Testicular torsion Eye-catching image

 

夜間に突然陰嚢部が痛くなる「精巣捻転症(せいそうねんてんしょう)」

思春期に好発しますが、新生児でも発生しやすいものです。

そのため、本人だけでなく、親も気になるのが原因や症状ですが・・・

今回は精巣捻転(Testicular torsion)について

  • 原因
  • 症状
  • 診断
  • 治療

などを図(イラスト)や実際のMRI画像を用いて徹底的にまとめました。

参考になさってください。

Sponsored Link

精巣捻転症とは?

精巣捻転とは陰囊内で起こる病気の中で、比較的頻度が高く、文字通り、精巣が捻れる(ねじれる)病気です。

捻れると、精巣を栄養している血管も捻れ、血流が途絶えることになり、精巣は虚血から壊死へと進行します。

Testicular torsion

壊死にまで至ると、腐るということですから、精巣を摘出する必要があります。

医師

そのため、そうなる前に病院を受診して、診断、治療を受ける必要があるのです。

精巣捻転が起こりやすい年齢は?

  • 新生児期
  • 思春期

の2つのピークがあると言われています。

新生児期の場合は、鞘膜外捻転といって全体が捻転してしまうことが多く、気づいた時にはすでに出血壊死を起こしており、精巣の摘出が必要になることが多いと言われます。

Testicular torsion figure1

精巣捻転症の原因は?

精巣は発生の過程で、下降してきて陰嚢内に固定されます。

この、

  • 下降
  • 固定

が十分でない場合に、捻転が起こりやすくなると言われています。

とくに停留精巣という下降が十分でない状態の場合は、捻転を数倍起こしやすいと言われています。

ちなみにこの停留精巣は精巣腫瘍のリスクも高くなります。

 

しかし、明らかな誘因がなくても発症することがあります。

Sponsored Link

精巣捻転の症状は?

精巣捻転の症状は、どのようなものがありますか?
医師
以下のようなものがあります。

とくに突然の痛みが特徴です。

  • 突然の陰囊の痛み
  • 陰囊の腫脹・発赤・腫脹・圧痛
  • 精巣挙上
  • 同側下腹部への放散痛
  • 随伴症状として、悪心・嘔吐・腹膜刺激症状など
このような症状がある場合、どの科を受診すればいいですか?
医師
泌尿器科が専門科となります。

その他、精巣捻転に似た症状を起こす病気

陰囊の痛みは、精巣捻転のみで起こるわけではありません。

陰囊の痛みや腫脹、発赤を起こす症候群を急性陰嚢症と言います。

これに含まれる病気は精巣捻転以外には、

  • 急性精巣上体炎
  • 精巣炎
  • 精巣腫瘍
  • 精巣梗塞
  • 外傷

などが挙げられます。

とくに、頻度としては急性精巣上体炎が高いとされます。

関連記事)急性陰囊症とは?精巣捻転とは?

精巣捻転症ってどうやって診断する?

突然の陰囊の痛みで泌尿器科を受診したところで、どのように精巣捻転と診断するのでしょうか?
医師
診察と画像検査がメインとなります。

精巣捻転の診断には、

  • 立った状態で片側精巣の挙上がある
  • Prehn’s signが陰性である
  • エコー検査・MRI検査で精巣の血流低下がある

といったところから総合的に診断します。

Prehn’s signとは?(プレーン徴候)
手で精巣を挙上すると痛みが軽減する場合は、精巣上体炎を疑う。
精巣上体炎と精巣捻転の鑑別に使われる。
精巣捻転の場合は、この方法で、痛みが軽減しない

精巣捻転のエコー・MRI画像は?

精巣捻転の画像診断で重要なことは、

  • 精巣の血流低下
  • 精巣内の出血壊死

を同定することです。

それぞれ、MRI及びエコーでのこれらに相当する所見は以下の通りです。

Testicular torsion mri findings

MRI エコー
血流低下 ダイナミックMRIで造影低下-欠損。 ドプラーエコーで血流低下-欠損。
出血壊死 T2強調像もしくはT2スター強調像で点状、線状低信号。 グレースケールで不均一な低エコー。

症例 10歳代 男性 突然の左陰囊の痛みで救急外来受診。

Testicular torsion mri findings1

造影MRIで右(向かって左)の精巣はよく造影されていますが、左(向かって右)の精巣には造影効果を認めていません。

左精巣捻転と診断されました。

症例 10歳代男性

Testicular torsion mri findings2

T2強調像の冠状断像において、左の精巣に出血壊死を疑うような異常な低信号は認めません。

左陰嚢に陰嚢水腫を認めています。

造影MRI T1強調像において右精巣の造影効果に比べて、左は造影されていないことがわかります。

左精巣捻転と診断されました。

精巣捻転症と診断されたら治療は?壊死までのタイムリミットは?

精巣捻転と診断されたら、捻れの解除が必要です。

自然に捻れが解除されることもありますが、基本的には、手術が必要です。

そして、発症から

  • 6-12時間以内にこの捻転整復

を行う必要があると言われ、24時間以上経過すると、精巣を温存できる確率が下がるといわれています。

参考文献:
病気がみえる vol.8 腎・泌尿器P338〜340
泌尿器のCT・MRI P226〜229
STEP 泌尿器 P324・325

最後に

精巣捻転症について、ポイントをまとめます。

  • 精巣がねじれる病気を、精巣捻転症という
  • 精巣捻転症は、新生児期や青年期に起こりやすい
  • 明らかな誘因がなくても起こる
  • 突然起こる陰嚢の痛みが特徴
  • 診察と画像検査で診断する
  • 手術で捻れの解除が必要

 

精巣捻転は緊急手術が必要となる、緊急度の高い病気です。

痛みを我慢したり、薬で誤魔化しても、根本治療にはなりません。

根本治療は手術により、ねじれを解除することです。

精巣を摘出しなければならないということを避けるためにも、急な陰囊の痛みには注意が必要で、速やかに泌尿器科を受診しましょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら