流産というとよく耳にする言葉かと思いますが、少子化問題を抱える日本では深刻な問題となっています。

実は私も流産を経験しているんですが、1回だけではなく、3回初期の流産を繰り返しました。ですが、いくつかの病院を回り、検査し、治療し、今では2人の子の母になれました。

私は、不妊病院で出会った方に「妊娠出来てるだけいいじゃない」と言われ、大変傷ついた経験があるんですが、子供を望む人にとっては不妊も大変辛いことですが、せっかく授かった命が育たない流産も大変辛く、自分の事も責めがちです。

今回は、流産について、以下の事についてご説明したいと思います。

  • 流産の頻度
  • 流産の種類
  • 流産の原因
  • 年齢も関係する?

Sponsored Link

流産とは?流産になる頻度は?

先日流産をしました。どうして自分が・・・?と思ってしまいます。流産する人はどれくらいいるものなんでしょうか?
流産についてお話しし、意外と多い流産になる頻度をご説明します。

流産とは

流産は22週未満の妊娠の終結で、何らかの原因によって妊娠が継続できなくなったことをいいます。

流産になる頻度

全妊娠の約15%の人が流産するというほど多く、7人に1人が流産していることになります。

結婚したら当たり前のように妊娠し、妊娠したら子供が生まれる・・・これは当たり前のことではなく、妊娠したくてもできない人、妊娠しても出産までたどり着けない人は多く、妊娠出産って本当に奇跡なんです。

jyosei namida

関連記事)不育症は治療できる?克服して母になった私の体験談

流産にはどういうものがあるの?

私は、いつまでたっても心拍が確認できず、流産と診断されたんですが、症状もなく、実感もありませんでした。流産にはどういうものがあるのでしょうか?
流産にはいくつかの種類があります。自覚症状がある場合とない場合がありますので、それについても合わせてご説明します。
  • 稽留流産
  • 化学流産
  • 不全流産
  • 完全流産
  • 進行流産
  • 切迫流産

稽留流産

胎児がお腹の中で成長がストップし、亡くなってしまってることをいいます。心拍が確認できないままだったり、心拍が止まったりということがあります。お腹が張るような自覚症状がある人もいますが、ほとんどの場合、自覚症状がありません。

化学流産

妊娠検査薬で陽性反応が出たのに、生理が来てしまい、受精したのに着床しなかった状態をいいます。ほとんどは自覚症状がなく、妊娠にすら気付かなかったという場合もあります。

不全流産

下腹部痛や出血があり、流産したけど、まだ子宮内に残留物が残ってる状態の事を言い、手術で内容物を取り出す処置をしたり、子宮収縮剤や抗生物質を用いる場合もあります。

完全流産

下腹部痛や出血などで流産が起こってしまい、子宮内の胎児や胎盤が完全に出てしまった状態をいいます。

進行流産

流産が起こり、進行している状態をいい、下腹部痛や出血、子宮頸部が開いてしまった状態で、これが完全に出てしまった完全流産か、残留物がある不全流産かで処置方法が変わります。

切迫流産

流産が起こりかけてる状態をいい、出血や下腹部痛、お腹の張りがあるものの、まだ赤ちゃんは成長している状態で、安静にしたり張り止めの点滴をし、入院になることもあります。

ryuzan

私は、稽留流産と不全流産を経験し、3回とも内容物を取り出す手術を行いました。その手術は、ほとんどの場合、日帰り手術となります。

Sponsored Link

流産の原因とは?

どうして流産してしまうんでしょう?原因が知りたいです。
流産の原因はいくつか考えられますが、原因が分からない場合も中にはあります。
  • 胎児側因子が原因
  • 母体側因子が原因
  • 男性因子が原因
  • 夫婦間因子が原因
  • 原因不明

流産の原因は、検査しないと分からないことが多く、流産したからといって特別な治療はせず、次の生理を待って、再び妊娠を試みますが、妊娠するには3回ほどの生理を待って妊娠を試みた方が子宮が安定して、次の流産につながりにくくなるとも言われています。

それぞれの原因について詳しくご説明します。

胎児側因子

妊卵の染色体異常、胎児側付属物異常、多児妊娠などが原因として考えられます。

母体側因子

染色体異常、外傷、その他の原因が考えられ、詳しくは検査をすることで判明する場合もあります。

男性因子

染色体異常などが考えられ、染色体や精子を調べる検査で原因が判明する場合があります。

夫婦間因子

血液型不一致などがあり、検査をしてもなかなか分かりにくい原因の1つです。

sensyokutai

12週までの初期流産が流産の中でもほとんどなんですが、その原因の中でも胎児側の染色体異常が6割~7割と言われています。ですが、中には流産を繰り返すこともあり、その場合には詳しい検査をおすすめします。

子宮筋腫も流産の原因の1つになりうると言われています→子宮筋腫の場合流産のリスクは?予防方法はある?

年齢も関係あるの?年齢による流産の増加

私は30代後半で、初めての妊娠だったんですが、年齢も流産に関係するのでしょうか?
特に多い胎児側の染色体異常による流産ですが、それは年齢がすすむにつれ確率が上がるという調査結果があります。
  • ~34歳
  • 35歳~39歳
  • 40歳~
年齢を上記の3段階に分け、流産率と胎児の染色体異常率についてご説明します。

~34歳

  • 流産率:15%
  • 胎児の染色体異常:4~6%

35歳~39歳

  • 流産率:17~18%
  • 胎児の染色体異常:10%

40歳~

  • 流産率:25~30%
  • 胎児の染色体異常:20~25%
妊娠出産は、誰もができる当たり前の事じゃないんですね。今まで流産のことなど自分が経験するまで考えたこともなかったので、大変勉強になりました。

関連記事)女性のブライダルチェックの費用は?内容は?

最後に

  • 流産は22週未満の妊娠の終結
  • 妊娠をしたことのある7人に1人が流産を経験
  • 流産にはいくつかの種類がある
  • 胎児側・母体側・男性側・夫婦間の原因があるが、中には原因が分からない場合もある
  • 流産の6~7割は胎児側の染色体異常が原因
  • 年齢により流産の可能性、胎児の染色体異常率が上がる

私は、1度ならず3度の流産を繰り返したことで、不育症と診断され、私のありとあらゆる検査をしても原因が分からず、主人の検査も同様で、夫婦共の染色体検査をしても異常はなく、最後に「血液型不一致」が考えられるという曖昧ではありますが、そういう原因が判明しました。

ですが、そのような私でも、治療をすることで、2人の子供の母となることができました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら