放射線の技術は確実に進歩してきており、現在では、病巣を三次元で立体的に捉え、正常組織への影響を最小限に抑えながら効率的にがん細胞を攻撃して治療する事も可能となっています。

特に、がんにおける放射線治療の活用方法は幅広く、最近では、高精度に照射部位を絞ったり、重粒子線などを用いることによる治療方法も広がり、個々のニーズに合った治療選択ができるようにもなっています。

そんな高精度放射線治療には、どのような種類があるのでしょうか?また、その利点は?

これからの最新医療を知る上で、知識として備えておきたい高精度放射線治療についてまとめました。

Sponsored Link

最先端の放射線治療、高精度放射線治療の種類

Category

放射線治療の進歩はめざましく、それに伴い治療における成果も上がってきています。放射線治療は、手術と違い体への負担も少なく抗がん剤と比べると副作用も少ない大変優れた治療法となっています。

現在、最先端の放射線治療とされる、高精度放射線治療は、病巣を三次元で立体的に捉え、正常組織への影響を最小限に抑えながら効率的にがん細胞を攻撃して治療できるものです。

医師
その高精度放射線治療の主な種類は以下の3つです。

 

  • 定位放射線治療(SRT)
  • 強度変調放射線治療(IMRT)
  • 粒子線治療(陽子線治療・炭素線治療)

 

それでは、高精度放射線治療の3種類を順にご説明してきます。

 

関連記事)MRIの原理を簡単にわかりやすく解説!

 

定位放射線治療(SRT)とは?

例えば、早期肺がん放射線治療を行なう場合、以前でしたら、腫瘍の周りだけでなく、腫瘍の後方の肺組織にも高線量域が広がる事もありました。

医療現場では、肺がんそのものには大線量を照射したい一方、正常肺組織への照射線量は可能な限り減らしたいと考えるものです。
そのような難しい技術を可能にしたのが、定位放射線治療(SRT)です。

定位放射線治療(SRT)とは、腫瘍の位置を正確に定めた放射線治療のことです。

定位放射線治療(SRT)の利点

  • 3次元的に多方向から高精度な照射が可能である。
  • 周囲臓器の線量を抑えながら腫瘍に高線量を集中できる。
  • 外科手術が困難な部位にある病変に対しても治療可能。

point5

 

強度変調放射線治療(IMRT)とは?

Woman 4

 

強度変調放射線治療(IMRT)とは、照射野内の放射線の強度を変調させた放射線治療のことです。

リンパ節転移など少し進行しているが遠隔転移の認められないがんや、近くに放射線に弱い直腸などの正常臓器がある前立腺がんなどに用います。

広範囲に放射線をあてる場合や、あてたい場所の近くに放射線に弱い臓器がある場合に、多方向から強さを調節した放射線を分散させることで、周囲の臓器の影響を今までの放射線治療よりも減らす事が可能です。

強度変調放射線治療(IMRT)の利点

  • 3次元原体照射(3DCRT)より線量集中性が優れている。
  • 腫瘍が周囲の臓器と近接したり、取り囲んだりしていても、正常組織への線量を増やさずに腫瘍への高線量照射が可能。

 

粒子線治療(陽子線治療・炭素線治療)とは?

doc

粒子線治療(陽子線治療・炭素線治療)とは、どのようなものですか?
医師
粒子線治療について、以下にご説明します。

 

粒子線治療とは、陽子や炭素イオンを光速の60~80%まで加速させて照射し、体の深部のがんを攻撃する治療方法です。

 

粒子線治療(陽子線治療・炭素線治療)の利点

  • X線より体内における線量分布が良く、ある一定の深さでのみ高い線量が照射され、他の部分の照射線量は低い。
  • X線より物質に与えるエネルギーが大きい。
    ―炭素線はX線の3倍の治療効果、陽子線は1.1倍の効果がある。
    ―炭素線はX線抵抗性のがんでも強い治療効果を発揮する。

粒子線治療が有効と考えられる腫瘍

陽子線治療

小児腫瘍

炭素線治療

頭頸部や後腹膜、骨盤などの体幹部肉腫

陽子線治療および炭素線治療
  • 頭蓋底・軟骨肉腫
  • 頭頸部がん
  • 肝臓がん
  • 非小細胞肺がん

Sponsored Link

主な疾患別高精度放射線治療

医師
主な疾患別高精度放射線治療を以下にご説明します。

頭頸部がん

頭頸部には嚥下や咀嚼、発声、呼吸など、非常に重要な機能がありますので、いかに機能を温存するかが大切なポイントとなります。
上咽頭がん・中咽頭がん・下咽頭がん・喉頭がん・上顎洞がん・口腔がんなどに対してIMRTを含む放射線治療が行なわれます。

肺がん

リンパ節転移や遠隔転移のない原発性肺癌や肺以外に転移のない転移性肺癌には、体幹部定位放射線治療が行われます。

前立腺がん

前立腺がんの病期や合併症などを視野に入れ、根治的治療手段の一つとなるIMRTが行なわれる。

 

関連記事)MRIとCTの違いは?徹底的に大特集!

まとめ

  • 高精度放射線治療の主な種類には、定位放射線治療(SRT)強度変調放射線治療(IMRT)粒子線治療がある。
  • 定位放射線治療(SRT)とは、腫瘍の位置を正確に定めた放射線治療
  • 強度変調放射線治療(IMRT)とは、照射野内の放射線の強度を変調させた放射線治療
  • 粒子線治療とは、陽子や炭素イオンを光速の60~80%まで加速させて照射し、体の深部のがんを攻撃する放射線治療

 

放射線治療の進化を知り、将来の医療への希望が持てるようになりました。ありがとうございました。

 

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら