎の症状は?

ウイルス性肺炎の症状に特徴はありますか?
医師
感染したウィルスによって異なります。

風邪症状を引き起こすインフルエンザウィルスやアデノウイルスの場合は、

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 高熱
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 筋肉痛

などの症状があります。また、水痘ウイルスの場合は、水疱ができます。

医師
肺炎が増悪すると呼吸困難といった重度の症状も生じてきます。

00476d2084382f11927471dec93d2fce1a1_spneumonia

ウイルス性肺炎の画像診断の特徴は?

画像からウイルス性肺炎と診断することはできますか?
医師
確定診断はできませんが、ウイルス性肺炎の画像の特徴はあります。

一般的にウイルス性肺炎では、

  • すりガラス影が主体の肺炎
  • 気管支肺炎の形態

で肺炎像を画像所見として認めることが多いとされています。

ただし、細菌と混合感染することもあり、またウイルス性肺炎単独であっても浸潤影が目立つことがありますので、注意が必要です。

広範なすりガラス影を示すことがある疾患
  • 急性間質性肺炎
  • 間質性肺炎の急性増悪
  • ウイルス性肺炎
  • 薬剤性肺障害
  • びまん性肺胞出血
  • 過敏性肺臓炎
  • カリニ肺炎

 

症例 70歳代女性

influenza virus CT

医師
このように濃い浸潤影よりはすりガラス影が強いのがウイルス性肺炎全体の特徴です。
この症例の実際のCT画像を見てみる。→インフルエンザウイルス肺炎のCT画像所見

その他特徴的な画像所見を示すことがあるウイルスは?

上記の特徴以外の特徴を示すウイルスはありますか?
医師
ここでは3つ紹介します。

RSウイルス

小児に多いRSウイルスの場合、急性細気管支炎を起こします。肺は、過膨張様の所見を示すことがあります。

水痘ウイルス

また、水痘ウイルスでは、両側の肺に多数の数mm〜1cm代の微小結節をランダムに認めるのが特徴とされます。これは、ウイルスが血行性に広がりウイルス血症を生じそれが肺にばらまかれるためです。

サイトメガロウイルス肺炎

ニューモシスチス肺炎(PCP)と並んで免疫不全の人に起こりやすい肺炎で、両者はしばしば併発します。PCPとの特徴の違いは、PCPがまだらなすりガラス影が主体なのに対して、サイトメガロウイルス肺炎は粒がPCPよりもはっきりすることが多いと言われています。

ウイルス性肺炎の治療は?

ウイルス性肺炎は診断することがなかなか難しく、基本は対症療法となります。

ただし、ご存知のようにインフルエンザウィルスについては、迅速診断でき、しかも抗インフルエンザウイルス薬がありますので、それで治療をします。
関連記事はこちらから)

最後に

007a3f704d4675db99fb2c58d35f37087bb_spneumonia

肺炎といえば、細菌性肺炎が有名ですが、ウイルスでも肺炎になることがあります。細菌性肺炎は定型肺炎と呼ばれるのに対して、ウイルス性肺炎は非定型肺炎に分類されます。

単なる風邪と思っていたら、肺炎を合併していたということもありますので、風邪と診断されても、症状が良くならない場合は注意が必要です。特に小児のウイルス性肺炎は多いので要注意です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら