妊娠中って毎回検診の度に、採血や尿検査がありますよね。それで、蛋白や糖の値を母子手帳にも書き込まれますが、どうしてこんなにも妊娠中の蛋白や糖を気にしなくちゃいけないの?と思ったことがある人もおおいのではないでしょうか?

それは・・・妊娠糖尿病が怖いからです。私もこの妊娠中の蛋白や糖で引っかかったことがあります。1度だけひっかかった・・・それはまだいいんです。直前の食事にも左右されますから。でも、続く陽性には妊娠糖尿病の心配も出てきます。

今回は、この妊娠糖尿病について、症状や原因、胎児に影響はないのか?ご説明したいと思います。

Sponsored Link

妊娠糖尿病って何?

普通の糖尿病と妊娠糖尿病って一緒なんですか?
いいえ、普通の糖尿病とは違うんですよ。

妊娠したことによって発症した糖尿病を妊娠糖尿病と言います。それは、普通の糖尿病とはまた異なり、元々糖尿病の人が妊娠した場合は、糖尿病合併妊娠と呼ばれ、また別物です。

なので、今まで糖尿病と縁がなかった人でも、妊娠糖尿病になる可能性はあり、妊娠中の検査で発覚し、妊婦の全体の12%とけっこう高いものなんです。

妊娠糖尿病の症状は?

検査をしなくちゃ分からないものなんですか?
ほとんどの場合は自覚症状がありません。
  • 喉の渇き
  • 頻尿

上記のような症状もありますが、これは妊娠に伴ない子宮が圧迫された時の症状にも似ている為、これだけで糖尿病と診断するのは難しいんです。

では、どうして妊娠糖尿病と分かるのか?診断方法についてもご説明します。

診断方法

tounyou

妊娠中の場合、検診の度に行う血液検査や尿検査で「糖が出てる」と分かるんですが、更に妊娠糖尿病と詳しく診断するためには、ブドウ糖負荷試験を行います。

ブドウ糖負荷試験とは?
空腹時とブドウ糖75gを飲んで、1時間経過した後、2時間経過した後、と実際に糖を体に入れ負荷をかけ、その血糖値の値を診るものです。

Sponsored Link

原因は何?どうして妊娠糖尿病になるの?

どうして今まで糖尿病でなかった人が妊娠して糖尿病になるんですか?
ただでさえ色々不安な妊娠時期、心配ですよね。原因についてご説明します。

妊娠中は普段よりも血糖値が上がりやすくなります。これが原因なんですが、ホルモンの影響もあります。それは、胎盤から出るインスリン拮抗ホルモンの影響で、インスリンの働きが悪くなり、糖分を接種するとブドウ糖が分解されにくくなって血糖値が上がりやすくなるというわけなんです。

また、それ以外にも原因として考えられるのは以下の通りです。
  • 流産経験
  • 早産経験
  • 高齢出産
  • 巨大児出産経験
  • ストレス
  • 糖尿病の遺伝
  • 肥満
  • 急な体重増加
  • 高血圧

結局は、なりやすい人、なりやすい体質、というのもあるようですが、それには普段の生活や食事内容も影響してくるんです。

ninpu

関連記事

妊娠糖尿病は胎児に影響はないの?

赤ちゃんに影響が出たりしないんでしょうか?
それが最も心配なとこでもありますよね。

実は、影響・・・あるんです。

  • 流産
  • 早産
  • 発育不全
  • 機能不全
  • 先天的奇形
  • 高ビリルビン血症
  • 難産

特に、血糖値が上がり過ぎると、糖を溜め込むわけですから肥満になりますよね。それがへその緒を通じて赤ちゃんにも影響します。そして、赤ちゃんも太り過ぎ難産となり、難産となれば出産のリスクも伴い、母子共に危険が出てくるんです。

Baby (7)

甘く考えていましたが、赤ちゃんにまで影響が出るとは・・・妊娠中のあの検査は大事なものなんですね。勉強になりました。

最後に

  • 妊娠中に発症した糖尿病を妊娠糖尿病という
  • 自覚症状はほとんど分からない
  • 妊娠中のホルモンの影響でインスリンの働きが悪くなり、ブドウ糖が分解されにくく血糖値が上がる
  • なりやすい体質というのがあるが、食生活も影響する
  • 妊娠糖尿病は胎児にも影響が出る可能性がある

妊娠中は、医師から「増加は10キロ以内に抑えるように」と体重制限もされますよね。これには、肥満が妊娠糖尿病となるからというのもあるんです。

昔は「赤ちゃんがいるんだから、2人分よ!どんどん食べなさい」と言われたもんですが、それにより妊娠糖尿病を招いてしまうということもあるため、今は妊娠中の食事には特に注意するように指導されます。自分の体だけでなく、赤ちゃんの体のことも考え、医師の指示を守り、妊娠糖尿病にならないように気を付けた生活を送りましょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら