現在のがん治療は、手術抗がん剤治療放射線治療が三大治療とされていますが、この中でも放射線治療は、治療機器の進歩、そして生活の質を下げない治療法として、世界的に注目されています。

それでは、放射線がん治療とはどのような治療法なのでしょうか?また、放射線治療をする事で利点はあるのでしょうか?

今回は、放射線がん治療や種類、利点についてまとめました。

Sponsored Link

放射線がん治療とは?

Cancer

X線やガンマ線、電子線といった放射線をがん細胞にへ照射すると、がん細胞は分裂が出来なくなり、増えることを抑えることが出来ます。

その際、正常な細胞への放射線の影響を出来るだけ少なくし、がん細胞だけに最大の効果を発揮できるように照射法を工夫して治療するのが放射線がん治療です。

この治療には、がんの治療のみを目的として行われる場合と、抗がん剤治療や手術などの他の治療と併用して行われることもあります。

手術との併用では再発を防ぐために手術の前後に用いたり、がんの種類によっては手術中にがんに放射線を当てる場合もあります。

また、骨に転移したがんによる痛みの緩和や、神経を圧迫してしびれや痛みの原因になっているがんを治療するときにも行われます。

Sponsored Link

放射線がん治療の種類は?

医師
放射線がん治療には2つの種類があります。

根治的放射線治療

これは、体内にあるがん細胞を根絶する事が目的で行なわれる治療法です。

確立した標準治療としての根治的放射線治療
  • 機能温存・形態温存が重要ながん
  • 根治が可能な局所進行がんや切除不能ながん
  • 根治が期待できる再発がんや転移がん
標準治療が出来ない場合の根治的放射線治療
  • 高齢者や医学的に手術が不可能である場合の第二選択肢である放射線治療

 

緩和的放射線治療

これは、がんによる症状を和らげる事が目的である治療法です。

患者の生活の質の改善や維持に不可欠な放射治療
  • 骨転移に疼痛や神経症状(麻痺など)
  • 脳転移による頭痛や嘔吐、神経症状
  • がんによる気道狭搾による呼吸困難
  • がんによる食道の通過障害
  • がんによる出血

 

欧米ではがん治療において放射線治療を選択する患者が約60%いるのに対し、 日本では全体の約30%が受けているに過ぎません。これは、日本では放射線治療へのイメージが悪く、手術を選択してしまうケースが多い と言えます。

また、日本は欧米と比較して放射線治療の専門家がきわめて少ないという状況もあり、医学カリキュラムも放射線医療に関しては十分な時間が確保されていないという教育制度上の問題もあるようです。

doc

放射線がん治療の利点は?

64c6103a1092189520590f3148659262_s

放射線がん治療の利点はありますか?
医師
利点はいくつかありますので、以下にご説明します。

手術できない患者でも治療が可能

  • 局所進行切除不能がん
  • 高齢の患者や低身体機能の患者など

広範囲における治療が可能

  • 頭の先から足の先までの広い範囲
  • 早期から進行・再発がんまでの広い範囲

切らずに治すことが可能

  • 機能温存・形態温存が可能
  • 傷跡などがないと患者の満足度は大きい

 

関連記事)

 

まとめ

  • がん細胞だけに最大の効果を発揮できるように照射法を工夫して治療するのが放射線がん治療。
  • 放射線がん治療には、根治的放射線治療緩和的放射線治療がある。
  • 放射線がん治療の利点には、手術できない患者でも治療が可能な点広範囲における治療が可能な点切らずに治すことが可能な点がある。

 

がん治療には、放射線による治療も選択肢としてある事を頭に入れておきたいです。参考になりました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら