近年、PET検査は癌の検査方法の一つとして注目されてはいますが、専門的な用語であり、明確にその内容を把握されていない方も多いと思われます。

そこで、今回は、このPET検査についてまとめてみました。

Sponsored Link

PET検査 その意味は?

Dictionary 2

このPET=Positron Emission Tomographyの略称です。
日本語にすると『陽電子放射断層撮影法』となります。

この検査は、主に癌の検査に利用される事が多く、利点としては、痛みが少なく、一度の検査で、全身をチェック出来る点が
あげらます。

PET検査の特徴は?

pet1

通常の癌ですと、健康に異変が起こった時や、実際に腫瘍が出来てしまってから気付く事がほとんどです。

しかし、この検査は早期発見を重視していますので、特殊な検査薬を使用して、癌細胞となる箇所に印を付けられるのが特徴です。

この方法は、放射線を出す検査薬を用いて、それを人体へ投与する事で、全身にある細胞のうちの癌細胞のみに印を付けます。

その後、しばらく時間を置いた後(1時間程)に、専用のカメラで体内を撮影して、癌細胞を発見出来る方法です。

このPET検査により、CT、MRI、レントゲンでは発見出来なかった

  • 1cm以下の癌細胞の発見も可能

となり、現在最も注目を集める方法となっています。

Sponsored Link

PET検査の検査薬とは?

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s

癌細胞が正常の細胞と比較すると、3-8倍のブドウ糖を取り入れるという性質を用います。

ブドウ糖に極めて近い成分を持つFDGに放射性同位元素をつけた薬を体内に注射します。
そうする事で、この薬が多く集る箇所を画像から割り出し、診断する事になります。

放射性医薬品を使用する事で、何かと不安になるものですが、1回の検査においての被曝線量は、胃のバリュウム検査と同じぐらいとされ、体への影響は心配ないようです。

又、副作用、アレルギーの反応も報告されていません。

PET検査で全ての癌細胞を発見出来るのか?

36e12542a419c73881c08fe17da23f20_s

最も有効とされるのが、肺がんと甲状腺がんとされています。
その他にも、子宮がん、卵巣がん、食道がん、肝臓がん、などもあげられます。
しかし、膵臓がんは難しいとされています。

癌以外では、心筋梗塞やアルツハイマー型の認知症の診断には有効とされています。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら