ブライダルと聞くと結婚前にする検査だと思われがちですが、結婚前に限らず、妊娠や出産を控えた女性を対象とした婦人科系の検診をブライダルチェックと言います

ブライダルチェックを受ける事で、初期症状に気づきにくい婦人科系トラブルの早期発見が出来、それにより治療を進める事が出来る利点があります。

それでは、このブライダルチェックの費用はどのくらいになるのでしょうか?
また、その検査内容も気になると思いますので、今回は、女性のブライダルチェックの費用や内容などについてまとめました。

Sponsored Link

女性のブライダルチェックの費用は?保険は適用されるの?

Money (4)

一般女性 Aさん
女性のブライダルチェックの費用と保険の適用について教えて下さい。
女性医師
ブライダルチェックとして検査を受ける場合は、治療ではないので自費になり、保険も適用されません
また、検査料金は総合的にいくつかの検査を受ける事になりますので20,000~40,000円くらいを目安とされて下さい。

料金は高めになりますが、以下の方法で費用を抑える事が可能です。

    • 会社や自治体、国の補助で健康診断を受けることで、乳がんや子宮頸がん、子宮がん検診を外すことができ、ブライダルチェックでかかる費用を抑える事も可能。
    • HIV検査や梅毒、C型肝炎の検査などは、保健所で無料で調べてもらうことが可能。
    • カップルでブライダルチェックを受けることで、割引サービスが利用できるクリニックもある。

 

女性医師
費用の詳細については、ブライダルチェックを受ける医療機関に問い合わせてみましょう。

関連記事)ブライダルチェックの男性の内容は?

女性のブライダルチェックの検査項目や内容は?

一般女性 Aさん
女性のブライダルチェックの検査項目や内容について教えて下さい。

 

女性医師
以下に詳しくご説明しますので、参考にされて下さい。

 

問診

問診では、医師が直接、初潮の年齢、普段の月経周期、最終月経日の開始日と持続日数、妊娠・出産の経験、流産や人工中絶の有無、今までにかかった病気、持病、アレルギーの有無、夫や近親者の持病、結婚の予定などについて質問します。

その他、生理痛や下腹部の痛み、性交痛、排便時の痛みなどについても聞かれる場合もある様です。
普段気になっている身体のことや不安な点などもこの機会にしっかりと聞いておくのが大切です。

Medical

内診

外陰部や膣内を視診して感染症や炎症がないかを調べた後、子宮の形や卵巣の状態を指診にてチェックします。

また、クラミジア感染や子宮頸がんの有無を調べるため、子宮頚部に綿棒を軽くこすりつけて、細胞を採取して顕微鏡で調べます。
膣カンジダ症、トリコモナス膣炎などを調べる場合は、おりものの検査も行なわれます。

内診は、子宮口や子宮内の異常を発見できる重要な検査ですが、その内容上、抵抗がある女性も多いようです。しかし最近は女性の医師が診てくれる病院も増えましたので、抵抗がある方は事前に女性の医師の有無を確認されて下さい。

超音波検査

プローブを膣内に挿入して膣内から撮影を行い、子宮や卵巣の発育状態や妊娠が可能な状態かどうかを診るとともに、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮頚がん、子宮体がんなどの有無も合わせて調べます。

また、ご利用になる医療機関によっては、これまで婦人科検診を受けたことがない方を対象に、乳がんのマンモグラフィー検査などを「オプション検査」としている場合もあります。

血液検査

クラミジアをはじめ、梅毒、風疹、B型・C型肝炎、HIVなどの感染症の有無や、重度の貧血がないかを調べます。

また、血液型を再度調べる事もあります。これは出産時に万が一輸血が必要になった際、血液型不適合による新生児溶血性疾患などを引き起こすリスクを回避する理由からです。

尿検査

尿に糖が出ていると、糖尿病の可能性があり、その状態で妊娠すると胎児に何らかの影響が出る可能性もありますので、尿たんぱくや糖、膀胱炎などの検査を行います。

他にも病院によっては、乳がん検査や心電図、胸部レントゲンの検査などを実施する所もあります。

Sponsored Link

女性のブライダルチェックで婦人科系の病気を早期発見できるの?

Woman (3)

一般女性 Aさん
女性のブライダルチェックで婦人科系の病気を早期発見できるのでしょうか?
女性医師
そうですね。ブライダルチェックを受ける一番の利点は、婦人科系の病気を早期発見できることです。

実際、検査を受ける前に病気の自覚症状や病院を訪れた事が無かった1~2割に方に、何らかの疾患が発見されており、その多くは子宮筋腫と子宮内膜症と言った婦人病や、クラミジアなどの性感染症となっています。

これらの病気を治療せずに放置しておくと、将来、不妊の原因として大きく影響する可能性が出てきますので、早期発見・治療を行うことで、多くの方が問題なく病気を完治でき、その後妊娠出産を経験することが可能となります。

このようなことから、子宮などの婦人科系の病気や性感染症は、とにかく早期発見が大切です。

関連記事)健康診断の女性の服装はどうすればいい?

最後に

Cuple

ブライダルチェックは妊娠・出産の可能性知るための検査でもありますが、それと同時に自分の体が健康かどうかを結婚前に一度検査をしておくのは、結婚する前の義務とも言えます。

検査をして何らかの病気が見つかったら早期治療を開始でき不妊を避けることも可能ですし、何よりご自分、そしてお相手の方も安心できると思います。

結婚を機に現在のご自分の健康状態を知る意味でも、ブライダルチェックを考慮されてはいかがでしょうか。

一般女性 Aさん
健康な身体があってこそ成り立つ結婚生活ですから、これを機にカップルとしてブライダルチェックを受けたいと思います。役立つ情報を有難うございました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら