うつ病にはさまざまな種類があります。

患者の症状が、どの種類のうつ病なのか、あるいはうつ病ではないのか判断するのは、専門医でなければ非常に難しいことです。

しかし、専門医に相談する上でも、自分がどの種類のうつ病なのか、おおよそ分かっていれば、診断においての理解をより深める事が出来ると思います。

そこで今回は、うつ病の種類や種類別の診断基準をまとめました。

Sponsored Link

うつ病の種類は?

Category

うつ病にはどんな種類があるのでしょうか?

うつ病には、抑うつ状態が生じる病気の意味しかないので、下記のどの種類に該当するか診断する事が重要となります。

医師
うつ病の種類は、以下の通りです。

 

  • メランコリア型
  • 非定型
  • 不安性の苦痛を伴ううつ病
  • 周産期発症のうつ病
  • 季節性うつ病
  • 精神病性うつ病

 

それでは、上記の3種類について一つ一つ説明して行きます。

Sponsored Link

メランコリア型の診断基準は?

医師
メランコリア型の診断基準は、以下の通りです。

 

最も症状が重い時期に以下のどちらかの症状がある事が必要

  • 何も喜べない・嬉しくない
  • 快適な刺激に対し心が反応しない

その他の条件として、以下の3つ以上に該当する必要がある

  • 深い落胆や絶望感、塞ぎ込んだ気持ち
  • 空虚感
  • 朝の増悪
  • 早朝錯覚
  • 著しい精神運動制止が焦燥
  • 食欲不振や体重減少
  • 過度、および不適切な罪責感

 

メランコリア型は、脳の変化が生じている「内因性」のうつ病です。

Woman (7)

非定型の診断基準は?

Man (8)

医師
非定型の診断基準は、以下の通りです。

 

最も症状が重い場合、以下の症状がある事が必要

  • 気分の反応性(楽しい事で気分が明るくなる)

その他の条件として、以下の2つ以上に該当する必要がある

  • 食欲や体重の増加
  • 過眠
  • 手足が鉛のように重い感覚になる
  • 対人関係で拒絶に過敏

 

非定型も脳に変化が生じる「内因性」のうつ病です。

治す事が難しく、その症状から、周りの人からうつ病と理解してもらえない事も多いです。

不安性の苦痛を伴ううつ病の診断基準は?

zutsuu03

医師
不安性の苦痛を伴ううつ病の診断基準は、以下の通りです。

 

条件として、以下の2つ以上に該当する必要がある

  • コントロールが困難
  • 心配で集中する事が困難
  • 緊張感
  • 落ち着かない
  • 恐怖への予感

うつ病の40%以上が不安障害を伴ううつ病で、このうつ病は、重症度が高く治す事が難しい傾向にあります。

持続性抑うつ障害とは?診断基準は?

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

持続性抑うつ障害とは、抑うつ状態が持続的に最低2年間続いており、症状のある日の方がない日よりも多く、症状がない状態は2ヶ月以上続かない、と定義されています。

これは、うつ病という前提が無くてもよく、持続性抑うつ障害のみの場合は、軽い症状で長く続く抑うつ、持続性抑うつ障害+うつ病の場合は、難治性のうつ病と診断されます。

条件として、以下の2つ以上に該当する必要がある

  • 自尊心の低下
  • 絶望感
  • 集中力の低下
  • 食欲の低下
  • 不眠
  • エネルギーの低下

 

関連記事)うつ病の診断は?症状は?原因は?

まとめ

 

  • うつ病の種類には、メランコリア型非定型不安性の苦痛を伴ううつ病などがある。
  • うつ病には、抑うつ状態が生じる病気の意味でしかないので、どの種類に該当するか診断する事が重要。
  • メランコリア型・非定型は、脳の変化が生じている「内因性」のうつ病
  • うつ病の40%以上が不安障害を伴ううつ病で、このうつ病は、重症度が高く、治す事が難しい傾向にある。
  • 持続性抑うつ障害とは、抑うつ状態が持続的に最低2年間続いており、症状のある日の方がない日よりも多く、症状がない状態は2ヶ月以上続かない、と定義されている。

 

うつ病と言っても種類は色々あるのですね。正しく診断されることが大切ですので、専門医にしっかり相談する事が大切だと感じました。参考になりました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら