化学の実験をしていて、塩酸がはねて眼に入ったということはまれにあります。

  • 塩酸が眼に入った。
  • すぐに眼を洗浄した。
  • でもその後も眼の痛みがある。

こんな場合、どうすればいいのでしょうか?洗ったら、広がってしまうのではないか?などと思ってしまいます。今回は、薬品が眼に入った場合の初期対応と治療方法、診察方法などについてまとめました。

Sponsored Link

眼の化学外傷とは?

Woman (35)

酸性・アルカリ性の化学物質による角膜障害を眼化学外傷と呼びます。意外にも、アルカリ性の方が組織浸透が高く重症度が高いとされます。

眼化学外傷の症状は?

眼化学外傷の症状には、

  • 眼の痛み
  • 充血
  • 流涙
  • 視力低下

などがあります。

医師
受診する科は当然眼科です。

Sponsored Link

眼の化学外傷で診察することは?

どんな診察をしますか?
医師
フルオレセイン染色を行います。
  • 前眼部にフルオレセイン染色

をすることで、角膜のびらんの様子を確認します。フルオレセイン染色とはフルオレセイン試験紙を用いて、眼の表面である角膜や結膜の傷、びらんを分かりやすくする検査です。

角膜のびらんがあれば、そこは緑色に染色され浮かび上がります。

Fluorescein

フルオレセイン染色をしてはいけない場合は?

医師
この染色をしてはいけない、しないほうが良いケースは以下の2通りです。
  1. 眼球穿孔・眼球破裂があるとき
  2. ソフトコンタクトレンズをしているとき

Man (15)

眼の化学外傷の対応・治療は?

眼科に行く前にできることは何でしょうか?
医師
とにかく早く洗うことです。

眼科を受診する前に、できることは、できるだけ早く生理食塩水で洗浄をすることです。これは塩酸に限らず、薬品が入った場合は共通です。

生理食塩水がない場合は、水でも結構です。その場合、シャワーで拡散することがお勧めです。薬品を飛ばすことが重要です。

その後、眼科受診によりステロイドの内服や点滴の治療が行われます。

最後に

塩酸など薬品が目に入った時はつい慌ててしまい、何をしたらいいのかわからないと思います。

大事なことは、

  • できるだけ早くしっかり洗浄すること。
  • 眼科を速やかに受診すること。

が重要です。

医師
はいった薬品などを眼科に行って見せることも大事ですね。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら