ブライダルチェック・・・

気になっているのですが、実際どのようなものなのでしょうか?

医師
耳にしたことはあっても実際にどのようなことをするのかわからないと不安ですよね。

 

「ブライダル」と聞くと結婚前にする検査だと思われがちですが・・・

実際は、

  • 結婚前に限らず、妊娠や出産を控えた女性
  • 結婚前、もしくは結婚予定は無いけれど、将来の妊娠や出産を考えている女性

を対象とした婦人科系の検診をブライダルチェックと言います。

それでは、このブライダルチェック、実際にどのような事をするのでしょうか?

またその費用も気になります。

そこで今回は、女性の方必見!ブライダルチェックについて

  • 概要
  • 費用
  • 内容

などを紹介します。

これからブライダルチェックをお考えの方のお役に立てば幸いです。

ブライダルチェックとは?知っておきたい女性の新常識!

冒頭でもお伝えした通り、「ブライダル」と聞くと結婚前にする検査だと思われがちですが、

ブライダルチェックの対象者は・・・

妊娠や出産をお考えの方で、結婚の有無や年齢は関係ありません。

なるほど・・・

あくまでも自分が妊娠できる状態なのかをチェックするものなのですね。

 

ブライダルチェックを受ける事で、初期症状に気づきにくい婦人科系トラブルの早期発見が出来、それにより治療を進める事が出来る利点があるのです。

たとえば、子宮や卵巣になんらかの異常があると、妊娠自体が困難になります。

また、性感染症(STD)に感染していると、不妊症の原因となったり、胎内にいる赤ちゃんにも産道感染し、流産や死産につながることもあるのです。

 

そうなんですね・・・

 

子宮や卵巣の異常や性感染症は、進行するまで自覚症状が現れないことも多く、症状がでてから婦人科を受診したのでは、「自然妊娠は困難」という可能性もあります。

 

医師
そうならないためにも・・・

ブライダルチェックを事前に受け、妊娠や出産の弊害になる病気がないかをチェック、もしくは早期発見・治療を行うことがススメられます。

 

ひとつ注意していただきたいのは、ブライダルチェックは不妊検査ではない点です。

ブライダルチェックを受けることで、不妊の原因が発見される事もありますが、見逃されることもあります。

もし不妊でお悩みの場合は、不妊検査を受けることをオススメします。

ブライダルチェックの口コミを紹介!

医師
ここで、ブライダルチェックに関する口コミも紹介します!

 

 

自分は大丈夫と思いがちですが・・・

あらためてブライダルチェックの大切さを感じました。

 

 

 

その通りですね。

将来に備えるためにも大切な事だと思います。

 

 

 

男性のブライダルチェックもあるのですね。

 

医師
そうなんです!

ブライダルチェックは女性限定ではなく、男性のブライダルチェックもあるのですよ。

男性のブライダルチェックの記事はこちら

ブライダルチェックの男性の内容は?

 

 ブライダルチェックはどこで受けられるの?

ところで・・・

ブライダルチェックはどこで受ける事ができるのでしょうか?

医師
以下の医療機関で受けることが可能です。
  • 産婦人科や婦人科
  • 不妊治療を扱っている病院

などです。

産婦人科や婦人科は一般的ですが、不妊治療を扱ってる病院とは、妊娠前の方を対象に検査から治療までを行なっている病院で、人目を気にする方にも安心な「プライバシーを守るシステム」を取り入れたところも多くあります。

 

プライバシーを守るシステムとは?

プライバシー守るシステムは、医療機関によっても異なりますが、

  • 一切名前を呼ばれることなく、番号や専用携帯で呼び出される
  • 防音システムの個室完備
  • 完全予約制

 

次に、気になる費用について紹介します!

ブライダルチェックの費用は?

ブライダルチェックの費用はどのくらいになるのでしょうか?

費用は受診する医療機関や検査項目によって異なりますので、あくまで目安ですが、

20,000~50,000円くらい

となる事が多いです。

 

結構な金額になるのですね。

保険は適用されないのでしょうか?

