脳動脈瘤が心配で、脳ドックを受けようと決意したはいいけど、どこで受けるのがよいのかわからない。

ネットで検索してると、どこも自分のところがよいって書いてるけど、脳ドックの評判ってどうやって決まるの

今回はそんな悩みにお答えします。

Sponsored Link

脳ドックの評判はどうやって決まる?

脳ドックの評判はどうやって決まるのでしょうか?
医師
脳ドックの評判は、以下の3点で決まります。

 

  • 撮影機器
  • 施設の検査数
  • 読影する医師の質

もちろん、たくさん広告を出して、評判を上げることも可能で、そのようにしているところも多々あるでしょうが、本質はこの3点です。

一つ一つ見ていきましょう。

Sponsored Link

脳ドックの撮影機器

当然古い機械よりも新しい機械の方が綺麗に見えます。
またMRは磁場が大きいほど綺麗に見える傾向にあります。

高いお金を払うのならば、1.5T(テスラ)以上の機器を備えている施設を選ぶようにしましょう。

これ以下の機器の場合、本来見える動脈瘤などが見えないこともあります。機械の限界というやつですね。

 

mri02

 

 

もちろんテスラ(T)を上げるほどアーチファクトといって、画像の乱れが増えることもありますので、注意も必要ですが、磁場が高い装置のメリットはデメリットをはるかにしのぎます。

脳ドックの検査数

それなりの検査数をしていないと、普段から脳ドックをしていないということになります。

予約が入らないくらい検査が豊富である施設の方が、その分システムが構築されていますので、このあとお話する読影する医師の質も保たれるはずです。

関連記事)脳ドックの検査内容は?何がわかるの?   脳ドックの料金の相場は?

53930496575949926fefb046cd85898e_s

読影する医師の質

f9b97882e6110b2eed7c270085798739_s

 

脳ドックを撮影しても、それを判断するのは機械ではなく、医師です。
どれだけ高級な設備を完備しても、最後の医師の質が悪ければ、きちんと検査結果として反映されないことになります。

ベストは普段から画像ばかり見ている放射線科専門医ですが、脳外科医や神経内科医も脳の画像は普段から見ていますので、こういった専門家がきちんと読影しているのかを確認しましょう。

関連記事)脳ドックで脳動脈瘤の発見率は?破裂率は?

最後に

医師
今回のポイントのまとめ!
  • 脳ドックの評判は、撮影機器施設の検査数読影する医師の質の3点で決まる。
  • 1.5T(テスラ)以上の機器を備えている施設を選ぶとよい。
  • 検査が豊富である施設の方が、その分システムが構築されている
  • 専門家がきちんと読影しているのかを確認する。

 

せっかく高い脳ドックを受けるのですから、きちんと正しい結果を得たいですよね。

作られた評判ではなく、本質を見極めるようにしましょう。
今回は、その本質を見極めるためのチェックポイントについてお話ししました。

 

広告などの表面的な事に目を奪われそうになりますが、本質をしっかり見極める事が大切ですね。参考になりました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら