月経痛や月経過多、腰痛や吐き気などの症状に悩まされている子宮内膜症の人ってけっこういらっしゃると思います。毎月来るものなので、生理の度に気分まで憂鬱になりますよね。

私も、学生時代から子宮内膜症を患い、色々な治療法を試してきました。子宮内膜症の治療といっても個人差も大きく、効果があったもの、なかったもの、副作用が出るものなど色々あります。

今回は、そんな子宮内膜症の治療法をご説明ピルを使う場合もあるってホント?薬物療法や妊娠したい場合の手術方法を体験談も踏まえ、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

子宮内膜症の治療はどういうことをするの?

子宮内膜症と診断され、先日痛み止めをもらったんですが、これだけでしょうか?他には治療をしないんですか?

医師
子宮内膜症の治療には、段階があります。その段階治療についてご説明します。

  1. 対処療法
  2. 内分泌療法
  3. 保存療法
  4. 根治手術

子宮内膜症の治療の場合、まず、月経痛には痛み止めを、月経過多の場合貧血も考えられるので、鉄剤を補給したりと対処療法をします。次に内分泌療法といって、偽妊娠状態を薬で作りだすことによって、生理を止めたり調整したりする治療をします。これらは薬物を用いる薬物療法といいます。

それでも効果がなかった場合は、保存療法といって子宮を残しつつ、腹腔鏡下手術や開腹手術実際にお腹の中を見て治療します。最終段階は、そもそもの子宮や卵巣を摘出する根治手術を行います。

医師
子宮を摘出すると子宮内膜症はなくなりますが、妊娠できなくなるため、まだ出産経験のない方は大変大きな抵抗となるため、普通はこれ以外の方法をとります。

seirituu

関連記事)意外と多い子宮内膜症の症状をセルフチェックしよう!

薬物療法ではどんな薬を使うの?ピルを使う場合もあるってホント?

ピルって妊娠したくない場合に使う薬ですよね?ピルを使うってホントですか?それ以外にもどんな薬を使うんですか?
医師
薬物療法は対処療法と内分泌療法がありますが、どんな薬を使うのかご説明します。

対処療法と、内分泌療法に分けて、使う薬をご説明します。

対処療法

  • 痛み止め、NSAIDS、非ステロイド性消炎鎮痛薬
  • 漢方薬、芍薬甘草湯、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散など
  • ロイコトリエン、受容体拮抗薬剤

内分泌療法

  • GNRHアゴニスト
  • ダナゾール療法
  • OCs(経口避妊薬)
  • エストロゲン・プロゲストーゲン混合剤(偽妊娠療法)
  • 将来的に期待される薬(ジェノゲスト、GnRHアンタゴニスト、アロマターゼ阻害剤)

妊娠した際に生理が止まるのと同じ状態になるよう、偽妊娠をすることで治療をする方法で、ピルを用いる場合もあります。

Sponsored Link

薬物療法の利点と欠点って?

薬物療法って副作用はないんですか?
医師
薬物療法の利点と欠点をご説明します。

薬物療法の利点

  • 鎮痛座は痛みを抑えられる
  • 漢方薬は併用軽減できる
  • ピルは子宮内膜増殖抑制でき、月経困難症を改善する効果がある
  • ダナゾールはGn産生、子宮内膜増殖抑制、偽閉経療法で有効性が高い
  • GnRHアゴニストは有効性が高く、子宮内膜増殖抑制、偽閉経療法

薬物療法の欠点

  • 鎮痛剤は内膜増殖抑制作用なし
  • 漢方薬は作用が弱い
  • ピルは血栓症や肝機能障害が出る副作用もあり、GnRHより作用が弱い
  • ダナゾールは肝機能障害や男性化する場合もある
  • GnRHアゴニストは骨粗鬆症や更年期障害症状が出る場合があり、投与期間は6カ月まで

私の場合は、まずGnRHを使用したんですが、点鼻薬の場合、アレルギー性鼻炎の私には効きが弱く、途中注射に切り替えたんですが、効果が出ないまま6か月の使用期限を迎えました。そして、ピルの場合は、生理を止められたのは良かったんですが、偏頭痛や肩こり、だるさなどの更年期障害のような症状が強く出てしまい、これ以上副作用の出にくい薬はないと。結局は薬物療法を断念しました。

関連記事)月経困難症とは?症状は?治療法は?

どういう手術方法があるの?妊娠を望む場合は?

将来妊娠を望んでいるんですが、そうした場合にもできる手術方法ってありますか?
医師
手術は2通りの方法があります。手術方法についてご説明します。

syujyutu

保存療法

妊娠を望む場合に行う手術で、疼痛や卵巣チョコレート嚢腫の治療で、腹腔鏡下手術や開腹手術で、子宮を保存する方法の手術です。

根治手術

子宮全摘出+両側卵巣摘出術で、腹腔鏡下手術や開腹手術で行われますが、子宮や卵巣を取ってしまうので、妊娠はもう望めませんので、出産後や年齢が高い人に用いられる方法です。

ありがとうございました。今後やるかもしれない治療法が分かり、大変参考になりました。

最後に

  • 子宮内膜症の治療には、対処療法→内分泌療法→保存療法→根治手術という段階がある
  • 内分泌療法で偽妊娠状態をピルなどを用いて作り出し、治療する場合もある
  • 薬物療法には利点と欠点がある
  • 妊娠を望む場合は保存療法を行う
  • 妊娠を望まない、高年齢や出産後の人には根治手術を行う場合もある

私はとにかく副作用が出やすい体質なので、なかなか使える薬がなかったんですが、日本ではまだ認可のおりていなかった塗るホルモン剤を海外輸入して使うという方法や、女性ホルモンに効果のあるというザクロの実を食べたりすることでしのいできました。

また、子宮の冷えは血行も悪くなり、月経痛がひどくなる原因にもなりますので、冷え性治療が月経痛治療にもつながるので、ぜひ試してみて下さい。

関連記事)子宮筋腫をチェック!症状がない場合もあるの?

Sponsored Link

 

関連記事はこちら