食習慣の乱れや、ストレスの多い現代の生活において、定期的に健康診断を受ける事は大切になって来ています。

その、健康診断で目にされる事も多い、γ-GTPは、何を表すものなのでしょうか。
又、その数値を下げる事は可能なのでしょうか。

そこで、このγ-GTP、そして数値を下げる方法についてまとめました。

Sponsored Link

γ-GTPとは?

γ-GTP (Gamma-glutamyl transpeptidase)とは、肝臓の解毒作用に関わりのある酵素の事です。

肝臓や胆管の細胞が何らかの障害により破壊されますと、血液の中にγ-GTPが流出する事が分かっています。
その為、このγ-GTPは、肝臓や胆管の細胞が破壊された事の指標として用いられています。

γ-GTPの数値により、色々な疾患への疑いが出てきます。
この数値は、正常値ですと、男性=50、女性=32以下とされています。

この数値が100以上となると注意が必要となり、100から200では、肝臓に脂肪が溜まる肝脂肪に進行している可能性があります。

Liver 2illustration by フリーメディカルイラスト図鑑

 

又、200以上の高い数値となると、胆石胆道がんなどで、胆道が詰まっている可能性も高くなります。

これらの数値を下げるのは、そう難しくはない様ですので、その下げ方をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

γ-GTPの数値を下げる方法は?

肝機能の状態を表すγ-GTPは、過度のアルコールの摂取、運動不足、肥満、肝臓脂質の蓄積により、数値の変動が比較的し易いと言われています。

そこで、毎日のご自分の食生活から見直していく事が大切となります。

アルコール
―γ-GTPの数値が100以下の方なら、禁酒、又は節酒する事で、約1週間でその効果は出始めて、正常値へとなる確立も高いようです。

その為、この点で思い当たる方は、禁酒、又は,休肝日を設けるなどして、アルコールの量を減らす必要があります。

これでも数値が下がらない、又は、お酒を飲まないのに数値が高い方は、食生活などでの改善を心掛けて下さい。

20130821085303

食生活
―偏った食事、不規則で脂っこい食べ物を摂る事が多い方は、その点を見直す事も大切です。
又、肝臓によいといわれる『シジミエキス』を試されるのもお勧めです。
シジミエキスには、肝機能を正常に働かせる為に必要な、たんぱく質、ミネラル、ビタミンが多く含まれており、タウリンも多い事で知られています。

サプリメントとしましては、EPA DHA、タウリン、オルニチンなどが良いとされています。

DHAillustration by フリーメディカルイラスト図鑑

 

この他にも、ストレスを減らす効果、運動不足解消としても、適度な運動を継続的に続け、毎日の生活習慣とする事などが大切になります。

γ-GTPの数値を下げる事は可能ですので、次回の検査までに数値が下がる事を目標とされて、
もう一度ご自分の生活習慣を見直されて下さい。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら