「長く続く腹痛」、「おりものが増えた」、「性交による痛み」、この様な症状がある場合は、性感染症による症状かもしれません。
そのような疑いがある場合は、検査を受ける事になりますが、その際パートナーも一緒に受けることが大切です。

今回は、性感染症の中でもクラミジアについて取り上げ、その感染経路やリスクについてまとめました。

Sponsored Link

性感染症のクラミジアとは?感染経路は?

Woman (3)

クラミジアは、日本における性病罹患率で常に1位となる性感染症(STD)です。感染者数は推定で約100万人、特に10代の若者の間では10人に3人が感染しているという報告もあります。

クラミジアを引き起こすのは、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる病原体で、球状もしくは卵形の形状をしたており、生きた細胞の中だけで増殖することが可能です。

クラミジアは大変感染率が高い上に、初期症状は男女ともほとんど見られないことも多く、これがクラミジアの感染の拡大に大きく影響していると考えられています。

クラミジアの感染経路は?

感染経路について教えてください。
医師
普通の生活をしている男女でも性感染症は広がる可能性があります。

それは感染には連鎖作用があり、過去にお付き合いしていた方→そのお付き合いしていた方の以前のパートナー→そして・・・この様に永遠に続く連鎖により、過去のどこかで誰かが性感染症に感染していると、現在のご自分にそのリスクが及ぶ事もあるのです。

この様に性感染症が怖い点は、以下の2つです。

  1. 感染しても、ほとんどの人は気付かない。
  2. 自分で気付かないうちに他人にうつす危険性がある。

Sponsored Link

クラミジアに感染するリスクが高い人は?

性経験がある女子高校生のクラミジア感染率は、約13%=7人に1人となっています。これは世界的にみても高い数字です。

さらに、初めて性交した人ほどクラミジア感染率が高いことが分かっていますが、これには以下のことが挙げられます。

  • 若い世代の性行動の活発化によるもの。
  • クラミジアは、若い女子に感染しやすい。

 

10代の女子は子宮の発達がまだ未熟であり、膣内細菌叢の形成が不十分で頸管粘液が少ないため、クラミジア感染に好都合だと考えらています。

そのため、10代女子で性交渉の経験があるだけで、クラミジアのハイリスクとなるわけです。
また、10代でクラミジアに感染すると、以下の様なリスクがあります。

  • PID(骨盤内炎症性疾患)になるリスク
  • 卵管炎になるリスク

 

上記の2つは、将来、子宮外妊娠や不妊のリスクに繋がる可能性もあります

医師
そのために、10代女子で性交経験がある場合は、何も症状がなくてもクラミジアスクリーニングをおすすめします。

Girl (19)

クラミジアのスクリーニングとは?

クラミジアは、病状が進行するまでは基本的に症状がなく、進行すると骨盤腹膜炎の状態になり治療が難しくなります。

また、自覚症状のないまま不妊慢性的な骨盤痛の原因となることもあり、さらに、クラミジア感染を治療しない状態で出産した場合、産まれてくる赤ちゃんの結膜炎肺炎の原因となる可能性もあります。

クラミジアスクリーニングを受けた女性で骨盤内感染症の頻度が減少したという報告もあり、クラミジアスクリーニングは骨盤内感染症のリスクを減少させる可能性があるようです。

早めに治療をすることで将来の不妊症などのリスクも減少させることもできますので、お受けになることをおすすめします。

クラミジアスクリーニングは尿検体でチェック出来ます。

クラミジアの治療方法は?

検査でクラミジア陽性の場合に以下の治療をおこないます。

  • アジスロマイシン1000mg投与
  • 内服後1週間禁欲
  • 3~6ヵ月後に再検査

また、クラミジアの治療のみで安心せずに、1つの性感染症を見つかれば他の性感染症に罹っている可能性も高いですので、以下の検査をする事もおすすめされます。

  • 淋菌:尿検体
  • 梅毒、HBV、HIV、HCV:血液検査
  • トリコモナス:帯下検査(鏡検、または培養)

 

関連記事)

まとめ

  • クラミジアは、日本における性病罹患率で常に1位となる性感染症(STD)。
  • 普通の生活をしている男女でも性感染症は広がる可能性がある。
  • クラミジアは、若い女子に感染しやすく、10代女性と言うだけで高リスクとなる。
  • 10代でクラミジアに感染すると、骨盤内炎症性疾患や卵管炎になるリスクがあり、将来、子宮外妊娠や不妊のリスクに繋がる可能性もある。
  • 性交経験のある10代女性は、クラミジアスクリーニングがすすめられる。
  • 1つの性感染症を見つかれば他の性感染症に罹っている可能性も高い

 

若い女性では将来の不妊の可能性にも繋がるクラミジアなのですね。周りの女子にクラミジアスクリーニングの大切さを知らせるようにします。ありがとうございました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら