一度は聞いたことがあるかもしれない腫瘍マーカーであるhCGは、どのような病気や、がんで数値が上昇するのか、また、そもそもhCGは何なのかについてまとめました。

Sponsored Link

hCGとは?

point2

まず読み方はそのままエイチシージーと読みます。

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(human chorionic gonadotropinの頭文字をとってhCGです)のことで、これは、絨毛組織より分泌される糖蛋白のことです。

基本的に健常人では認められないものですが、妊娠時には上昇するので注意が必要です。逆にこれが陽性になることを利用して妊娠迅速検査を行います。

hCGの正常値は?

hCGの正常値は0.5-0.7mIU/ml以下です。

hCGが異常値をきたすのは?

chuui-kiken

  • 精巣腫瘍
  • 絨毛性腫瘍:胞状奇胎、侵入奇胎、絨毛がん
  • 性腺外胚細胞腫瘍:縦隔原発、後腹膜原発、松果体腫瘍
  • その他の非絨毛性悪性腫瘍:肺がん、胃がん、膵臓がん、膀胱がん
  • 妊娠
  • 異常妊娠

精巣腫瘍

男性の精巣の腫瘍の中でも、セミノーマの一部および非セミノーマで上昇します。

国際的に用いられる予後分類(IGCC分類)では腫瘍マーカーの値が重視されます。

絨毛性腫瘍

正常妊娠でも陽性となりますが、奇胎妊娠の場合は、同時期の正常妊娠と比較しても、高値を示すとされます。そして、奇胎摘出後は、血中および尿中のhCGを測定して、経過観察を行います。

その他の非絨毛性悪性腫瘍

血中のhCGは、肺がん、胃がん、膵臓がん、膀胱がんといった絨毛組織とは関係のないがんでも陽性となることがあります。ただし、上記の精巣腫瘍や絨毛性腫瘍と比較して低い値で、基準値を超える程度であることが多いとされます。

Sponsored Link

hCG取り扱いの注意点は?

0-60

実はこのhCGの測定キットは、たくさんの特性を持ったものが開発されており、キットによって他のキットと同じ数値を示さないことがあり、注意が必要です。従いまして、どのキットを使って数値がいくらだったのか、という点が重要となります。

最後に

0-44

精巣腫瘍や絨毛性腫瘍で陽性となるhCGについて取り上げ、まとめました。正常妊娠でも陽性となりますので、特に女性の場合は解釈は慎重にしなければなりませんね。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら