レジオネラ肺炎は、免疫脳が低下している人に起こることが多いですが、健常人にも起こる市中肺炎の中で2-9%の割合を占め、非定型肺炎に分類されます。

非定型肺炎についてはこちらにまとめています。→非定型肺炎とは?細菌性肺炎との違いは?診断から治療まで!

ただし、他の非定型肺炎との違いは、重症になりやすく命に関わることがあるということです。そのため、非定型肺炎でもレジオネラ肺炎は別格として扱われることがあります。

今回はこのレジオネラ肺炎について感染経路から、診断、画像、治療までまとめました。

Sponsored Link

レジオネラ肺炎の感染経路は?

レジオネラ肺炎はLegionella pneumophilaによる肺炎で、水回りに多いとされます。河川などの自然環境にも存在しますが、人工的な配水施設で繁殖して、菌を含むエアロゾル吸引により感染します。

医師
最も有名な感染場所はどこでしょうか?
温泉だと聞いたことがあります。

こんなニュースもよく聞きます。

日本では温泉入浴後の感染が有名ですが、レジオネラの感染場所としては、

  • 温泉・循環式風呂
  • 貯水槽
  • 空調設備
  • 梅雨の時期の溜まり水

などが挙げられます。

onsen1

温泉での感染としては、温泉の水が口に入って飲んでしまうことが原因でしょうか?
医師
それも原因になりますが、菌を含む霧(エアロゾル)を吸入しても感染します。

そうなんです。温泉の湯気を吸入しても感染(塵埃感染)してしまいます。だから、集団発生することがあるんです。

人から人へうつることはありますか?
医師
人から人への感染は確認されていません。

なおレジオネラ肺炎は4類感染症であり、診断した医師は直ちに保健所に届け出なければなりません。

Sponsored Link

 

レジオネラ肺炎の症状は?

0029a35971d83b897e91b4d4f3b6c76a44d_spneumonia

レジオネラ肺炎の症状はどのようなものがありますか?
医師
以下のように多彩です。
  • 発熱
  • 咳嗽
  • 比較的徐脈
  • 筋肉痛:横紋筋融解症を伴うことがある。
  • 全身倦怠感
  • 意識障害
  • 消化器症状(下痢、嘔吐)
  • 低ナトリウム血症 など

精神症状や肝機能障害など全身に所見を起こすことがあるのも特徴です。

比較的徐脈とは?

発熱の割に脈拍が高くならない状態のことです。通常熱が上がるほど脈拍は早くなります。

比較的徐脈を示す疾患
  • レジオネラ肺炎
  • 腸チフス

レジオネラ肺炎の診断は?

レジジオネラ肺炎は致死的なこともあり、早期診断、治療が極めて重要です。

どのようにレジオネラ肺炎と診断しますか?
医師
以下の方法があります。
  • 喀痰検査で菌を分離する(BCYE-α培地でコロニーを形成):結果が出るには4-7日かかる。
  • DNA-プローブ法
  • PCR法
  • 尿中レジオネラ抗原の検出

尿中抗原は非常に簡便で現場では使える方法なのですが以下の注意点があります。

レジオネラ尿中抗原の注意点

レジオネラの場合、血清型1,6型の2つが人体に病原性を有するがこの検査では1型のみしか検出できず、尿中レジオネラ抗原が陰性であっても、否定することができません。

グラム染色で見えないもの・見えにくいもの
  • マイコプラズマ
  • クラミジア
  • レジオネラ

レジオネラ肺炎の画像所見は?

レジオネラ肺炎では、レントゲンでは、初期は片側の肺に浸潤影を認めますが、進行すると両側に及ぶことがあります。

CTでは肺胞性肺炎型を示し、浸潤影の境界が明瞭なのが特徴といわれます。

またレジオネラ肺炎では、胸膜炎や胸水を合併することがあります。

Legionella pneumonia

レジオネラ肺炎の治療は?

治療には抗生剤が用いられますが、レジオネラ肺炎と診断されるのを待ってから治療していては遅いので、治療を先行させます。特にレジオネラ肺炎は重症化しやすいので注意が必要です。

レジオネラ肺炎は非定型肺炎に分類され、βラクタム系抗生剤は効きません。

治療に用いられる抗生剤は、

  • マクロライド系
  • リファンピシン
  • ニューキノロン系
  • テトラサイクリン系
  • ケトライド系

が用いられます。

非定型肺炎についてはこちらで詳しく掲載しました。→非定型肺炎とは?細菌性肺炎との違いは?診断から治療まで!

最後に

onsen3

レジオネラ肺炎は、肺炎に加えて、全身に症状が出ることがあり、また重症化して致死的となることもある疾患です。非定型肺炎に分類されますが、これだけ別格扱いされることもある肺炎です。

水を介して感染する肺炎であり、温泉などの水への曝露はないかを思い出すことが重要です。人から人へとうつることはないと言われていますが、同じ水に暴露した人が複数いる場合は集団感染することもあります。

画像所見は広範な肺胞性肺炎の形態を呈することが多く、細菌性肺炎と区別が難しいことがありますが、βラクタム系抗生剤は効果がないので注意が必要です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら