高齢化が進む中、認知症への関心も大きな広がりをみせていますが、その実情を把握されていない方も多いと思います。

もし、自分の親などの近親者に認知症が現れてもその基礎知識がないと不安も大きくなるものです。

そこで今回は、認知症への理解を深める基本的な部分についてまとめました。

Sponsored Link

認知症とは?

Woman (6)

認知症の定義を教えて下さい。
医師
認知症疾患治療ガイドラインによると、以下のようになります。

認知症とは、一度正常に発達した認知機能が後天的な脳の障害により持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態。

Sponsored Link

認知症の診断基準は?

 

医師
診断基準は以下の通りです。
  1. 記憶(短期・長期)の障害
  2. 次のうち少なくとも1項目以上に当てはまる。
    ・抽象的思考障害
    ・判断の障害
    ・失語・失行・失認・構成障害
    ・性格変化
  3. 1,2の障害により、仕事・社会生活・人間関係が損なわれ支障を来たしている
  4. 意識障害の時には診断しない。(せん妄の除外)
  5. 病歴や検査から脳の器質的疾患の存在が推測できる。

 

診断の際は、「仕事・社会生活・人間関係が損なわれ支障を来たしている」点が特に重要視されます。

Category

 

認知症の基礎疾患

認知症には70以上の病気が含まれています。

医師
主なものを以下に挙げました。

4大認知症

  • アルツハイマー型認知症 =50%
  • 脳血管性認知症=10~15%
  • レビー小体型認知症=15~20%
  • 前頭側頭葉変性症=5%

その他の疾患

  • 内科的疾患(ホルモン異常・肝不全・呼吸不全・腎不全など)
  • 中毒(コルサコフ症・水銀・シンナーなど)
  • 脳外科的疾患(特発性正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫・脳腫瘍など)
  • 感染(AIDS脳症・進行麻痺・単純ヘルペスなど)
  • 大脳皮質基底核変性症、進行性核上麻痺、多発性硬化症など

 

関連記事)アルツハイマー型認知症の症状は?進行するとどうなるの?

 

認知症の症状は?

fa874a70cdbd1ec0ec8f5502fcef1737_s

認知症の症状、徴候などについて教えて下さい。
医師
認知症の初期での症状は以下の通りです。

 

  • 同じことを何度も言ったり聞いたりするようになった。
  • 失敗増え、言いわけをする事が多くなった。
  • 自分の失敗や過ちを人のせいにするようになった。
  • 日付、曜日、月がわからなくなった。
  • いつもの道がわからなくなった。
  • 物をなくす事が多くなった。
  • とられ妄想が起こるようになった。
  • 勘違いや誤解が多くなり、話のズレが生じるようになった。
  • 相手の意見を聞かなくなった。
  • 判断や決定することが不可能となった。
  • 怒りっぽくなり、イライラが多く、落ち着かなくなった。
  • 以前よりもひどく疑い深くなった。
  • 薬の管理ができなくなった。
  • 買い物や預金を無意味におろすなど、お金の管理が出来なくなった。
  • 身だしなみに構わなくなった。
  • お化粧をしていたのにしなくなった。
  • ぼんやりしていることが増えた。

 

認知症の検査は?

Doctor (3)

医師
認知症の検査は以下のように検査を行い診断をします。

 

  1. 患者の身近な方に生活の情報と今までの経歴と詳細な病歴を聞きます。
  2. ご本人様にも同様に聞きながら、記憶の障害が加齢に伴う正常なものか、病的な物忘れなのかを診察します。
  3. 簡単な記憶テストををします。
  4. 補助検査
    ・神経心理検査
    →単純な神経心理検査―軽度なものには、早期診断は困難
    →複雑な神経心理検査は有用
    ・画像診断
    →形態画像(MRI)機能画像(SPECT)-軽度には必要
  5. 生化学検査
    ・リン酸化タウ蛋白など

 

関連記事)脳のMRI検査にかかる時間は?子宮や腰・膝の場合は?

まとめ

  • 認知症とは、一度正常に発達した認知機能が後天的な脳の障害により持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態。
  • 診断の際は、仕事・社会生活・人間関係が損なわれ支障を来たしていることが特に重要視されます。
  • 4大認知症として、アルツハイマー型認知症脳血管性認知症レビー小体型認知症前頭側頭葉変性症がある。
  • 認知症の症状として、物忘れが多くなったり、これまで出来ていたことが出来なくなることが多い。
  • 認知症の検査では、患者やその家族への医師からの詳しい聞き取りが大切となる。

 

認知症の基礎的な知識を得る事が出来ました。ありがとうございました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら