Gallbladder polyp Eye-catching image

 

健康診断や何かのついでに受けた検査で、たまたま見つかることの多い胆嚢ポリープ。

ですが「ポリープがあります」という診断を受けると、

「それはあって大丈夫なの?」

「すぐさま手術が必要なの?」

などと心配になることも多いと思います。

そこで今回は、胆嚢ポリープ(英語表記で「Gallbladder polyp」)とはどんなものなのか?

  • 原因
  • 何科
  • 検査
  • 治療
  • 癌化
  • 食事

など、徹底的にまとめた内容をご紹介いたします。

Sponsored Link

胆嚢ポリープとは?

胆嚢の中(内腔)に出現する20mm以下の盛り上がった塊を、胆嚢ポリープといいます。

Gallbladder polyp 2

成人の5〜10%に発症しているといわれ、特に40〜50歳代に好発します。

基本的には症状はないものですが、胆石を合併している場合には、腹痛をともなうことがあります。

胆嚢ポリープは何科を受診すればいい?

胆嚢ポリープは、健康診断等でたまたま見つかることの多いものですが、「胆嚢ポリープがある」と診断されたら、

  • 消化器科
  • 内科
  • 肝臓内科
  • 消化器外科
  • 胃腸科

などを受診しましょう。

最も専門的にみて、治療までと考えたら、消化器外科がオススメです。

胆嚢ポリープの原因は?

医師
胆嚢ポリープといっても以下のような種類があります。
  • コレステロールポリープ・・・コレステロールが原因でできる
  • 過形成ポリープ・・・上皮が過剰に増え、ヒダを寄せたように隆起してできる
  • 炎症性ポリープ・・・炎症が原因で、粘膜固有層が増殖し、盛り上がってできる
  • 腺腫性ポリープ・・・粘膜上皮が過剰に盛り上がってできる
  • 悪性ポリープ・・・原因は不明

胆嚢のポリープには腫瘍性と非腫瘍性の2種類があり、この中で最も多いのは、非腫瘍性のコレステロールポリープで、原因はコレステロールです。

詳しくはこちらをご覧ください。→胆嚢ポリープの原因は?症状は?

コレステロールが原因になるとは、食生活に問題があるというのが大半となります。

つまりどういうことかというと、胆汁中のコレステロールエステルが胆嚢粘膜に沈着し、それによってできたものがコレステロールポリープとなります。

胆嚢ポリープの検査は?

たまたま健康診断で見つかったとしても、ポリープと聞くと不安になることも多いと思います。

医師
胆嚢ポリープを調べる検査として、以下のようなものがあります。

GB polyp echo2 doc2

といった検査です。

上の写真は腹部超音波検査(腹部エコー)です。

詳しい胆嚢の検査については、こちらの記事をご覧ください。→胆嚢ポリープの検査方法は?治療は必要?

胆嚢ポリープには以下のような特徴があり、検査でこの特徴を確認できると、胆嚢ポリープと診断されます。

  • 病変が約10mm以下
  • 桑の実状もしくは金平糖のような形
  • 限局性隆起病変
  • 有茎性病変(茎が細い)

胆嚢ポリープの治療は?

基本、症状もない上記のような胆嚢ポリープの場合、経過観察となります。

ですが、上記の特徴に当てはまらない(症状があるものの場合、胆石症を合併している場合)には、手術による外科的治療が必要となります。

詳しくはこちらをご覧ください。
胆嚢ポリープの治療は経過観察や手術?!入院期間や料金も説明胆嚢ポリープで手術適応となるのは?方法や入院期間について

胆嚢ポリープに癌化の可能性はない?

コレステロールポリープ・過形成ポリープ・炎症性ポリープは良性のものなため、問題はないとされています。

しかし、腺腫性ポリープの場合は癌化の可能性もあります。

医師
また、癌かどうかには、以下のような判断基準もあります。
  • ポリープのサイズが10mm程度、あるいは10mm以上のもの
  • ポリープが拡大傾向にある場合
  • 広基性の形態(茎がない状態)
  • 胆石を合併
  • 孤立性
  • 症状がある
  • 超音波検査でポリープが肝臓と等エコー輝度(反射波の強さが同等)

(Am J Surg 188:186-190,2004)

Gallbladder cancer

これらが検査で判断がつかない場合は、手術でポリープを摘出し、判断することもあります。

 胆嚢ポリープの予防・改善にもつながる食事とは?

原因がコレステロールにあると述べましたが、コレステロールの増加抑制をすることで、胆石症の予防や、中には胆嚢ポリープが消える場合もあり、改善にもつながります

医師
以下のようなことが重要になります。
  • 食生活を見直す
  • 便通を良くする
  • 適度な運動をする

特に重要なのが食事で、糖質・脂質を減らし、食物繊維を多くとることで、腸内善玉菌と悪玉菌のバランスを適度に保ち、便通を良くすることが可能になります。

このことは、胆嚢癌予防になるだけでなく、大腸癌の予防にもつながります。

また、疲れを残さない程度の適度な運動をおこなうことで、代謝を良くし、コレステロールがたまりにくい体になります。

食物繊維の多い食事

  • 穀物
  • 豆類
  • 野菜
  • 果物
  • きのこ類
  • 海藻

が食物繊維の多い食材となりますが、そういったものを多く取り入れましょう。

野菜や果物はそのまま、特にみかんの袋(外側の皮をむいて)も丸ごと食べたり、野菜ジュースなどにして摂るのがオススメです。

また、豆類には食物繊維の他、タンパク質・脂質・ビタミンなども豊富に含まれていますので、大豆も入れたひじきの煮付けなどは最高です。

参考文献:病気がみえる vol.1:消化器 P393〜398
参考文献:消化器疾患ビジュアルブック P230・231
参考文献:新 病態生理できった内科学 8 消化器疾患 P264
参考文献:パッと引けてしっかり使える 消化器看護ポケット事典[第2版]  P154・155

最後に

  • 胆嚢の中(内腔)に出現する20mm以下の盛り上がった塊を、胆嚢ポリープという
  • 基本的に症状はないが、胆石症を合併している場合には、腹痛をともなう
  • 消化器外科を受診するのがベスト
  • コレステロールが原因のコレステロールポリープが多い
  • 腹部超音波検査・内視鏡的逆行性胆膵造影・超音波内視鏡検査などの検査をおこなう
  • 基本経過観察となるが、症状があるものの場合や胆石症を合併している場合手術となる
  • 胆嚢ポリープの特徴に当てはまらず、症状がある場合には癌化の可能性も考え、手術をして詳しく調べる
  • 食生活の見直しが、胆嚢癌予防や改善にもつながる

 

実は、私もたまたまおこなった検査で胆嚢ポリープが見つかり、現在1年ごとの経過観察となっています。

食生活には気をつけているつもりではいますが、まだまだ現状維持な状態で、改善のためにはさらなる食生活の見直しが重要と感じております。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら