高血圧で服用する降圧剤にはどんなものがあるのか、その種類副作用はどうなっているのか、気になりますよね。

降圧剤を処方されたらきちんと服用していく必要がありますが、1種類だけなのか他の薬と併用もありえるのでしょうか?また、処方箋どおり飲むべきところを、うっかり飲み忘れた場合にはどうすればいいか悩むもことも。

そこで今回は、高血圧で服用する降圧剤についてご説明します。

Sponsored Link

高血圧で服用する降圧剤の種類は?

kusuri

 

医師
高血圧と診断されて服用することになる降圧剤には、下記の種類があります。

 

  • カルシウム拮抗薬(血圧上昇に繋がるカルシウムイオンの血管内流入を妨げる)
  • 利尿薬(利尿作用によって余分な塩分を尿と共に排出することを促して、血圧を下げる)
  • ACE阻害薬(アンジオテンシンⅡの生成に関わる酵素アンジオテンシン変換酵素を妨げる)
  • ARB(血圧を上げるアンジオテンシンⅡの働きを抑える)
  • α遮断薬またはβ遮断薬(αまたはβ受容体の遮断によって交感神経を鎮まらせ、血圧を下げる)

 

いずれか1種類のみを処方されることもあれば、上記のうち2種類を合わせた配合剤を処方される場合もあります。

関連記事)高血圧で頭痛が!対処法はある?

降圧剤には副作用はあるの?

komatta
どのような薬にも、副作用が生じる可能性はあります。

もちろん、降圧剤も例外ではありませんが、処方される薬によって副作用には違いがあるのです。

 

  • むくみ、便秘、動機、頭痛(カルシウム拮抗薬)
  • 腎障害、低カリウム血症(利尿薬)
  • 空咳、喉の違和感、低血圧(ACE阻害薬)
  • 高カリウム血症、味覚異常、空咳(ARB)
  • 起立性低血圧、立ちくらみ、不感症(α遮断薬)
  • うつ病、気管支ぜんそくの悪化(β遮断薬)

 

以下の薬で注意が必要な点。

  • カルシウム拮抗薬を服用中の時には、グレープフルーツを食べない
  • 利尿薬ACE阻害薬は、腎臓機能に障害がある人には処方されない
  • ARBは、妊婦には処方されない

Sponsored Link

降圧剤の服用は1種類のみ?併用することもあるの?

shoho-sen

 

降圧剤の服用にあたっては、1種類のみの処方では効果があまり見られない場合に、2種類以上の薬を組み合わせた併用を取り入れることがあります
また、最近では、2種類分を合わせた配合剤も登場しており、そちらを処方される場合もあります。
いずれにしても、医者の診察を受けて、その処方どおりに服用することが大切です。

自己判断で服用する薬を増減したりやめたりすることは、リバウンド現象を起こす恐れがあり、そうなると、かえって病状を悪化させることに繋がりますので、処方箋にしたがって服用することが大切です。

関連記事)高血圧の薬の服用中、グレープフルーツはNG!

降圧剤、うっかり飲み忘れてしまったときはどうしたらいい?

kusuri-nomu

 

うっかり飲み忘れてしまったときはどうしたらいいのでしょうか?
医師
そんな時は慌てることなく、以下のような対処をすれば大丈夫です。

 

  • 1日1回の服用=6~7時間以内であれば、思い出した時点で服用する
  • 1日2回の服用=3~4時間以内であれば、思い出した時点で1回分服用する
  • 1日3回の服用=1~2時間以内であれば、思い出した時点で1回分服用する

 

それぞれの時間を過ぎて飲み忘れに気がついた場合は、該当の回は服用しないで次回から服用を再開します。

最後に

高血圧による降圧剤の服用にあたっては、医師の処方にしたがってきちんと飲むことが大切です。その理由は、いくつかの種類があり各患者の状態に合わせた薬を処方するからです。

また、各薬には副作用が出る可能性もありますので、自己判断による薬の増減や中止はしないことは重要です。
なお、飲み忘れた際の対処については、それに気がついた時の時間帯が、服用するはずだった頃からどれくらい過ぎているかによって違うので注意しましょう。

 

降圧剤の服用にあたっての副作用の可能性や薬の種類などが分かり、参考になりました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら