糖尿病の場合、甘いものは控えるようにって制限されますよね。でも、大好きな甘いものを禁止されればされるほど・・・食べたい欲求は高まり、ストレスもたまります。
特に食べたくなる、甘いチョコレートやケーキ・・・もう一生食べれないのかな・・・と悲観してしまうことも・・・。

でも、諦めるのはまだ早いですよ!糖尿病でも食べられるおやつがあるんです。

  • 糖尿病のおやつはココに注意
  • おすすめチョコレート
  • おすすめケーキ

少しでも気持ちが楽になればと、以上のことをお話したいと思います。

Sponsored Link

糖尿病でもおやつが食べられる?!注意点は?

糖尿病でおやつを禁止されているのが一番きついです。どうしてもだめなんでしょうか?
糖尿病のおやつについてお話します。

糖尿病の場合、血糖値が上がることが問題なので、間食を控えるように言われますよね。でも、食べ方や内容に注意すれば絶対ダメというわけではありません。注意すべきことを守りポイントを抑えたら大丈夫なんですよ。

  • 食べる時間
  • おやつの成分
  • 量を考える

糖尿病患者は食事によって血糖値が上がりやすく、なかなか下がりにくいのが特徴です。なので、今までのように、昼食と晩御飯の間の3時のおやつなど間食として摂ったら、血糖値が下がらないまま晩御飯を迎えることになり、NGです。食べるなら食後にしましょう。

harapeco

また、気を付けるのはおやつの成分です。糖尿病の場合、おすすめな食物繊維の多いものや大豆、海藻、玄米などが成分に入ったおやつがおすすめです。もちろんその際は、糖分やカロリーも気を付けましょう。

また、スナック類はついつい量を食べ過ぎてしまうこと、ありますよね。少量ずつ小袋に分けられたものが、そういった食べ過ぎを防げるのでおすすめです。

Sponsored Link

糖尿病でも食べられるチョコレート!

糖尿病でも食べられるチョコレートがあるって本当ですか?
本当です。実はきちんと計算され作られたチョコレートもあります。

糖質0!ノンシュガーチョコレート

価格:232円

choco

原材料
カカオマス 食物繊維 還元乳糖 ココアバター 食物油脂 バター 分離乳たんぱく
カカオエキス 卵殻Ca 甘味料 乳化剤 調味料 香料 ビタミンP

甘さ控えめなチョコレートではありますが、味は普通のチョコレートとほとんど変わりません。ノンシュガーでこのクオリティーだったら、チョコレートが食べたいと思ってる方も満足できると思います。ノーマルタイプとビタータイプもあります。

また、このチョコレートを使ってアレンジおやつも可能なのがうれしいですよね。

関連記事)糖尿病予防には食事の見直しが大事。おすすめレシピは?

糖尿病でも食べられるケーキ♪

誕生日もクリスマスも、ケーキさえも我慢しなくちゃいけないのが辛いです。

実は、ケーキも糖尿病の人でも食べられる物ってあるんですよ

糖質制限スイーツ

価格:3,672円

cake

原材料
生クリーム フランボワーズ エリスリトール おから バター 小麦たんぱく
レモン 洋酒 ラカンカ ゼラチン ココアパウダー

見た目は普通のケーキと何ら変わりはありません。ただ、糖質が普通のケーキの94%オフ。糖尿病の人でも食べられるケーキです。スポンジ部分はおからで出来てるんですが、パサパサ感もなく、甘みとラズベリーの酸味が丁度良いバランス。中に入ってるラズベリームースがまた絶品です。

またこのラズベリーにも意味があって、脂肪燃焼パワーがすごいんですよ。
わぁ~。明るい日差しが射した気分です。たまには頑張ったご褒美、あってもいいですよね。ありがとうございました。
関連記事

最後に

  • 糖尿病のおやつは絶対ダメというわけではない
  • 食後に食べるのがおすすめ
  • 成分や量を考える
  • 糖尿病でも食べられるチョコレートやケーキがある

毎日食べていいよというわけではありませんが、自分の体調やストレス、血糖値と相談しながら、たまにはご褒美あっても良いんじゃないでしょうか?糖尿病の治療には時間がかかります。なので、きちんとした治療を続けることが大切です。そんな中の息抜きとして、参考になればと思います。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら