咳がなかなか止まらず、苦しくて苦しくて・・・でも、風邪薬を飲んでも効かない・・・そんなことありませんか?その咳、もしかしたら咳喘息かもしれません。

実はうちの長男がこの咳喘息で、しょっちゅうこの咳症状に悩まされているんです。最初は風邪薬を処方され飲んでたんですが、なかなか治らず、病院を変えたことで咳喘息と分かりました。

今回は、この咳喘息について、症状や原因、診断方法をご説明したいと思います。

Sponsored Link

咳喘息って?症状は?喘息とは違うの?

咳が長引いていて、なかなか治らず苦しくて、咳をしすぎて吐きそうになるほどです。これって喘息でしょうか?
医師
その症状、咳喘息かもしれません。咳喘息は、喘息とは違うんです。症状や特徴、喘息との違いをご説明します。

咳喘息は喘息とは違い、アレルギーの一種と考えられていますが、その症状を放置すると、喘息に移行することもあるんです。

症状・特徴

  • 長引く咳
  • 熱はない
  • 空咳(痰がからまない)
  • 夜中や温度変化でひどくなる
  • 風邪薬を飲んでも効かない
  • レントゲン検査では異常がない
  • 治っても繰り返す

とにかく咳が長引くのが特徴で、2カ月以上も続くこともあり、ずっと咳をし続けるのではなく、断片的に咳が出ます。落ち着いたかと思ったらまた出るといったような症状で、痰のからまない乾いた咳が特徴です。また、風邪の後に咳だけ残り、1度治っても繰り返すことが多くなっています。

喘息との違い

喘息の場合、胸の音を聞くと、ヒューヒューやゼイゼイという音が特徴で、呼吸困難なような苦しさが出ることがありますが、咳喘息の場合はこのような症状がなく、レントゲンをとっても異常はないんです。

seki

咳喘息の原因は?

どうして咳喘息になるんですか?何か原因ってあるんでしょうか?
医師
咳喘息の原因はいくつか考えられるのでご紹介します。

はっきりとした原因は特定されていないんですが、以下のようなことが原因の1つとして考えられます。

  • 風邪の後に咳だけ残る
  • PM2.5
  • 光化学スモック
  • 黄砂
  • 気圧の変化
  • 気温の変化
  • タバコの煙

最近では、大気汚染も原因の1つと考えられていて、空気汚染注意報の出てる日にこの症状が出始めるということもありますが、基本的には風邪の後に咳だけ残り、風邪薬を飲んでも効果がなく、長く咳だけ続きます。

Sponsored Link

咳喘息の診断方法は?

何科に行ったらいいんでしょうか?どういう検査をしたら咳喘息と診断されるんですか?

医師
実は、この咳喘息を診れる医師も限られていて、何件か病院を回ってやっと咳喘息と分かったということもあります。受診する科と診断方法についてご説明します。
taikiosen

何科を受診?

基本的には、大人の場合は内科、子供の場合は小児科が良いでしょう。というのも、耳鼻科だと胸部は専門ではなく、首から上が専門のため、胸の音などで診断したり、レントゲン等で確認する場合は内科や小児科の方が良いんです。

ですが、中には耳鼻科でも咳喘息と診断してくれる医師もいます。最もおすすめなのは、内科の中でも呼吸器を専門とする呼吸器内科や、アレルギーに詳しいアレルギー内科が良いでしょう。

診断方法

  • ゼイゼイ、ヒューヒューとした音がしない
  • 喘息になったことがない
  • 咳を引き起こすアレルギー物質に反応
  • 胸部レントゲンでは異常がない
  • 痰の中の好酸球が多くなっている
  • 気管支拡張薬が有効

実はこの診断方法は難しく、アレルギー検査をしたり、レントゲン検査をしたり、痰の検査をしたりし、薬の効きを確認したりして咳喘息と診断されます。特に、気管支拡張薬を試してみて、効果があったら、咳喘息だったのかも・・・ということもあり、咳喘息は繰り返すため、次に症状が出た時に、やっぱり咳喘息だった・・・と診断される場合もあります。

参考)咳喘息の診断基準

確定診断はメタコリン負荷試験という負荷試験を行いますが、臨床的に次の基準も使われます。

必須項目
  1. 臨床症状
    ①8週間以上持続する乾性咳
    ②喘鳴や呼吸困難を伴わない。
  2. 理学的所見:聴診上ラ音は認めなく、正常。
  3. 気道過敏性の亢進
  4. 肺機能検査:一般に肺機能検査は正常であるが、末梢気道閉塞は高率に認め気管支拡張薬に可逆性がある。
  5. β2刺激薬やテオフィリン製剤などの気管支拡張薬やステロイド薬が有効である。
参考項目
  1. 咳は夜間に多く、冷気吸入や運動で誘発される。
  2. アレルギー性疾患の既往や家族歴を認めることが多い。
  3. 末梢血好酸球の増加や血清IgE高値を認めることが多い。
  4. DSCG(disodium cromoglycate)や経口抗アレルギー薬が有効。
  5. 一般の麻薬性、非麻薬性の鎮咳薬は無効であることが多い。

除外項目:咳の原因となる他の心肺疾患や副鼻腔疾患がない。

tyousinki

ありがとうございました。長引く咳がなんなのか不安だったんですが、咳喘息を疑い、呼吸器内科に行ってみようと思います。
慢性の咳の原因には逆流性食道炎もあります。とあわせてご覧ください→逆流性食道炎で喉が痛いことってあるの?風邪と間違えやすい症状とは?

最後に

  • 長引く空咳が特徴
  • 胸の音もレントゲンも異常はない
  • 喘息とは違う
  • 大気汚染が原因
  • 風邪の後に咳だけ続く
  • 繰り返す

うちの長男も、最初は咳喘息と分からず、小児科や耳鼻科、数件目にしてやっと「咳喘息かも」と言われ、その後も大気汚染のひどい日や季節の変わり目、気圧の変化などがきっかてで再発するため、「やっぱり咳喘息」と診断されました。

子供の場合、レントゲンを撮るのに抵抗がある親も多く、風車を吹いてみて、その胸の音を聞いたりして確認する場合もあります。しかし、この咳喘息いずれ止まるでしょうと放置していたら、喘息になってしまう可能性があるので注意し、咳喘息を疑い薬を服用することが大切です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら