胃がんと診断された後、どのように治療方針が決まるのでしょうか?

胃がんの進行度はがんの壁深達度(胃壁のどの程度まで深く入り込んでいるか)、リンパ節や他の臓器への転移の状態に基づいてステージ分類され、それにより評価されます。

さらにそのステージ分類されて、どのように治療されるのかについてまとめました。

Sponsored Link

胃がんの治療方法はどうやって決まる?

胃がんの治療の方法ってどうやって決まりますか?
医師
以下の2点をチェックして決定します。

がんの広がり、深さをチェックする。

  • 胃X線検査(バリウム検査)
  • 胃内視鏡検査
  • 超音波内視鏡検査:壁深達度を診断する。

これら3つの検査を用いて、がんの広がりや深さをチェックします。

gastric cancer

転移、胃周辺臓器への浸潤の有無をチェックする。

  • 超音波検査
  • CT検査、MRI検査、PET検査
  • 注腸検査

などの検査を用いて、胃がんの転移の有無や周囲臓器への浸潤の有無をチェックします。

関連記事)バリウム検査で胃底腺ポリープが多発!治療が必要?画像あり。

胃がんの肉眼型分類とは?

医師
まず胃がんを見て、胃壁に深く入り込んでいるか、表面のみかで分けられます。

胃壁に深く入り込んだ胃がんを進行胃がん(Borrman分類)、表在型(固有筋層に浸潤していない)の胃がんを早期胃がんと分類します。

進行胃がんはその形状により1-4型に分けられます。また早期胃がんも形態により

  • 隆起したもの0-Ⅰ型
  • 平坦なものを0-Ⅱ型(中でもⅡa-cに分かれる)
  • 陥凹したものを0-Ⅲ型

と分類されます。

胃がんの分類
  • 早期胃がん:がんの浸潤が粘膜下層までにとどまっているもの。
  • 進行胃がん:がんの浸潤が粘膜下層を超えているもの。

 

そして胃がんのうち、早期胃がんで見つかれば、ガイドラインに基づいた治療をきちんと受ければ、9割以上の人が胃がんで命を落とすことはないと言われています。

病期分類とは?

医師
リンパ節の転移の有無、他の臓器への転移の有無が問題となります。

最新の胃がん取り扱い規約(2010年3月第14版)では、リンパ節の個数により転移を分類するように変更になりました。

胃がんのN分類(リンパ節転移)

  • N0:領域リンパ節に転移を認めない。
  • N1:領域リンパ節に1-2個の転移を認める。
  • N2:領域リンパ節に3-6個の転移を認める。
  • N3:領域リンパ節に7個以上の転移を認める。
  • N3a:領域リンパ節に7-15個の転移を認める。
  • N3b:領域リンパ節に16個以上の転移を認める。

 

その他は、

  • 肝臓への転移の有無
  • 腹膜転移の有無
  • 腹腔細胞診
  • 遠隔転移の有無

により、分類されます。

腹腔細胞診とは胃がんの手術をする際に、ダグラス窩を生理食塩水で洗います。その際の洗った液体を保存して、病理検査に出します。ここでがん細胞があれば、CY1、なければ、CY0と分類されます。

Doctor (3)

Stage(進行度分類)分類とは?

  • T分類:胃がんが胃壁のどの程度まで進展しているか。
  • N分類:リンパ節への転移はいくつあるか。
  • M分類:肝臓、肺、腹膜などの遠隔転移はあるか。

これらの3つを総合して進行度分類であるStage分類が行われます。

N0 N1 N2 N3 遠隔転移がある。
T1a ⅠA ⅠB ⅡA ⅡB
T1b ⅠA ⅠB ⅡA ⅡB
T2 ⅠB ⅡA ⅡB ⅢA
T3 ⅡA ⅡB ⅢA ⅢB
T4a ⅡB ⅢA ⅢB ⅢC
T4b ⅢB ⅢB ⅢC ⅢC
遠隔転移がある
医師
下に行くほど、右に行くほどがんが進行しているということができます。

病理学的に分類とは?

Category

さらにがんは病理学的に分類されます。まず胃の上皮の腫瘍(上皮性悪性腫瘍)と上皮以外の腫瘍(非上皮性悪性腫瘍)に分けられます。

上皮性悪性腫瘍

上皮性悪性腫瘍の方が、非上皮性悪性腫瘍よりも頻度は圧倒的に多いとされます。上皮性悪性腫瘍では腺がん(adenocarcinoma)が多いとされ、腺がんの中でも分化度が高いもの(高分化型腺がん)と低いもの(低分化型腺がん)に分けられます。

※胃がんの9割は腺がんです。ほとんどは腺がんと考えてOKです。

高分化型腺がん
  • 乳頭腺がん(pap)
  • 管状腺がん:高分化(tub1)、中分化(tub2)
低分化腺がん
  • 低分化腺がん:充実型(por1)、非充実型(por2)
  • 印鑑細胞がん(sig)
  • 粘液がん(muc)

さらには腺がん以外の稀ながんとして、扁平上皮がん、腺扁平上皮がん、カルチノイド腫瘍などがあります。

非上皮性悪性腫瘍

  • 悪性リンパ腫
  • 消化管間葉系腫瘍(GIST)
  • 平滑筋肉腫
  • 悪性神経鞘腫

などに分類されます。

胃がんの治療方針は?

胃がんの場合は、骨に転移などがあれば放射線治療されることもありますが、基本的には、

  • 手術
  • 化学療法(抗がん剤治療)

により行われます。

手術ができるかどうかは、遠隔転移があるかないかで決まります。遠隔転移があれば、手術療法ではなく、化学療法がメインとなります。

遠隔転移がない場合の治療方針は?

壁の進達度や、リンパ節転移の有無により治療方針が決まります。当然、進行度が低いものほど、非侵襲的な手術がされます。非侵襲的な手術とは内視鏡による手術です。

  • 内視鏡的治療
  • 胃定型手術
  • 胃定型手術+合併手術

また、手術をした後も

  • 経過観察(化学療法をしない)
  • 化学療法

の2つがあり、これも進行度により、化学療法をするかどうかを決定します。

関連記事)胃がんの内視鏡手術の適応は?

最後に

まとめますと、胃がんの治療方針は、

  • 胃がんが胃の壁のどの程度まで浸潤しているか。
  • リンパ節転移があるかどうか。
  • 他の臓器への転移(遠隔転移)があるかどうか。

により決まり、治療としては、

  • 内視鏡治療
  • 外科的手術
  • 化学療法(抗がん剤治療)

が選択されるということです。

関連記事はこちら

Sponsored Link

 

関連記事はこちら