 

ブライダルチェックとして検査を受ける場合は、治療ではないので自費になり、保険も適用されません。

 

医師
しかし、以下の方法で費用を抑える事が可能ですよ。
  • 会社や自治体、国の補助で健康診断を受けることで、乳がんや子宮頸がん・子宮がん検診を外すことができ、ブライダルチェックの費用を抑えられる。
  • HIV検査や梅毒、C型肝炎の検査などは、保健所にて無料で調べてもらうことが可能。
  • カップルでブライダルチェックを受けることで、割引サービスが利用できる医療機関もある。

 

なるほど!

費用はなるべく抑えたいので参考になりました。

費用の詳細については、ブライダルチェックを受ける医療機関に事前に問い合わせてください。

ブライダルチェックの内容は?

具体的にどんな内容(検査項目)なのでしょうか?
医師
それでは、ブライダルチェックの内容(検査項目)について以下に詳しく説明します!

ブライダルチェックの主な検査項目には、

  • 問診
  • 内診
  • 超音波検査
  • 血液検査
  • 尿検査

などがありますので、以下にひとつずつ解説していきます。

問診

医師により、

  • 初潮の年齢
  • 普段の月経周期、最終月経日の開始日と持続日数
  • 妊娠・出産の経験
  • 流産や人工中絶の有無
  • これまでにかかった病気、持病、アレルギーの有無・配偶者や近親者の持病
  • 将来の結婚予定

などについて質問されます。

その他、生理痛や下腹部の痛み、性交痛、排便時の痛みなどについても聞かれる場合もあります。

医師
普段気になっている身体のことや、不安な点などもこの機会にしっかりと聞いておくのが大切です!

内診

外陰部や膣内を視診して感染症や炎症がないかをチェックし、子宮の形や卵巣の状態を指診にて調べます。

また、子宮頸がんやクラミジア感染の有無を調べるため、子宮頚部より細胞を採取して顕微鏡でチェックもします。

膣カンジダ症、トリコモナス膣炎などを調べる場合は、おりものの検査も行なわれます。

内診は、子宮口や子宮内の異常を発見できる重要な検査ですが、その内容上、抵抗がある女性も多いようです。

医師
抵抗がある方は、事前に女性医師の有無を確認することをオススメします。

 

超音波検査

プローブを膣内に挿入して膣内から撮影を行う検査です。

子宮や卵巣の発育状態や妊娠可能な状態かどうかをチェックするとともに、

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵巣腫瘍
  • 子宮頚がん
  • 子宮体がん

などの有無も合わせて調べます。

また、病院によっては、婦人科検診の経験がない方を対象に、乳がんのマンモグラフィー検査などを「オプション検査」としている場合もあります。

 

血液検査

  • クラミジア
  • 梅毒
  • 風疹
  • B型・C型肝炎
  • HIV

などの感染症の有無や重度の貧血がないかをチェックします。

また、血液型を再度調べる事もあります。

これは出産時に万が一輸血が必要になった際、血液型不適合による新生児溶血性疾患などを引き起こすリスクを回避する理由からです。

尿検査

尿に糖が出ていると、糖尿病の可能性があり、その状態で妊娠すると胎児になんらかの影響が出る可能性もありますので、

  • 尿たんぱく
  • 膀胱炎

などの検査を行います。

 

以上が主な検査内容ですが、病院によっては、乳がん検査や心電図、胸部レントゲンの検査などを実施する場合もあります。

 

まとめ

医師
今回のポイントのまとめ!
  • ブライダルチェックの対象者は、妊娠や出産を希望する方で、結婚の有無や年齢は関係ない。
  • ブライダルチェックは、妊娠・出産の可能性知るための検査である。
  • ブライダルチェックでなんらかの病気が見つかったら早期治療を開始でき不妊を避けることも可能である。
  • 費用は、20,000~50,000円ほどであり、保険は適用されない。
  • 主な検査項目には、問診・内診・超音波検査・血液検査・尿検査などがある。

 

費用面などで躊躇される方もいらっしゃると思いますが、妊娠に先立ち、色々な不安要素を抱えることなく安心して臨めるのは大きいと思います。

将来、ご自分のお子さんと逢えるためにも、検査を受けておくことは意義のある事ではないでしょうか。

スポンサーリンク  

関連記事はこちら